¥ 3,024
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中世ヨーロッパの武術 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

中世ヨーロッパの武術 単行本(ソフトカバー) – 2012/3/1

5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 3,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 中世ヨーロッパの武術
  • +
  • 続・中世ヨーロッパの武術
  • +
  • 中世ヨーロッパの城塞: 攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞、および城壁都市
総額: ¥8,748
ポイントの合計: 321pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

中世ヨーロッパの戦闘教本。ロングソード術やレスリング、レイピア術など、中世・ルネッサンス期における剣術・格闘術のすべてを図解。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 671ページ
  • 出版社: 新紀元社 (2012/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4775309463
  • ISBN-13: 978-4775309469
  • 発売日: 2012/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 105,371位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ロングソード、ダガーやレスリング、甲冑戦闘・騎乗戦闘から果ては鎌・棍棒まで、西洋武術の武芸十八般(21種+αの武器等の戦闘法を解説)が網羅されている西洋武術の解説本です
(ただし、中世末期の武術指南書を基礎としているため、ヴァイキングの大楯の用法等は扱っていません)。

歴史・理論・武器・技術としっかり解説されており、またイラストによる各種技法の説明も大変わかりやすいと思います。
出展元の武術指南書も各技毎に示されており、西洋武術の世界を探究していく際の座右の書となるのではないでしょうか。

力押しのイメージが先行する西洋武術が、いかに洗練されていたか、読まれた方はきっと驚くでしょう。
西洋武術に興味のある武術家、歴史好き、ファンタジーファン全てにお勧めできる本です。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
今まで、たくさんの武道や格闘技の本を読みましたが、
これほど内容の濃い本は、そうはお目にかかれません。
ロングソード、ダガー、片手剣とバックラーといった武器術だけでなく、
レスリング、武装格闘術などの体術にいたるまで、各種豊富な技数とイラストで
説明されています。しかも、それだけではなく、すべての技に出典先が
明記されているという徹底ぶりで、著者の情熱と仕事に対する真摯な姿勢に、
私は感動と尊敬とともに感謝の気持ちで一杯になりました。

ただ一つ、個人的に気になる点だと思ったのは、いくつかの技がイラスト
ではわかりにくかったという所です。単純で平面的で動きの硬いイラストであり、
横からの視点で、技の流れを矢印で示したりするのですが、
んっ?この位置からいきなりこうのなの?この矢印は…え〜っというように、
1.2.3という動きの流れの、2の動きを飛ばし、1.3って飛んでるように感じる動きもありました。
特に武器と武器が絡みあった所などはわかりにくい箇所です。
もしかして、これは出典先に忠実に従った結果なのかもしれませんが…。
ただし、私がそう感じただけで、人によってはそう思わないかもしれません。
まぁ、ほとんどが実戦的な技ゆえ
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
今のところ、ほぼ西洋剣術に関する和書は本書くらいしかないため
西洋剣術を知りたいとなると必然的に本書を手にすることになると思います。

「戦場での技術は書物としてほとんど残っておらず、
 残っているのはスポーツ的な技術が多く、本書もそれに基づいたものである。
 また、スポーツ的な技術と戦場での技術とがどれだけ違うかは不明」
という念押しが幾度となく出てくるとおり、実戦とは違う部分もあると思いますが、
様々な武器を使った多数の技が図示されており、とても読み易いです。

¥3,000-で出せる書籍としては約700頁弱という破格の密度で、
興味のある人には是非とも進めたい一冊です。

……が、読んでいて色々と気になることがあり、
手放しで賞賛できるものではないとも感じました。以下、適当に列挙。

--------
・言葉の定義が著者独自のもので、かつそれに対するフォローがない。
例:
ドゥサックとは練習用剣である、など他著者による西洋武器類の見解と
明らかな食い違いがあり、どれが正しいかは別として、
余計な知識を持ったまま読み進めるとかなり混乱する。
(ちなみに、ツヴァイハンダーな
...続きを読む ›
1 コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 stephan 投稿日 2012/4/1
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
西洋武術といってもたくさんある。剣でもブロードソード、ロングソード、レピアなどさまざまで時代も考え方も違う。それをコンパクトに良くまとめている。図版はわかりやすい。とくに上から見おろした図は相対位置等での関係がわかる。しかも、著者本人はあきらかにこれらを体験しており自分の感想を書いている。
これだけの内容でこの値段は非常に素晴らしい。日本の西洋剣術知識は今後十年以上、この本がベースとなりバイブルとなるだろう。
最高のお勧め!!!
ただし、内容は10年ほど古いところがある。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー