この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

中世のパン (白水Uブックス) 単行本 – 2004/10/15

5つ星のうち4.2 8個の評価

価格
新品 中古品
単行本 ¥1
単行本, 2004/10/15
¥3,190 ¥1,612

商品の説明

出版社からのコメント

~ 本書には中世における食物の王様、パンの歴史が描かれています。  中世末期に小麦がパン麦としての地位を確立したことから始まり、麦を粉にする過程、パン作りの様子、パンの色や形や大きさなど、パンそのものに関する事柄はもちろん、都市におけるパン屋の成立とその実態などが実に詳しく描かれています。そしてパンにかかわる人々の生活が多面的な角度~~から描かれると同時に「食」という面から中世をとらえています。  読者は「かの悪名高い〈黒パン〉を食べていたと信じられてきた中世の人々が、むしろ柔らかくて美味しい白パンを食べていた」ことなどを知るのです。中世という時代そのものに歴史的な関心をいだいていなかった読者でも、身近な食べ物である「パン」を通して見えてくる中世の世界に次第にひ~~きつけられてゆくことでしょう。~

内容(「BOOK」データベースより)

中世末期に、小麦がパン麦としての地位を確立したことから始まり、麦を粉にする過程、パン作りの実際、様々なパンの形態を解説。さらには都市におけるパン屋の成立とパン屋の実態、そしてパンにかかわる人々の生活ぶりを多面的な角度から描くと同時に、「食」という面から中世をとらえている。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 白水社 (2004/10/15)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2004/10/15
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 230ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4560073767
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4560073766
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 8個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
8 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年4月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年11月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2006年7月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入りVINEメンバー
2009年7月3日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2004年6月13日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年4月2日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告