¥ 2,160
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく) 単行本 – 2017/3/27

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/3/27
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 2,708

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)
  • +
  • 勉強の哲学 来たるべきバカのために
  • +
  • ゲンロン0 観光客の哲学
総額: ¥6,156
ポイントの合計: 66pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自傷患者は言った「切ったのか、切らされたのかわからない。気づいたら切れていた」。依存症当事者はため息をついた「世間の人とは喋っている言葉が違うのよね」
――当事者の切実な思いはなぜうまく語れないのか? 語る言葉がないのか? それ以前に、私たちの思考を条件付けている「文法」の問題なのか?
若き哲学者による《する》と《される》の外側の世界への旅はこうして始まった。ケア論に新たな地平を切り開く画期的論考。

【本書「あとがき」より】

中動態の存在を知ったのは、たしか大学生の頃であったと思う。本文にも少し書いたけれども、能動態と受動態しか知らなかった私にとって、中動態の存在は衝撃であった。衝撃と同時に、「これは自分が考えたいことととても深いところでつながっている」という感覚を得たことも記憶している。

だが、それは当時の自分にはとうてい手に負えないテーマであった。単なる一文法事項をいったいどのように論ずればよいというのか。その後、大学院に進んでスピノザ哲学を専門的に勉強するようになってからも事態は変わらなかった。

ただ、論文を書きながらスピノザのことを想っていると、いつも中動態について自分の抱いていたイメージが彼の哲学と重なってくるのだった。中動態についてもう少し確かなことが分かればスピノザ哲学はもっと明快になるのに……そういうもどかしさがずっとあった。

スピノザだけではなかった。数多くの哲学、数多くの問題が、何度も私に中動態との縁故のことを告げてきた。その縁故が隠されているために、何かが見えなくなっている。しかし中動態そのものの消息を明らかにできなければ、見えなくなっているのが何なのかも分からない。

私は誰も気にかけなくなった過去の事件にこだわる刑事のような気持ちで中動態のことを想い続けていた。
(中略)
熊谷さん、上岡さん、ダルクのメンバーの方々のお話をうかがっていると、今度は自分のなかで次なる課題が心にせり出してくるのを感じた。自分がずっとこだわり続けてきたにもかかわらず手をつけられずにいたあの事件、中動態があるときに失踪したあの事件の調査に、自分は今こそ乗り出さねばならないという気持ちが高まってきたのである。

その理由は自分でもうまく説明できないのだが、おそらく私はそこで依存症の話を詳しくうかがいながら、抽象的な哲学の言葉では知っていた「近代的主体」の諸問題がまさしく生きられている様を目撃したような気がしたのだと思う。「責任」や「意志」を持ち出しても、いや、それらを持ち出すからこそどうにもできなくなっている悩みや苦しさがそこにはあった。

次第に私は義の心を抱きはじめていた。関心を持っているからではない。おもしろそうだからではない。私は中動態を論じなければならない。──そのような気持ちが私を捉えた。
(以下略)

出版社からのコメント

中動態とは何なのか? その名称からは、まるで能動態と受動態の中間であるかのような印象を受ける。その印象は正しいのか?

また現在、中動態は少なくとも言語の表舞台からは消えてしまったように思われる。本当にそうだとすれば、それはなぜ消滅してしまったのだろうか?

いや、もしかしてそれはまだ姿を変えて残り続けているのだろうか?

それにしてもなぜわれわれは中動態について教わることがないのか?

若き哲学者は、バンヴェニスト、アレントに学び、デリダ、ハイデッガー、ドゥルーズを訪ね直し、細江逸記を発見し、アガンベンに教えられ、そして新たなスピノザと出会う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 330ページ
  • 出版社: 医学書院 (2017/3/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4260031570
  • ISBN-13: 978-4260031578
  • 発売日: 2017/3/27
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 141位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

実に興味深い本だった。興奮しながら読み進めた。
この本を多くの人々に知っていただきたい。
しかし、「中動態」という語に本書へのとっつきにくさを覚えてしまう人がいたら、それはたいへんもったいないことである。
本レビューは本書の雰囲気だけでも知ってもらうために、それぞれの章についてざっくりとしたメモ書きを並べる。
より多くの方にこの本を手に取っていただければ幸いである。

第1章
人間の行動には「意志」の有無が問われがちである。
人は誰かから謝罪を受けるとき、そこに深い謝意という意志が読み取れなければ満足できない。
道を歩く人を見て、我々は「あの人は自分の意志で歩いている」と信じて疑わない。
しかし、人間は自分の意志で行動の全てをコントロールしているわけではない。
脳科学的に見ても、脳内では意志される前に行動のプログラムが組まれ始めている。
歩くことですら、「私が歩く」という言葉で表しきれない何かがあるのだ。
こういった考察から「能動と受動」という分類の不十分さが指摘され、現在はほとんど意識されない中動態という態への旅が開始される。

第2章
アリストテレスや最古のギリシア語の文法書へ遡り、当時存在した中動態がどのようなものであ
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
能動態と受動態。生きるということは、世界は、人間は、そうした二分法に還元されないのではないかと多くの人が感じていて、そのことは様々な芸術作品であれ、日々のコミュニケーションであれ、現実に反映されていると思うが、言語の歴史を辿り、「中動態」(能動と受動の中間を思わせるので適切な表現ではないが)という「失われた態」を明らかにしていて面白い。
例えば、運命ということばには受動的なニュアンスがある。しかし、運命愛には能動的な響きがある。事は起きた。出来事は起きてしまった。それは自分の意志ではない。私は関与できなかった。しかし、その運命を愛し、愛し方を創ることに能動性が入り込む。起きたことへの対応という点では受け身だが、愛し方はそのつど個別的に生み出さなければならないやり方、生き方なので、能動的になるしかない。つまり、受動性と能動性の混在、絡み合い、組み込みがあり、もはや、能動的なのか受動的なのかという問題ではない。しかし、世の中では、能動か受動かが問われることが多いような気がする。点を定め、固定し、判断する傾向が強いのではないか。
中動態をめぐる探求により、既成の思考の枠組みから解放され、別な風に思考し、別な形で生きることが可能になる。
つまり、この書は人を自由にする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 読み始めでは「能動と受動」や「主体と他者」といったものの中間をマークしていくんだろうなぁと見立てていたが、どうもそう単純ではないらしいことが徐々に分かってきて、いい意味で雲行きが怪しくなってくる。
 
 アリストテレスをはじめとして、最近やけに目にするバンヴェニストなど古今東西の言語学者たちのギリシャ語ラテン語英語の研究、そして著者自身の手によるそれらの検討と独自の語源の探究がある。そこから中盤以降は序盤で得られた「中動態」についての一定の見立てを持ちながら、ある「逸話」(カツアゲ!)をキーにして「意志」概念をめぐる問題系へと展開していく。それらは副題にあるように「意志と責任」の考古学的探究と呼べるものなのだった。アレントとハイデガーの関係、フーコーの権力論、ハイデガーの「放下」の概念、ドゥルーズの『意味の論理学』、多数の哲学の諸問題が検討される。やがてスピノザの「本質」概念などへとたどり着き、そして最終章のメルヴィル読解と再び回帰するアレントへ至る。
 
 このような言い方では到底言い足りないほど充実した本書であるが、一貫して通底する内容としては私は良質なスピノザ論として読めた。というか、本書全体を通してはじめてスピノザの何かに触れることが出来たような気がしている。本書がスピノザの『ヘブライ語文法綱要』を通過し、倫理を論じていくところがそ
...続きを読む ›
1 コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告