通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中国人エリートは日本をめざす - なぜ東大は中国人... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 青 龍
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 簡易クリーニング済み。中古商品となりますので、スレ・傷・日焼け・汚れ・角折れ等のある場合がございますが、通読には支障のない商品となっております。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。【ゆうメール発送】【日時指定不可】【今一度、宛先の確認お願い致します。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中国人エリートは日本をめざす - なぜ東大は中国人だらけなのか? (中公新書ラクレ 565) 新書 – 2016/10/5

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 452

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 中国人エリートは日本をめざす - なぜ東大は中国人だらけなのか? (中公新書ラクレ 565)
  • +
  • なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか? - 「ニッポン大好き」の秘密を解く (中公新書ラクレ)
  • +
  • 中国人エリートは日本人をこう見る (日経プレミアシリーズ)
総額: ¥2,624
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2015年の流行語大賞に輝いた「爆買い」は序章に過ぎない。
中国人、とくにエリート層の関心はモノではなく、ずばり「日本買い」に向かっている。
東大、京大、東工大、早稲田……。日本の一流大学をめざす予備校まで日本に存在する。
「日本を一流大学を卒業して、日本の一流企業に就職する。そして将来は日本に永住したい」という彼ら。
中国人エリートは、日本の何にあこがれているのか!

目次
プロローグ 中国人とっての"楽園"--それは日本だった
第1章 東大、早稲田……日本に留学したい本当の理由
第2章 留学生を支える予備校ビジネスの実態
第3章 過酷すぎる中国の大学受験戦争
第4章 一八歳人口の減少におびえる日本の大学
第5章 なぜ彼らは日本で働きたいのか
第6章 ダイバーシティをめざす日本企業に足りないもの
第7章 日本を選んだ中国人エリートの先駆者たち
エピローグ 競争、我慢、忍耐--これが中国人の人生だ


登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2016/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121505654
  • ISBN-13: 978-4121505651
  • 発売日: 2016/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 98,656位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 著者の中島さんと中国とのかかわり合いは86年、18歳の時から始まり、今年でちょうど30年になるそうです。
 中島さんは、中国と日本国内に住む中国人エリートに的を絞り、
 彼らの個人的体験やエピソードを1件1件聞いて歩くという手法で、数多くの著書をものにされています。
 そして、今回は、爆留学、爆就職がテーマいうことです。
 今、中国人の日本への留学は、一気に増加していて、
 15年度では、在日中国人留学生数は、9万4千人で、全留学生数の45%を占めるまでになっています。
 これら中国人留学生が目指しているのは、先ず東大と早稲田、以下、国立難関大学が、彼らのターゲットとなっています。
 また、難関大学の受験のため、約5千人の中国人が、中国人専門の予備校で勉学にいそしんでいるようです。
 彼らが日本を目指すのは、中国での大学入試に失敗したということもありますが、
 日本が好きで、日本の大学は、安心、安全、学費が安いというのが大きな理由のようです。
 また、高校でも少子化対策のため、中国人留学生を受け入れる高校が出てきていて、
 暁星国際高では、1/4が中国人留学生となっています。
 同様に、中国人が日本の会社に就職するケースも増加してきています。
 彼らが
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
中島恵さんの著書はこれまで何冊も読んできましたが、今回の本も期待を裏切らない、充実した内容でした。
とにかく、その取材量がすごい! そして、中国人のエリートはやっぱりアメリカがいちばんだと思っているんだろう、と僕も薄々思っていましたが、そうではなく、日本のすべてにおける平均値質の高さ、生活しやすさ、学習環境のよさなどに魅力を感じ、日本の大学に憧れ、日本を目指してきてくれていることに、日本人として素直に「うれしさ」を感じました。

中島さんの、中国人それぞれの思いを真摯に受け止め、できるだけバイアスをかけないで書こうというまっすぐな姿勢に感動を覚えます。こういう真面目に取材に取り組む人は効率が悪いので、
きっと苦労もすごく多いと思いますが、これからも「等身大の中国人」をテーマに、執筆していってほしいと思います。
次回作も期待しています。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
中島先生の書籍は数冊購読したことがあります。全ての著書に言えることですが、この取材力がすごい!
ひとりひとりにじっくりと話を聞くという地道な取材!

起こった現象に対して表面だけをとらえるのではなく、その背景を時間と手間をかけコツコツと取材。
リアルな中国人の今の声を拾い上げています。
移り変わる中国を絶えず自身で体感し見続け追いかけ続けています。
そして記事の目線も中立で「そうそう!そういうことなの!」とぽんと膝を打つ暖かさがあります。

さて今回の本は?爆買の次は、爆留学 爆就職!?
大学や企業が外国人を積極的に採用しつつある現在、クラスメートや同僚に外国人がという時代があたりまえになってきます。
この時、上司となる自分は?同僚として?クラスメートとして?どう向き合っていけばいいのか。

日本の文化と中国の文化は似ているようで全く違います。
お互いの文化や習慣の違いを知っていれば、なるほどと頷けるシーンも多く、誤解も解消されるのではないでしょうか。

「これから」を考えるのにとても良い一冊だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
東大より早稲田への中国人留学生が多い理由が分かりました。まさに日本有名大学をも爆買いですね。
大久保に中国人経営の受験予備校があり、総数5000人もの留学を目指す受験生が学んでいるとの人数に驚愕しました。
さらに驚いたのには関西言語学院は直接中国の旧満州の奉天で受験予備校を経営していたということです。敷地が4万平方Mの中高一貫
で1200人もの生徒が学んでいるとのことです。その学費も公立校の20倍もするとの話。さらに驚いたのにはその日本の有名大学への合格者数だった。
灘や開成の受験高の成績上位者に中国人や韓国人名が多くなっているとの事実。まさに地頭が良いのでしょうな。
そのうち日本の有名企業のトップも中国人や韓国人で占められそうですね。そういえばソフトバンクの孫さんはそうでしたね。
この本は日本の防衛大臣・文部大臣こそ読んで、防衛費拡大より文化交流に予算を割くほうがよっぽど安全保証につながると再考すべきですね。
日本が米兵の雇用に寄与して来たかトランプ大統領にしらしめる意味で、大統領の意向通りに米兵と第7艦隊をフィリピンみたい徹収して貰えば良いのでは。軍事技術の主要な箇所は日本の高度な凄技のおかげです。
不動産業で成功したかもしれんがこんな無知な者が製造業や商業での難しさが想像できるとは思えない。
こんな人物が核兵器のボタンを押すカバンを持ち歩くとはなんとも不気味な時代を予感します。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック