この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中原昌也 作業日誌 2004→2007 単行本(ソフトカバー) – 2008/3/27

5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,300

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第18回(2008年) Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞

内容紹介

あの日記は氷山の一角だった!! 「EYE SCREAM」誌連載の「親指王子ケイタイ日記」、2004年から07年8月までの約3年半の記録。 詳細はboid.netでご確認ください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 416ページ
  • 出版社: boid (2008/3/27)
  • ISBN-10: 4990404904
  • ISBN-13: 978-4990404901
  • 発売日: 2008/3/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 316,400位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
彼の小説、映画評は愛読しているが、個人的には本作が最もおもしろく、ぐいぐい引き込まれ、相当な文字量をものともせずに一気に読んだ。彼の文章につねに出てくる苦しさの吐露は、短い文章で読む分にはちょっとしたユーモアに見えたりもするのだが、本書では実感が切実に迫ってくる(もちろん天性のサービス精神から誇張している部分はあるにせよ)。そしてその苦しさ・辛さはいま(近代?)の社会に生きることの息苦しさを確かに反映しているように思えた(ちょっと違うかも知れないが、ともかく普遍的なテーマだと)。また、むしょうにもっと映画を観たくなり、まともな本を読みたくなる本でもある(人によってはまともな音楽を聴きたくなるだろう)。著者の芸術に対する躊躇のないカネ払いのよさに影響を受け、読了後、2600円か……と思って買っていなかった『トランス=アトランティック』やら海外文学を、ケチるのが何だかしみったれで恥に思えて、まとめ買いしてしまった。その意味では、本書がよく読まれれば、ずいぶんいい社会になりそうだとも言えるかな。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
とにかくよく買う。労働、お金、貯蓄は不浄だとばかり、入ったギャラの分はきっちりとCDやレコードやDVDなどに交換してしまうのだから年中金欠状態なのは当然のこと。買いっぷりだけ追っていても気持ちがいい。
ライブハウスや試写室や自宅で、著者はよく泣く。これは誇張でなく本当に泣く。とにかく著者はプアでありピュアでもあるって、つまらないシャレですみません。
そして、著者はよく人に会う。編集者、作家、映画監督、評論家、音楽家、俳優……。金はくれないけれど(たまに貸してはくれるようです)、著者の仕事を評価する人は多い。世の中捨てたもんじゃない。
本人は冗談じゃないと言うだろうが、「凡庸」に安住している私からすると、すっごくうらやましい極端な毎日の記録で、「無理せずにやりたいことやっちゃおうかな、この際だから」などとよくわけもわからないやる気が出てきたりもします。
永井荷風の『断腸亭日常』をこえる、中原昌也の買い物日記。何十年か後にも残っている名著だと思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ミュージシャン/映画評論家/作家の、三年半にわたる日記。
この本に、「断腸亭日乗」(荷風)の叙情や「言わなければよかったのに日記」(深沢七郎)のエスプリを求めてはいけない(まあ、この本にもそれは少しはあるけれど)。
そういう日記文学よりも、本書の読後感はサドの「ソドム百二十日」に近い。
 
毎日のように出てくる、著者が買うDVD、CD、音楽機材、本などのおびただしいタイトル名。原稿料が入るとすぐにそれらを買うことで蕩尽せずにはいられない、業のようなものが読むうちに浮かび上がってくる。
サドの本で過剰に並べられる性行為のバリエーションがかえって性の不毛を浮かび上がらせたのに似て、「作業日誌」の買い物は、楽しいことというより、何かへの抵抗運動か、パフォーマンスのように見えてくる。
欲しいものを買い続けることは結構疲れるだろうし、それがこの著者のレベルまで行くと簡単に真似できるものではない。
ただの「お買い物日記」なら、自分の知識や買ったことを自慢する感じが出てくるだろうけれど、この本にはそういう感じはない。
かわりに、よくわからない覚悟と、悲愴がある。
商品をただ買っているわけではなく、そこに批評精神があるからなのか。
よくわからない。が、言えるのは、この本の値段2500円を「けっこう高
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
読んでいると、CDやDVDのタイトルの膨大さにも圧倒させられるけれど、中原昌也の行動に笑ってしまった。電車で読んでいたら、笑いをこらえるのに苦労しました。面白いです。反面、闇の部分も赤裸々に綴られていて、彼が落ち込んでいる時の日記にはなにやらせつなくなってきてしまった。しかし、そんなことおかまいなしに、すんげえ面白かったです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
おびただしい固有名がみだれ飛ぶ。さまざまな映画、音楽、それに書籍……。
こんなに観ていない、聴いていない、読んでいないものが、まだ世の中にはあるのか。
読めば必ず散財せずにはいられなくなるはず。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック