通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
中国に生きた外国人 不思議ホテル北京友誼賓館 がカートに入りました
+ ¥256 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 凡祐社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【簡易クリーニング済】カバーにスレありますが本体は使用感少なく書き込みもなく表紙、本体共良いコンディションです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


中国に生きた外国人 不思議ホテル北京友誼賓館 (日本語) 単行本 – 2009/2/18

5つ星のうち4.6 3個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,090
¥2,090 ¥309
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

北京にあった外国人専用・長期滞在型ホテル。広大な敷地に囲まれ、外界から隔てられたそのホテルには、数奇な運命を生きた米国人・英国人・日本人などが、中国政府から「老専家」の称号を与えられ、手厚く保護されて暮らしていた……。

敗戦後、抗米武装闘争路線を推進した日本共産党が、中国で立ち上げた秘密組織「北京機関」。なかば強制的にその機関で働かされた日本人。
原爆製造に関わりながらも、それを日本に投下したアメリカ政府に絶望。国を捨ててFBIからスパイとして追われたアメリカの女性原子物理学者。
中国の文学作品を英訳して世界に送り出したイギリス人。中国で起きていることを世界に向けて発信しつづけたポーランド生まれのジャーナリスト。

毛沢東のプロレタリア革命に湧いた中国。文化大革命の狂気に曝された中国。改革開放に舵を切った中国──。貧しさに耐え、投獄されたり家族を失ったりしながらも、激動の時代をくぐり抜けて生きた彼らは、いま老いて歴史のなかに消え去ろうとしている。
偶然、北京友誼賓館に滞在することになった著者が、軽やかな視点で描き出す中国に生きた外国人たち。国家や思想に翻弄され、飲み込まれながら生きざるを得ない私たちに、彼らが語りかけるものとはなにか。

出版社からのコメント

中国にあった外国人専用・長期滞在ホテル。
広大な敷地に囲まれ、外界から隔てられたそのホテルには、
数奇な運命を生きたポーランド人・米国人・日本人らが、
中国政府から「老専家」の称号を与えられ、
手厚く保護されて暮らしていた──。

ひょんなことから中国に長期滞在することになった著者・小池晴子は、宿舎としてあてがわれたホテル「北京友誼賓館」で不思議な老人たちと出会う。
国家的行事他あると、中国政府が差し向けた黒塗りのセダンに乗ってあらわれ、会場では最前列に座って、中国政府高官から挨拶を受ける老人たち。
やがて親しくなった小池に、老人たちは、その波瀾に満ちた人生を語り始める。

ジャーナリストとして活躍。中国共産党と新中国への理解を訴え続けるも、文化大革命で投獄されたポーランド人。
原爆製造に関わりながら、広島・長崎への投下に抗議して中国に亡命。スパイとしてFBIに追われたアメリカ人女性物理学者。
帰国の途を断たれ残留兵となり、いまだに謎が多い日本共産党の秘密組織「北京機関」に拉致同然で連れて行かれた日本人。

中国の政治の嵐に翻弄され、投獄されたり、家族を失ったり、辛酸をなめた彼らは、いま「中国の友」と呼ばれ、その人生を終わろうとしている。
小池晴子は、この不思議な老人たちとのふれあいを軽やかな視点で描きだし、知られることのなかった人びとの人生に光を当てる──。

なお、北京友誼賓館は、現在も長期滞在を受け入れているが、すでにほとんど普通のホテルと変わらなくなり、かつての閉鎖的な不思議空間の面影を、もうほとんど残していない。

内容(「BOOK」データベースより)

中国にあった長期滞在型・外国人専用ホテル。そこで著者が出会ったのは日本共産党の秘密組織「北京機関」に関わった日本人、スパイとしてFBIに追われたアメリカ人女性原子物理学者など。建国・文化大革命を生き抜き「中国の友」と呼ばれた異邦人が語る波瀾の人生。

著者について

早稲田大学卒。日本観光通訳協会会員、翻訳業。
観光通訳、海外旅行旅程管理者を経て1986年より東邦学園短期大学講師、国際プログラム担当。1993年より5年間、北京連合大学旅游学院にて「日本語」と「観光学」を教える。
主な翻訳に、J・R・ブラック著、ねずまさしと共訳『ヤング・ジャパン』全3巻(1970、平凡社東洋文庫)、L・カルドゥッチ著『中国 偉大な世界』(2003、五洲伝播社)、阿南・ヴァージニア・史代著『円仁慈覚大師の足跡を訪ねて――今よみがえる唐代中国の旅』、同『北京千年 樹と石と水の物語』(いずれも2007、ランダムハウス講談社)など。著書に「日本語による北京案内」(2006、中国旅游出版社)ほか旅行エッセイなど。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小池/晴子
早稲田大学卒。日本観光通訳協会会員、翻訳業。観光通訳、海外旅行旅程管理者を経て1986年より東邦学園短期大学講師、国際プログラム担当。1993年より5年間、北京連合大学旅游学院にて「日本語」と「観光学」を教える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 径書房 (2009/2/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4770502028
  • ISBN-13: 978-4770502025
  • 発売日: 2009/2/18
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13 x 2.6 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.6 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 852,623位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
評価の数 3
星5つ
57%
星4つ
43%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2014年1月27日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年4月1日
形式: 単行本Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年9月27日
形式: Kindle版