中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2010/10/30

5つ星のうち 3.8 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

神楽咲高校に入学した俺は、「丘研」の入部案内を見て直感した、これぞ〈風景〉を愛する俺のための部活だと! 代表と意気投合し早速入部。だが、丘研の正体は代表の野望に奉仕する「オカルト研究会」であった!!

内容(「BOOK」データベースより)

神楽咲高校に入学した咲丘は、「丘研」の入部案内を見て直感した。これこそ“風景”を愛する俺のための部活だと!部室に向かった咲丘は、代表・沈丁花桜と意気投合、早速入部。だが、丘研の正体は「オカルト研究会」、沈丁花の世界征服の野望のために日々活動していたのだ。「君は完膚無きまでに自分を知られたことはあるかい?」知ること=支配すること。世界を知るための戦いが始まる!第15回スニーカー大賞“優秀賞”。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 313ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044748241
  • ISBN-13: 978-4044748241
  • 発売日: 2010/10/30
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 700,424位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
技法と言う意味では未熟です。
内容も荒削りだし、キャラは立てよう立てようとがんばった背景設定で
イキオイだけで押し切った作品。

だがそれでいいじゃないか

足らない内容は自前で妄想して一通り楽しんだし('∀`*)ポッ
畏まって評論したところでラノベ。良くも悪くもラノベ
絵のない漫画なんだから、特に深く掘り下げてある必要も
誰もが納得できる隙のない設定も不要なのでは〜とオモタ

クロスチャンネルの群青色を彷彿とさせる登場人物の属性も面白いですよ
勝手に補完して勝手な物語をぜひ続けましょうヽ(`▽')/脳内で

こういう話を読むたびに思う
一回まじでこの話を貴志祐介さんあたりが執筆し直してくれないかなぁ
“本当に”出版しても良いものか?と悩ませるドロッドロの救いようのない不条理と
精緻に描写されるエログロ心的描写。そして非現実な設定でも有無を言わせず「ありそう…」と思わせる圧倒的な納得感
あったら読みたいなぁ〜
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私だけかもしれませんが
オカルトロジック
つまり妖怪の起こすミステリーものなのかと思いましたが
まったくそんなことはありませんでした
オカルトロジック
という題名の意味は、読み進めていくとわかります
正直読みたいと思っていたものとは違いましたが
あぁ一本取られたなとは思いました
しかし単純につまらなかったので
星二つかな
まぁ新人賞と見れば、ありかなー
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
どこが、と言われると何の根拠もないですが。そんな雰囲気を感じただけです。

このライトノベルが凄いで取り上げられていたので、チェックをせねばと読み始めたものの、確かに面白い。
キャラクターがどいつもこいつもキチ○イだというのに、それに拒否感を抱きはしない絶妙なバランス感覚があると思いました。
いちおう伝奇小説、というジャンルなんでしょうかね。

始まりは極めてふざけたノリかと思いきや、至極真面目な展開で、それでいてぶっ飛ぶくらいにふざけてます。
最終章のテロは、流石にやりすぎだと思います。ありゃあ、警察に捕まりますがな…

皆が皆、異常を抱えているのに、それを解決に導くでもなく、救いのない物語だなあ、と思ってしまったら、この作品にハマったようなものなのかもしれません。
ただ、救いのない中で、主人公たちが互いに傷を舐め合っている感じは、潔さすら感じ、この作品の空気を上手く作りあげていると思います。江西田のキャラクターは、もう声までも脳内再生できるくらいに好きですが、死体のスケッチが堪らなく好きというのは、ちょっと唐突に出てきたせいで、後付け設定のように感じました。
伏線とは大事なものです。
サイコ感を出したかったのかもしれませんが、サスペンスとは積み上げて行くもの。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 登場人物たちは皆病んではいますが、自分の思う”普通”と必ず向き合っています。
 正直、序盤の主人公らのワルノリにはうんざりしましたが、沈丁花代表の”病”が明らかになってからがやはり圧巻です。

 目的あっての軽率さだと後々理解できましたが、逆にどの登場人物にも軽々しい接近が許されなくなる苦しさも読み進む内に生まれてきました。 よくある「オカルト」系学園ものではありません。

 他人をオカシイとか異常とか、簡単に言ってしまえる「人間」達への抵抗のお話でもありますが、いざ始めたら振り返らない彼らや彼女らの手法に顔をしかめる方もいるでしょう。
 トンデモ設定があっての終結になっていきますが、それでも主人公らの苦悩には共感出来るのではないでしょうか。

 さすがに美少女ばかりの「丘」部員には、”ご都合”やらのナニガシカを感じましたが。

 本当に、良くこのお話を「本」にしたものだと、作家と編集さんに向けての快哉を惜しまない読後感がありました。
 個人的には、作者による、続巻よりもまた別のアプローチによる物語が読みたいです。

 難しいキャラを絵にして見せた絵描きさんにも賛辞を惜しみません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー