中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu6247_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中国人の99.99%は日本が嫌い 単行本 – 2006/1

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日中台の平和を築くため台湾に留学し、毛沢東に憧れ、あの文化大革命にも参加し、現在中国・台湾の政財界トップのみならずアジアに太い人脈を持っている男が語る、興味深い中国と中国人論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

若宮/清
ジャーナリスト。早稲田大学社会システム工学研究所客員研究員。兵庫県淡路島に生まれる。少年工科学校卒業後、大検合格。早稲田大学入学後、東海大学(台湾)卒業、国立カイロ大学(エジプト)留学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 247ページ
  • 出版社: ブックマン社 (2006/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4893086111
  • ISBN-13: 978-4893086112
  • 発売日: 2006/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,301,550位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 中国と中国人に関する著者の指摘の多くは、的を射た物だと思ふ。中国人の日本観は歪んでいるし、少なからぬ日本人が、その事に気付いて居ない事は、危険な事である。しかし、この本には、深さが無い。同じ中国人の反日感情を論じた本でも、水谷尚子さんの「『反日』解剖」(文藝春秋)を読んでしまふと、失礼ながら、若宮氏のこの本は、皮相で、掘り下げが全く感じられないのである。
 又、私は、媚中派ではないが、この本が、日本に好意を持つ中国人の存在を余りに過小視して居る事には、疑問を感じた。この点も、水谷尚子さんの「『反日』解剖」が、中国人の反日行動を批判しながらも、中国人にも色々な人間が居る事をきちんと指摘して居るのと大違いである。−−そもそも、日本が嫌いな中国人が沢山居る事は事実でも、99.99%などと言ふ、根拠不明の数字をタイトルに使って居る事は、感心出来無い。−−ワレサとの出会いの話など、折角興味深い逸話を語って居るのに、小見出しが攻撃的で、本文の内容とミスマッチである事も気に成った。総じて、中国人の反日感情の不合理さを批判する事は大いに結構なのだが、掘り下げの浅い本である。

(西岡昌紀・内科医/通州事件から69年目の日に)
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
  本書を読んで、日中友という言葉は、中国首脳の社交辞令(日本に敵意を抱かせな

いための罠)に対する日本側の幻想(希望的観測)でしかないとあらためて感じました。

  書名となっている「中国人の99.99%は日本が嫌い」は、中国政府による反日教育

の当然の結果です。 寧ろ、もっと危険なのは中国が日本を明確に敵国と意識している

にもかかわらず日本のマスコミ(特に朝日・毎日)、政治家(旧田中派)外務省(チャイナ

スクール一派)が国民の目を現実から、そらそうとしていることです。

  中国の要請どおり、首相が靖国参拝を中止し、その上で現在の経済交流をさらに進

展させることが、日中友好に繋がるという甘い幻想を抱いている人に是非お勧めします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どの日本人より中国という国を知り、熱い情熱を持つジャーナリストである著者が「本当の中国」を語った一冊。

日本人と中国人、顔は似ているが民族性、行動原理、美徳、アイデンティティなどは全く違う。

そのことを知らずに友好も相互理解もありえない。

「和を以て貴し」の穏やかな島国気質の日本人とは違い、

浅ましくて不潔で下品で嘘つきで、でも生き抜く力、たくましさを持ち合わせている中国人。

日本の方が優れているかもしれない要素を「民度」とするならば、中国は「練度」・・・生き抜く力、逞しさに長けていると筆者は言う。

戦乱と混沌の大陸で生きてきた中国人は、おのずと比類なきバイタリティを身につけている。

日本ではそれは野蛮で粗野で疎まれるところのものだが、あちらでは人を騙してでもうまく立ち回って這い上がり、生き残ることが美徳とされる。

ここに決定的な違いがある。

どちらが良いか――それは、自分は日本人であるから「日本人で良かった」と素直に思ってしまうのであるが、

国際的に見てお世辞でもうまく立ち回っているとは言えない現在の日本を考えてみると、

その「厚かましさ」が
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Boba 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/5/12
形式: 単行本
良書です。

台湾は親日?あまり中国・台湾の実情に通じていない方が書く

もっともらしい中国本が乱発されるなか、本書の著者は経歴を

みれば一目瞭然、筋金入りの中国通。

中国人の日本嫌いは反日教育の成果?もちろん教育の効果は絶大

ですがそれだけか。中華帝国の長い歴史で「唯一の汚点」日本。

そうか・・・。読み応えある書です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告