通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

丘の屋敷 (創元推理文庫 F シ 5-1) 文庫 – 2008/9

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 563

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 丘の屋敷 (創元推理文庫 F シ 5-1)
  • +
  • ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫)
  • +
  • なんでもない一日 (シャーリイ・ジャクスン短編集) (創元推理文庫)
総額: ¥2,830
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 332ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2008/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488583032
  • ISBN-13: 978-4488583033
  • 発売日: 2008/09
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,468位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
スティーブン'キングが過去100年の怪奇小説で最もすばらしい と絶賛した小説で
本書を読むとキングがこの作品に影響を受けてシャイニングを書かれた事が解ってしまうぐらい
設定に類似点があります。

このホラー小説は上手く書き表す事ができませんが脳に来る怖さです。
読後何とも言えないもぞもぞした気持ちの悪い怖さを感じました。

まず主人公のエレーナは母親の介護に11年費やし、これといった職の無い独身の32歳。
幼少期体験したある出来事がきっかけで心霊学研究のモンタギュー博士の目に止まり、
心霊現象で有名な田舎の町から遠く孤立した丘の上にある屋敷の研究に協力してくれないかと手紙が来ます。
数ヶ月前に母が亡くなり自由になるも、彼女に与えられた場所が姉夫婦の子供部屋だったり
車の使用についても買うのに半分お金を出したエレーナに「子供が病気になったら車が無いと大変」だとか、
車を使わせない姉夫婦のやり取り等見ていると本当にいたたまれなくなります。
そんな姉夫婦の言葉を遮りこっそり車を使ってモンタギュー博士の招待した丘の屋敷へ行くのです。
そこで出会ったセオドラ(テレパシー能力者)、ルーク(屋敷の所有者の甥、博士の助手として)、タドリー夫妻(管理人)と出会い
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ1000レビュアー 投稿日 2012/10/27
形式: 文庫
幽霊屋敷に集ったものたちに迫り来る怪異という典型的なゴーストストーリー。

心霊学研究者モンタギュー博士は、<丘の屋敷>の不可思議な現象を調査するため、協力者としてエレーナ、セオドラ、<丘の屋敷>の持ち主の甥ルークを呼び集めた。八十年の長きに渡り来るものを拒むかのようにひっそりと佇む<丘の屋敷>は、迷路のような回廊と歪んだ構造、そして不気味な装飾で4人を戸惑わせる。母親からの精神的な呪縛から逃れるため調査に参加したエレーナ。お互い初対面のモンタギュー博士、セオドラ、ルークは、引っ込み思案なエレーナを暖かく迎え入れる。しかし、<丘の屋敷>に怪異が訪れるとき、4人の関係は徐々に変化していくのだった。 ・・・

本書は、派手な演出で読者を震え上がらせる類のホラーではない。油断しているとフイと視界を横切るものがいる といった得体の知れない不気味さである。怪異な現象も、直接的に人々を攻撃するものではなくて、精神へ影響を及ぼしていくのだ。

ストーリーは、過去に心霊現象を体験したエレーナを中心にして展開する。<丘の屋敷>の意思に共鳴するがごとく、醜くゆがんでいくエレーナの心理状態に、じわじわとした恐怖を感じるだろう。深夜に大きな音を出して部屋叩きまくる何ものかがいる。部屋の壁を真っ赤に塗りたくった何ものかがいる。一晩中手を握っている何
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
シャーリー・ジャクスンの小説を読むのはこれが初めてで、結構良かったので、『ずっとお城で暮らしてる』も読んだ。私としては、後者の作品のほうがオススメだ。しかし、この作品もなかなか面白い。幽霊屋敷ものなので、ちゃんとゴシック小説のお約束も踏まえられている。主人公の台詞か内面描写に、ジェーン・オースティンの『ノーサンガ・アビー』のオマージュがあったと思う。しかし、そんなことよりも、この小説が恐ろしいのは、主人公が少しずつ自意識過剰になり、他者に嫉妬深くなっていくさまである。徐々に病んでいくさまが実に巧く書かれている。この辺りは、『ずっとお城で暮らしてる』に通じるものがあるのではないだろうか? 『ずっと』も病んだ少女の一人称小説であるが、こちらの方が露骨に病んだ人間の内面描写が書かれていて、病んでいる人間の思考過程が手に取るようにわかる。どちらも良作である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告