中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中国を知る―ビジネスのための新しい常識 (日経文庫) 新書 – 2007/3

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

飛躍的な経済発展を続ける中国。ビジネスを目的に、中国の人や組織と関係を深める日本人はますます増えています。中国は社会主義を掲げ、日本とは政治、経済、社会の仕組みが大きく異なります。予備知識のないままでは、ビジネスを円滑に推し進めることが難しいばかりか、思わぬトラブルも発生しかねません。中国の政治経済システムなどから、企業内の人事、慣習、さらには日本や日本企業に対する見方に至るまで、ビジネスに不可欠な知識を幅広く解説しています。環境問題など、中国が抱えるさまざまな問題、将来を考えるためのポイントにも触れました。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

遊川/和郎
1959年広島県生まれ。東京外国語大学中国語科卒。1981~83年上海復旦大学留学。(株)日立製作所、外務省専門調査員(在香港総領事館)、(株)日興リサーチセンター上海駐在員事務所長等を経て、1998年より北海道大学言語文化部助教授。2001~2003年外務省専門調査員(在中国大使館)。2007年4月より北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 215ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2007/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532111315
  • ISBN-13: 978-4532111311
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 997,123位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
筆者自身の前書きにもあるように、例えば突然現地赴任の辞令が下ったビジネスマンへの中国速習書として非常にピッタリくる本です。大まかには、改革開放政策、中国社会、政治体制、経済諸問題、共産党体制と国の仕組み、現代ビジネス、中国人の考え方と行動、「和諧(調和)社会」に向けた展望、というような内容で展開されます。筆者の深い中国の繋がりと、大学で教鞭を取っている経歴から、コンパクトな新書でありながら、大変緻密で質の高い内容となり、読んで「得した」と思える本です。特に、我々日本人から見える、現象として表層的な部分を、建国の歴史や社会構造に求める等、類書では説明されていない部分を一つ一つ丁寧に解き明かしてくれるところなどは読後感の満足度が高いと思います。そういう意味では、単に初心者向けとしてだけではなく、ある程度中国関連の入門書を読んできた方々に対しても、今一度理解を深めるために読む価値のある良書だと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
なにかと話題の中国ではあるが、色々な事件などの影響、歴史認識などから
中国関係の報道となると、公平性、客観性を欠くものが多く、なかなか全体像がとらえにくい。
元来あれほど広大ななのだから全体像を捉えるということ自体がナンセンスなのかも知れないが、本書はそんな中、ビジネスを主軸に非常に客観的に書かれているようにおもう。反中、親中に軸足がよることなく、中国でビジネスをする上での、経済の現状、日本との違いが分かりやすく理解できる。
専門書というほど難しくもないので、中国または経済の造詣の特に深い方でなくても大丈夫だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
一般的に言われていることがらがのっています。
値段的にも安く、量も多くないのですぐに読めます。
いままで日本国内で中国が次の覇権国になるのではないかなどと過熱気味に持ち上げられてきましたが、技術は外国頼みというこれまでの指摘や、中国の内容の本で少子高齢化について指摘があったことは読んでよかったと思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告