¥ 2,916
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中世実在職業解説本 十三世紀のハローワーク がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

中世実在職業解説本 十三世紀のハローワーク 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/19

5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/1/19
"もう一度試してください。"
¥ 2,916
¥ 2,916 ¥ 1,998
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 中世実在職業解説本 十三世紀のハローワーク
  • +
  • 現代知識チートマニュアル (MORNING STAR BOOKS)
  • +
  • ゲームシナリオのための戦闘・戦略事典 ファンタジーに使える兵科・作戦・お約束110 (NEXT CREATOR)
総額: ¥6,782
ポイントの合計: 205pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、中世ヨーロッパを中心に、かつて実在していた職業が、ゲームのユニット風に紹介されています。紹介されている職業は多岐にわたり、収録数はなんと100職以上!中世を愛する人、そしてファンタジーを愛する全ての人に向けて、伝説の同人誌が甦ります。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 294ページ
  • 出版社: 一迅社 (2017/1/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758032556
  • ISBN-13: 978-4758032551
  • 発売日: 2017/1/19
  • 梱包サイズ: 25.7 x 18.3 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,580位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 BT_BOMBER トップ500レビュアー 投稿日 2017/1/21
著者がかつて頒布していた同人誌、「十三世紀のハローワーク」シリーズ。
その総集編、「十三世紀くらいのハローワーク」の商業復刻版です。
内容はというと、中世ヨーロッパを中心に歴史上の職業をSRPGのジョブ風に紹介していくというもの。
つまりゲーム風のイラストにステータスが付いたり、史実と絡めてスキルの解説がされたりします。
有名な職業から今では考えられない珍奇な職業まで、非常に楽しく読める本です。

同人誌版と見比べてみましたが、違いの多くは誤字脱字や表現に関する校正のようです。
全部を見比べたわけではないですが、見た範囲ではイラストも変わってなさそう。
中世の風景をSRPGのクォータービュー式に描いたページも同人誌版と同じでした。
ただ参考文献が追加されていたので、より史実に忠実に修正しているところもあるかもしれません。
気付いたところでは同人版にあった文章が消えている箇所がありましたが、
恐らく信憑性の関係で削ったのだろうと思います。
ちなみに表紙カバーの下も同人誌のときと同じデザインが使われています。

同人誌を既に持っている人には追加紹介職業等はないので、ちょっと割高かもしれません。
中世風世界観のSRPGが好きな人、歴史の大き
...続きを読む ›
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
前台湾のホームページでこの本を紹介を見てすごく気に入って、出張のおかげで、アマゾンのおかげで手に入れられました。嬉しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
古代・中世・近世で実在した職業を著者の解説・感想を踏まえながら一職種2頁見開き(職によっては4頁)使って解説している本です
イラスト+文章の構成ですが、文章は軽妙で読みやすく、イラストも著者の画風(趣味)とファンタジー風の味付けをした綺麗な絵で、いっぺんに読むのも毎日数ページずつ読むのもお好きなようにという感じ
ゲームとして使うなら能力は~スキルは~といったお遊び的要素もあるので、堅苦しい学術書ではありません(w
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「より有り体に申し上げますと、ほらほらお前らジョブとかスキルとか好きなんだろジョブツリーとかパラメータのグラフとか見てときめいちゃうんだろゲームやらなくても設定資料集だけで麦飯三杯はいけるんだろそれでオリジナルジョブとか考えちゃうんだろ素直になれよまさか違うなんて言わねえよなこの野郎。と、だいたいそんな感じの本です」
まえがきより

そうだよ。別に学問的に中世の職業学びたいわけじゃないんだよ。中世ファンタジー風RPGな世界観が大好きなだけなんだよこの野郎。
ってな感じの私にはどんぴしゃな内容です。
だからって、解説自体がいい加減なわけじゃない。RPG風に親しみやすく解説しているものの、豊富な参考文献から調べられており、相当に充実しております。主に中世のヨーロッパ中心な内容ですが、日本、中国など東洋のものもいくつか紹介されています。
こんな職業なんてあったの?というトリビア的楽しみから、職業からみる当時の風俗、はては社会の暗部まで、さまざまな知識が得られます

イラストもFFTやタクティクスオウガ風味なかわいらしいもので、最近よくある過度な萌えやらエロやらなものでないので、そういうのがうけつけない方にも安心です。

なお、説明するのも野暮な話ですが、タイトルは大ヒットした村上龍の作品のパロディであり、別に13世紀の職業に限定しているわけでなく、中世の結構広い範囲の時代を扱っています
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
職業をうまくまとめて書いてる。
読みやすい文体で飽きさせない、職業の情報だけで時代背景すら見えてくる素晴らしい本です。
持っていない人は本屋かネット通販で絶対購入することをお勧めします。
中世に興味がなくても、読み物として完成されているのでそこら辺の新書で自己啓発するより何倍も身になります。
ほんとにこの値段でこんな素晴らしい本を出せたことに感謝しかない。
著者には最大限の感謝を。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
他の方のレビューにあるように,RPGの資料集を読むのが好きであり,中世風の世界観に惹かれるのであれば迷わず購入すべき.
ヨーロッパを中心とした世界中の中世の職業をRPGの資料集,設定集風に解説している.活字の書籍では例えば「西洋珍職業づくし」で挙げられているようなマイナー?な職業についても紹介されている.
また,阿部謹也,池上俊一,網野善彦らの著作が好きな人も,全体を通して楽しめる内容になっている.あるいは支倉凍砂の小説(「狼と香辛料」等)の世界観が好きな人にはドンピシャな一冊.文体,挿絵に各種のネタも含まれており,肩肘張らず読む事が出来る.ただ,理系の書籍での(文系の書籍でもいう?)所謂啓蒙書の類の構成ではない(それを期待する人がどれほどいるのかは知らないけれど).あくまでゲームの設定集の感覚で楽しめる(中世の)ジョブ解説本という立ち位置.ネタ等が肌に合わない人がいるかもしれないけれど,個人的には気にならないし「ドラ○ン○エスト○の歩き方」のような攻略本を読む心持でいればよいかもしれない.
個々の解説の出典自体が直接示されているわけではないけれど,参考文献は書籍から論文(?)まで列挙されているので気になる分野のものを選んでみるとより深い知識が得られると思う.
RPG風の性質上「剣士」のようなジョブにも多くのページが当てられるのは当然といえる
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー