この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

中国が愛を知ったころ――張愛玲短篇選 (日本語) 単行本 – 2017/10/26

5つ星のうち3.7 8個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/10/26
¥5,607 ¥4,264
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「公平?人と人との関係に、公平なんて二文字はもともとありえないわ。」逃れえぬ想いの先に、彼女たちは何を見たのか。家族制度と自由恋愛。経済と感情。せめぎあう愛のかたちと、そのゆくえ。日本占領下の上海に彗星のように現れ、今なお世代を超え、中華圏で熱狂的に読み継がれている張愛玲。本邦未訳の三作品からなる短篇選。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

張/愛玲
1920年、李鴻章の外曽孫として上海に生まれる。富裕な家庭ながら両親の不仲と離婚に苦しめられた。香港大学に学ぶが、太平洋戦争勃発に遭って中退、日本占領下の上海に戻る。1943年、「沈香屑 第一炉香」でデビューし、質量ともに抜きん出た小説創作で上海文壇を席巻した。1952年に出国、香港を経てアメリカに移住。1995年没

濱田/麻矢
1969年、兵庫県生まれ。神戸大学大学院人文学研究科准教授。京都大学大学院単位取得退学。研究テーマは中国現代文学、特に民国期小説の性別表象に興味を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 岩波書店 (2017/10/26)
  • 発売日 : 2017/10/26
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 192ページ
  • ISBN-10 : 4000238922
  • ISBN-13 : 978-4000238922
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 8個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
8 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年6月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年4月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年11月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告