¥8,424 + ¥ 260 配送料
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、東洋学術出版社 が販売、発送します。
¥8,424 + ¥ 260 配送料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中医臨床のための中薬学 単行本 – 2011/10

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 8,424
¥ 8,424 ¥ 8,334

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 中医臨床のための中薬学
  • +
  • 中医臨床のための方剤学
  • +
  • いかに弁証論治するか―「疾患別」漢方エキス製剤の運用
総額: ¥20,196
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

永久不変の輝きを放つ生薬の解説書!


*1992年の刊行以来,20年にわたって入門者からベテランまで幅広い読者の支持を獲得してきた「神戸中医学研究会」の名著が,装いを新たに復刊。



【本書の紹介】
煎じ薬,エキス剤にかかわらず,漢方を処方して確実かつ十分な治療効果をあげるには,薬性理論を把握したうえで,個々の生薬の効能と適用に熟知しておくことが欠かせない。
◆総論 中薬の簡潔な歴史から始まり,薬物の治療効果と密接に関わる薬性理論(四気五味・昇降浮沈・帰経・有毒と無毒・配合・禁忌)を述べ,薬材の加工と薬効の改変に関連する炮製・剤型の具体的内容と意義を示し,さらに用量と用法を解説している。
◆各論 薬物を主な効能にもとづいて章節に分類し,各章節に概説を付すとともに,それぞれの薬物について,さし絵を付し,[処方用名][基原][性味][帰経][効能と応用][用量][使用上の注意]を述べ,適宜に関連する「方剤例」を示している。


登録情報

  • 単行本: 661ページ
  • 出版社: 東洋学術出版社; 新装版 (2011/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904224167
  • ISBN-13: 978-4904224168
  • 発売日: 2011/10
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 70,267位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


5件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.6

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件中1 - 5件目のレビューを表示

2015年8月2日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月4日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年9月10日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2017年4月19日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年5月6日
形式: 単行本
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告