Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,200
ポイント : 120pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[伊藤 貫]の中国の「核」が世界を制す
Kindle App Ad

中国の「核」が世界を制す Kindle版

5つ星のうち 4.9 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,200
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 312

【50%OFF】Kindle旅行本フェア
対象の旅行関連本が50%OFF。GWに向けて春のお出かけに、Kindle版で手軽に持ち歩こう! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

1980年以降、中国経済は毎年平均9%の高率で成長した。しかも1989年から2006年まで、中国の軍事予算は、毎年13~16%の高スピードで増加している。中国政府はいったい何を目的として、このような大軍拡政策を実行しているのだろうか。東アジア地域の地政学的な安定を維持するためには、日米同盟を維持することが不可欠である。しかし、「アメリカ政府は2020年以降、中国の軍事的脅威から日本を守ることはないだろう」と予測する点において、本書は、今後も日本が米国依存体制を続けられると期待している「親米保守」グループとは明確に立場を異にする。また本書は、21世紀の日本が独立国としての地位を維持するためには自主的な核抑止力の構築が必要であることをはっきりと指摘しているので、反核感情の強い「反米リベラル」の人たちとも外交視点が異なる。日・米・中の政治指導者、知識人が、日本国民に読ませたくない「禁断の書」。

内容(「BOOK」データベースより)

そのとき、アメリカは「中国の軍事的脅威」から日本を守らない。日、米、中の政治指導者、知識人が日本国民に読ませたくない「禁断の書」。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 583 KB
  • 紙の本の長さ: 215 ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2006/2/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01DA0E39A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 68,057位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者は、アメリカの多くの役人・著名人らと日本の国防につて議論をしており、説得力があります。とくに我が国の核武装については、いかなる結論を支持するにせよ、真剣に議論しなければならないと感じました。「日本は平和なのにアメリカの基地があるから危険になるんだ」とか「憲法九条が戦後日本を守ってきた」といった子どもじみた議論をしている場合じゃありません。我が国の将来のため、いま国防をまじめに考えないと手遅れになります。この本のテーマは中国の脅威ですが、『中国は日本を併合する』と併せて読むとさらに理解が深まると思います。
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
冷戦構造が崩壊して、アメリカが世界の警察〜唯一のスーパーパワーとして存在する状況も9.11以降、微妙に変化の兆しが見える。反米のイスラムが台頭する「文明の衝突」的な状況は必然なのか。

やはり世界はこれから多極化の方向へ向かうのであろう。折しも、北朝鮮はアメリカへのメッセージを込めてミサイルを発射した。そろそろ日本国民も気づきだす頃だ。アメリカは最終的には日本を守ってはくれないと。

アメリカは自国民の血を流すほど日本を大事には思っていない。

そうだとすれば、我々はどうすべきなのか?その疑問に答えてくれるのが本書だ。

著者の伊藤 貫氏は、ワシントン在住のエコノミスト・安全保障問題専門家で、非常に緻密な理論家。前半の国際政治理論の解説が白眉である。5年後、10年後の我が国の針路を考えるための必読の名著です。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
参考文献の多さに感動して購入。1章は外交理論の紹介で、中国のみならず世界のニュースを読む上で非常に役立つ、予期せぬ特典でした。しかし、著者自身も言うように、やや堅め。全体としては随所に米国著名人の生の声、本音、知って楽しくなるようなエピソードがふんだんに散りばめられて、興味深く読めました。5章はややおざなりな感じがしましたが、最後の宮沢とドゴールの対比は分かり易く、これが言いたかったのかと納得。漫画で学ぶ○○が幅を利かせる昨今、真面目に丁寧に分かり易く書かれた、文句なしの5つ星。幅広い分野と世代にお勧めします。l
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本はとても質が高い。たんなるジャーナリスティックな反中国の書物ではない。著者は本書で、欧米の著名な国際政治学者と軍事学者の学説をきちんと解説し、その上で日本政府の対中政策の欠陥を明晰に分析している。本書を、ビジネスマンだけでなく、外交政策や軍事政策に興味を持つ大学生にも勧めたい。真面目に外交政策を論じる、一級品の書物だ。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者はこの本において中国の狡猾的でずる賢い外交政策を感情論で批判することは無い。

むしろ中国にとって、この一連の政策は自然な流れであり国益に添うものであり、ある意味で立派なものであると一定の評価を下している。

外交政策とは自国の利益を追求する、建前による騙しあいであると認識すべきであると訴える。アメリカも日本を騙し続けている。

米国依存を続け平和ボケし、国際情勢の基礎を学んでいない為、それに気付けない、気付こうとしない日本人。

すぐ近くに核超大国中国の危機が迫っているのにも関わらず、今のぬるま湯状態が永遠に続くと思っているのだろうか。

国際情勢の安定にはバランスオブパワーの均衡が不可欠。

それを踏まえた上で今後日本は自国の安全と独立を守るためにどのような道を進むべきなのかを非常に広い視野で冷静に分析し理論を展開する。

そこには一切の感情論は無く、事実のみを展開するので隙がない。

日本は最終的には核抑止力を持つ、つまり核武装するべきだと説く。

そうしなければ核武装した中国と核の撃ち合いをするはずがないアメリカは日本から撤退し、日本は事実上中国の属領にされてしまう。

...続きを読む ›
1 コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 
 日本を取り巻く政治=経済情勢を理解する上で、本書と『国富消尽』(吉川元忠・関岡英之著、PHP)の2冊は、日本人として是非読んでおくべき書物であろう。日本の国富を吸い取ろうとする米国と世界一の覇権国を目指す中国、いずれが「前門の虎」か「後門の狼」かは判らぬが、対米迎合派又は媚中派と称されるドメスティック・アライズ(国内同盟者)の声に眩惑されることなく、我が国も核兵器という「ポイズン・ピル(毒薬)」の保持について、真剣に議論すべき秋(とき)を迎えている(第3章第5節。なお、日本は世界で唯一の被爆国であり、国民の反核感情も強い。だからこそ、核兵器に関して慎重な開発・運用等がなされると思うし、逆説的な意味で東アジアの核軍縮も推進可能だ)。

 さて、ワシントンに20年在住している著者の伊藤貫氏は、先ず、外交政策に係る理想主義的なウィルソニアン・パラダイムと現実主義的なリアリスト・パラダイムの解説を行い、次に、米国の学者や官僚、軍人等との意見交換を通じて得た「生の情報」に基づき、中国指導部=中国共産党(中共)の大国願望・覇権願望などを説述している。ここで是非触れておきたいのは、鉄の女、マーガレット・サッチャー女史の「核兵器有効論」である(PP.182〜183)。女史は外交政策のスピーチで、核兵器について、(1)非常に強い戦争抑止効果があること、(2)通常兵
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover