Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 419

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[椎名 誠]の中国の鳥人 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ

中国の鳥人 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ Kindle版

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 419
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

映画化した『中国の鳥人』『たどん』『ちくわ』を含む八編の超常小説集。
中国奥地に羽根を付けて空を飛ぶ人々がいた『中国の鳥人』
タクシーの運転手と乗客のなにげないやりとりが危機を生む『たどん』
居酒屋でちくわをオーダーしたらとんでもないものが出てきた『ちくわ』
渓流釣りに入った二人組の不気味な体験『蚊無し川』
など幻想と現実が交錯する8つの作品を収録。

本作用に表紙イラストを椎名誠が描き下ろし。巻末には、「対談 椎名誠×目黒考二」「電子書籍版あとがき」「椎名誠の人生年表」を掲載。


<目次>
中国の鳥人
月下の騎馬清掃団
思うがままの人生
ちくわ
蚊無し川
たどん
鯨女
スキヤキ
発想の瞬間―あとがきにかえて
椎名誠・短編集収録作品リスト
対談 椎名誠×目黒考二
電子書籍版あとがき
椎名誠の人生年表

内容(「BOOK」データベースより)

中国の奥地では何が起るかわからない。珍しい燦〓@57F6煌玉の鉱脈が発見されたと聞いて、雲南の少数民族の村を訪れた私が出会ったのは、鳥のように空を舞う人びと。誰でも訓練すれば飛べると言われたが…。表題作など、夢のようにリアルで夢のようにファンタスティックな8つのものがたり。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4127 KB
  • 紙の本の長さ: 164 ページ
  • 出版社: クリーク・アンド・リバー社 (2014/1/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00I3UQAV2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 52,700位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 黒旗 投稿日 2003/12/24
形式: 文庫
表題作『中国の鳥人』、『ちくわ』、『たどん』とこの中から3話が映画化された好短編集。しかし、ぼくが一番好きな話は『蚊無し川』である。山奥に渓流釣りに出かけた二人の男が、見てしまったものは何なのか。ぼくは読むたびに、「うーむ」と思う。椎名さんと言えば、私小説や旅ルポなどのほうがよく知られているだろうけど、ぼくは短編のほうが、「作家・椎名誠」の才気が発揮されているように思える。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 enbu 投稿日 2014/2/8
形式: Kindle版 Amazonで購入
椎名さんの小説は、ゆったりほのぼのと読ませておいて、油断したころに1行か2行で一気に世界を反転させるときがある。
『中国の鳥人』、『たどん』、『ちくわ』、『蚊無川』、『鯨女』がそのタイプ。
「え?」と思って行を読み返したくなるようなかんじ。
反転が派手なのが『中国の鳥人』で、地味に反転するけどじんわぁとくるのが『たどん』とか『蚊無川』。
『たどん』の切り替わる瞬間は、地味に怖い。タクシーに乗っていてありそうな話からの反転。
『蚊無川』は渓流釣りの話でアウトドアものを読んでいる気分でいるとジャンルをこえての反転。
このくるっとかえられる瞬間がたまらない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
映画で見たこともある作品。中国の奥地が舞台で、本木雅弘。みずみずしい映像が秀逸だったこと良く覚えてます。その原作が電子で読めるようになるなんて。。一気にウン十年若返りました。これは名作です。読むと日本人と中国人の心が実はつながっていることが分かります!!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白そうな題名なので、読んでみました。

椎名誠の新しい一面を見た、思いがしました。

割りと面白い短編が綴られており、秋の夜長におすすめの一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover