通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
並木橋通りアオバ自転車店 (1) (YKコミックス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

並木橋通りアオバ自転車店 (1) (YKコミックス (945)) コミックス – 1999/10

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 535
¥ 535 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 並木橋通りアオバ自転車店 (1) (YKコミックス (945))
  • +
  • 南鎌倉高校女子自転車部 01 (BLADE COMICS)
総額: ¥1,152
ポイントの合計: 38pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

登録情報

  • コミック: 195ページ
  • 出版社: 少年画報社 (1999/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4785919450
  • ISBN-13: 978-4785919450
  • 発売日: 1999/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
近頃、ちょっとだけ自転車がブームになったりしたおかげで、高価なMTBが街中をビュンビュン走り回ったりしてるけど、僕らの思い出の中にある自転車は、もっと安物で、頑張ってもせいぜいディスカウントショップで売ってるニセモノMTBだったりしたはず。それでも子供の頃は、毎日のようにそれで出かけて、ウィリーが出来ないか試したり、河川敷のダートを走り回って転んでみたり、親に話したら絶対に叱られるってくらい遠くまで行ったりしたのです。
そんな古い古い記憶を、一気に呼び覚ましてくれるのがこの本です。読み終わった後とても暖かな気持ちになって、それから、たまには自転車で出かけてみようかな、なんて気になるお話です。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゴブリン男爵 VINE メンバー 投稿日 2006/1/23
形式: コミック
日本一狭い県・香川では、自動車よりも自転車で移動したほうが便利な場所が多い。

作者の宮尾岳氏は、香川県高松市出身。

同市民の自転車保有率は、全国5位。

自転車に愛着を持っている人は多い。

宮尾氏の自転車に対する「愛」は、本書収録の特別編「あの空とおんなじ」で鮮やかに描かれている。

作中で氏が「初恋」と表現した自転車との出会い。

誰しも大なり小なり、共感できる部分があるはず。

現役の自転車乗りはもちろん、かつての自転車乗りも読んでほしい。

少年時代の甘酸っぱい想い出が蘇るとともに、無性に自転車に乗って走りたくなる。

学校の横を流れていた小川沿いの砂利道はまだあるだろうか…。

神社の参道に生えていた柿の木はまだあるだろうか…。

そんな想い出が蘇ってきたら、自転車に乗って出かけよう。

お気に入りのあの歌を口ずさみながら。

ちなみに私も氏と同じ高松市出身。今でも仕事にプライベートに、自転車は欠かせない存在である。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 アオバは小学生。並木橋通りにある自転車屋の娘だ。その店には色々な人が集まる。父の形見や懸賞の自転車を持ち込むなど……。
 それぞれが悩みや問題を抱えているが、必死に生きている。その彼らが、様々な出来事を通して前向きになっていく過程が爽やかに描かれている。
 1話1話はテレビなら30分くらいのショート・ストーリーという感じだが、人々を見る作者の眼がとても温かい。
 同時収録の短編「あの空とおんなじ」も、作者の自転車への思いが強く伝わってくる作品です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今でこそ自転車漫画がいくつも見受けられるが、連載開始当時は「自転車を描く」というのがどれほど難易度が高いかが浸透しており、「自転車マンガで連載」というだけで話題になったものだった。

「アオバ自転車店」という作品自体はカンバンを何度か変えて現在も連載しているが、やはり長いシリーズの最初の巻は作者の思いが格段に込められているように思える。中でも1巻1話のスポルティーフ、4話の暁の輸送機、特別編のNS40は、自転車の1枚絵を見ているだけで作者の思いが伝わってくるようで、胸が熱くなるのは私だけだろうか。

ただ、Kindle版だとちょっと画像が荒れてしまっており、その思いが伝わり辛い気がした。許されるなら単行本で見ていただきたいと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告