通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中世ヨーロッパの都市の生活 (講談社学術文庫) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 少年ラムネ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙、小口ともに経年ヤケ、キズ少なく本文の状態良好です。■送料込みの値段です■Amazonの倉庫から直送品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

中世ヨーロッパの都市の生活 (講談社学術文庫) 文庫 – 2006/8/11

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 740

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 中世ヨーロッパの都市の生活 (講談社学術文庫)
  • +
  • 中世ヨーロッパの農村の生活 (講談社学術文庫)
  • +
  • 中世ヨーロッパの城の生活 (講談社学術文庫)
総額: ¥3,424
ポイントの合計: 83pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

賑わうシャンパーニュの大市
今も変わらぬ主婦の生活
1250年、トロワを描く

中世、城壁が築かれ、都市があちこちで誕生した。
異民族の侵寇や農業・商業の発達はそれに拍車をかけた。1250年、シャンパーニュ伯領の中心都市、トロワ。そこに住む人々はどのような生活を送っていたのか。主婦や子供たちの1日、結婚や葬儀、教会や学校の役割、医療や市(いち)の様子などを豊富なエピソードを盛り込み描く。活気に満ち繁栄した中世都市の実像が生き生きと蘇る。

西ヨーロッパにおいて、現在へとつながる都市が成立したのは、中世のことである。1250年には、古代から栄えた地中海沿岸地域だけでなく、北西ヨーロッパにおいても都市は活気に満ち、繁栄していた。本書では、この時期に新たに花開いた都市の一つであるトロワを選び、13世紀の折り返し点、1250年におけるトロワの人々の生活を追ってみようと思う。――<本書「プロローグ」より>

内容(「BOOK」データベースより)

中世、城壁が築かれ、都市があちこちで誕生した。異民族の侵寇や農業・商業の発達はそれに拍車をかけた。一二五〇年、シャンパーニュ伯領の中心都市、トロワ。そこに住む人々はどのような生活を送っていたのか。主婦や子供たちの一日、結婚や葬儀、教会や学校の役割、医療や市の様子などを豊富なエピソードを盛り込み描く。活気に満ち繁栄した中世都市の実像が生き生きと蘇る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 336ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/8/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061597760
  • ISBN-13: 978-4061597761
  • 発売日: 2006/8/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,636位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
『中世ヨーロッパの都市の生活』です。中世ヨーロッパと謳っていますけど、実際に書かれているのは1250年のフランスの都市、トロワです。

えーと。中世ヨーロッパ、と一言で言っても、漠然としすぎているものです。時代はいつなのか、場所はどこなのかによって、違いは大きいです。最大公約数的な概説書だと、全体像をなんとなく思い浮かべるにはいいかもしれませんが、細部については別途史料を渉猟するしかありません。
そこへくると本書は、「1250年、トロワ」ですから、ピンポイントです。
書かれている内容も、主婦の生活、出産、結婚、葬儀、商人、医師、建築、学校、演劇、そしてシャンパーニュ大市と、生活に密着したものです。
記述はきわめて具体的なのですが、さすがに1250年トロワにピンポイントで焦点が当たっているので、前後のいきさつ等については説明不足があります。

最盛期のトロワを描いたものではありますが、そこから、中世ヨーロッパの世界観、雰囲気を感じるには十分だと思います。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヨーロッパ中世の都市住民の生活を、ルポルタージュ風に描いたもの。1250年のフランス・トロワの街をモデルとして、主婦や子どもの生活、医者や職人の仕事風景、結婚や葬儀、食事といった風俗などを、細かく説明してくれています。

ヨーロッパの中世とはどんな時代だったのかということが、私の最近の興味だったために、たまたま本屋で目にとまった本書を手にとってみました。生活の具体的な場面が細かく描かれているために、庶民の生活がイメージできたことが収穫でした。歴史を知る上で、当時の具体的な生活風景のイメージをつかむことは重要だと最近思っています。ただ、生活風景は、一般的な歴史概説書では扱っていないことが多い気がします。本書では、その穴を埋めるように、当時のようすが目に浮かんでくるような具体的な生活の叙述が多く、参考になりました。

たとえば、教育にかんすること、医師や職人にかんすること、または街の具体的な構造などさまざまな当時の生活状況を読んでいくと、中世ヨーロッパでは教会が人々の生活を、ほとんどといっていいほど掌握していたことが自然とイメージされてきます。

ただ、何ゆえにそうした風習や習俗があったのかという点にかんしては、ほとんど説明がありません。そのため、読んでいる間中、疑問がいくつも浮かんできました。そのことが消化不良にはなりますが
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中世のフランス内陸の都市トロワを取り上げ、膨大な文献や、当時の記録を元に、当時の統治や経済や風俗、人々の暮らしを具体的に再現している。

トロワはヨーロッパの交易都市の一つだったそうだ。
とはいえ、異民族間で繰り返される侵略や略奪を背景に、城壁で市街区域を囲ったものとして都市が現れたということだから、日本の昔の都市とは意味あいが違うかもしれない。

都市についての史料は豊富なのであろう、本書の章立ては多岐に渡る。
肉を切るナイフはあってもフォークはまだ発明されていなかったとか、窓はあっても窓ガラスを持っているのは貴族の一部だけだったとか、びっくりするような細部もある。
けれども、書いてあることの何もかもが奇想天外、とは感じなかった。

農村では、住人は共同体の構成員だった。顔が割れている。
都市では、(商売にしろ手工業にしろ)仕事は他者に対する行為であり、中世の都市の生活者は既に無名性を獲得していたのではなかろうか。
読んで「まあそうだろうな」と感じることが案外多かったのは、一つにはそういうことと関係があるかもしれないと思う。

同じ原著者による『中世ヨーロッパの城の生活』『中世ヨーロッパの農村の生活』と本書の三冊の中では、主観的には『中世ヨーロッパの農
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
1250年頃のトワロという町の日常の様子を、歴史とその頃の資料から描き出しています。
私は歴史のプロではないので、純粋に面白かった。その時代の雰囲気が良く伝わってきて、想像が膨らみました。
プロローグの所で大まかな歴史と街の形成の成り立ちが書かれているので、古代ローマ時代からの繋がりも興味が持てました。
服装についてはよくわからない部分も多かったのですが、別な本の中世の服装の絵図を見て納得です。
人々の営みは今も昔も変わらないな・・・と思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック