中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中国は日本を併合する 単行本 – 2006/2/17

5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

国家意思のあり過ぎる中国、なさ過ぎる日本
ナイフを持った隣人 中華大帝国の再現を目指す中国の企みの実態が明らかになる

建国後の五十年の期間に、中国は十数回の戦争を行っている。そのほとんどが主権・領土あるいは国境線、版図、国家の安全保障にかかわる“侵略”の意図をもった軍事行動だ。ようやく日本政府と日本国民は中国という国に眼を開くようになった。だがそれは尖閣諸島や春暁というスポットを見ているに過ぎない。中国の持つ「戦略的辺疆(へんきょう)」という強力な思考はそのスポットを呑み込み、当然のごとく台湾を呑み込み、朝鮮半島も、そしてやがて日本も呑み込んでいくことになるのだ。

石原慎太郎氏・櫻井よしこ氏 推薦
中国はここまでやるつもりだ!既成事実を周到に積み重ね、不条理を条理とする侵略の実態。膨張する現代中国の野望のすべてが描かれている。(石原慎太郎)

数十年にわたって中国情報を収集、分析した本書は私たちに衝撃の事実を突きつける。中華大帝国の再現と日本併合を最終目的とする中国の企みの実態、全国民必読の書である。(櫻井よしこ)

本書目次より  日本は中国に呑み込まれる/すでに動き出した中国の日本併合への戦略/知らないうちに格段に進んだ中国の軍事力/中国共産党を支える「長征精神」とは/「自国の守りを疎かにする国家」は必ず侮られる/国家意思のあり過ぎる中国、なさ過ぎる日本/東シナ海資源開発に隠された中国の真意/侵略を正当化する「失地回復主義」のイデオロギー/日本は海からの侵略に耐えられるか/なぜ日本国民はここまで気づかされなかったのか/2010年日本の運命の行方/「平和外交」の落とし穴/中国を見くびったツケ/「日本の海」を守る覚悟/残された究極の選択肢

出版社からのコメント

中国は戦後60年たった今なお、戦時中の日本の軍国主義を自国内および全世界で過剰に喧伝し続けている。しかし、中国こそ建国後数十年の間に十数回もの戦争を行っている軍国主義国家である。そしてそのほとんどが主権・領土あるいは国境線、版図、国家の安全保障にかかわる“侵略”の意図をもった軍事行動だ。なぜこの事実を日本人は知ろうとしないのか。ようやく東シナ海の日中中間線のガス田開発問題で中国の脅威に気づき始めたが、遅すぎると著者は厳しく糾弾する。東シナ海での資源開発のように、いつの間にか他国の領土(海)に進出し、そこにあるものを奪おうとする手法は今に始まったものではなく、南沙諸島でも西沙諸島でもチベットでも繰り返し行われてきたものである。本書は中国の国家戦略という大局的な観点から、核兵器開発、海洋進出、宇宙開発へと発展していきながら「大国」へと成長していく中国の実像をとらえた衝撃の一冊である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 講談社インターナショナル (2006/2/17)
  • ISBN-10: 4770040318
  • ISBN-13: 978-4770040312
  • 発売日: 2006/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.7 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 253,711位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
尖閣諸島付近に埋蔵量世界第2位のイラク油田や北海油田に匹敵する海底油田があることをいったいどれだけの国民が知っているのか?日本政府は中国に遠慮して、30年間も試掘の許可を留保し続けてきた。単純計算で日本の赤字国債を全て返済できるほど(700兆円)の経済的価値があるにもかかわらず!

日本が対中ODAで中国の軍拡をお手伝いし、その軍事力によっていままさに侵略されつつあるのに海上自衛隊は排他的経済水域で活動する法的根拠がないという。このまま行けば、早晩この海底油田も中国に盗られることになるだろう。ガス田問題は序の口に過ぎないのだ。

日本の将来のためにも、現代に生きる我々がもっとこの問題に真剣に向き合わなければならないと思った。

本書は、平易な文書で、日本の将来を左右する重要な問題を明らかにしてくれている。
コメント 189人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
民主党政権成立前の2006年に出版された本だが、その内容は今日の日本の危機を鋭く指摘している! 当時の自民党政権下でも媚中派と呼ばれる売国的な発言をする議員が問題視されていたのに、現在では売国的な発言どころか属国化を望む(日本の属国化は今に始まった事ではない!と国会で発言する閣僚がいた)シナ礼賛&反日カルト思想の持ち主が主力の民主党政権ではタイトル通りの未来が待ち受けている事の恐怖で背筋が寒くなった!在日の参政権の是非ばかりが取り沙汰されているがシナ人の帰化申請が増え続けている事、留学生であれば帰化申請がさらに緩和されている事(来日する留学生の8割がシナと韓国で占められている)日本への侵略は今の瞬間も確実に実行されている。それもチベットやウイグルで行われている事とは違うやり方で…
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 とにかくこの本を読むとショックを受けます。

 中華人民共和国(中国)が、建国以来、「侮られない国」となるべく国民生活を犠牲にしても、ソ連との関係を切ってでも核武装を進め、宇宙開発を進め、そして、中国が中国史上最大の版図を有した清代の領土、1840年のアヘン戦争以降失い続けてきた領土を回復しようとすること、その実現のために、じわじわとだが、確実にそしてしたたかに陸も海でも領土を広げてきたこと、それに対して日本は配慮という遠慮を重ね。無策のままに進み、政府は公表しようとせず、マスコミは伝えようともしてこなかったことに大きなショックを受けます。

 中華人民共和国建国以来の中国のその姿勢と、それに対する無策でこれといったこともせず、むしろODAで結果的に支援してしまうことになる日本のことが良く分かります。まずそういったことを知るだけでも大いに勉強になると思います。そしてやさしく遠慮してしまうのではなく是々非々で、時には断固たる態度で交渉できる日本・日本人になりましょう。
コメント 148人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 青頭倶楽部 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2006/3/12
形式: 単行本
「中国は日本を併合する」扇情的なタイトルだと思われるだろうか?
悪い冗談だと?修辞にしても度が過ぎると?陳腐なSFもどきの話かと?
タチの悪い陰謀論の類なのかと?日本はそんなヤワな国ではないと思われるだろうか?

最後まで読んでいただきたい。隣にある軍国主義国家は着々と「失った領土」を
取り戻すために強固なる意志と計画で「国家意思なき国」を半ばからめ取って
いるのだ。日中境界線におけるガス田問題はその第一歩に過ぎない。
その行為はかの国にとって"侵略"などではない。本来の"我が国"を取り戻す
ための努力を払っているに過ぎないのだ。
中華人民共和国建国以来、この国は明確な国家目標を掲げ、実行してきた。
その理念は軍事力、特に核の前にはいかなる大国もひれ伏すという真理に
基づいている。通常の国家の常識はこの国にはまったく通用しない。
「何億死のうが大したことではない」偉大なる指導者はそう言い切った。

著者は長年中国の軍事的拡大の実態を観測し続けてきた専門家である。
軍事的側面においてかの国が何を試み、実現してきたのか。その究極的目的は何か?
すべての国民が知るべきだ。我々が中華人民共和国日本省の"人民"になる前に。
コメント 175人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
  中国の本質である二枚舌を克明に記した一書として強く推薦します。

  中国は嘗て日本に侵略されたと声高に言いますが、中国はチベットに対しては

現在進行形の侵略国です。本書は、チベットでの侵略の実態を明らかにしています。

チベット国民に対する虐待や寺院に対する破壊活動は想像を絶するほどです。 本

当に言葉も出ません。是非、平松茂雄氏・著の『中国は日本を併合する』を併読さ

れることをお勧めします。中国の本気さを理解できるはずです。
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー