中古品
¥3,845
& 配送料無料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 アサガオ古書
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◇一冊ごとに手作業で検品していますが折れや書き込みなど、多少の使用感がある可能性がございますが、通読して頂くには問題のない状態です ◇中古本の特性上、経年劣化による、折れ、ヤケ、古本の匂い、シミなどがある場合があります◇帯や特典が付属しない場合があります ◇ご注文から2~3日以内には発送させていただきます ◇黒ビニール封筒での発送【防水仕様】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


世間の目 (日本語) 単行本 – 2004/4/23

5つ星のうち3.8 9個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,845
¥3,450
お届け日: 9月29日 - 10月1日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

思い当たるふし,あるでしょ。
古いしきたりや義理なんて、今のニッポンでとっくに解体したはずなのに、なぜ私たちはあいかわらず息苦しさを感じたり、世の中は生きにくいと思うのだろうか。そして「世間の目」がなくなるどころかますます肥大化しているように思えるのはどうしてなのか。
○ひとりだけ別メニューを頼めない日本人
○記者会見がたいてい「世間を騒がせて申し訳ない」ではじまるワケ
○お中元とお歳暮と義理チョコは絶対になくならない
○首相ですら過労死する国・ニッポン、長期休暇はあいかわらず職場の非常識
○取調べ室で「お手数おかけしました」とカンタンに自白する被疑者たち
○もらいものをしたら必ずお返しをしなければならない、と思ってしまう
○子どもの犯罪に親が責任を取って自殺してしまう国
○事故機の乗客名簿を一刻も早く発表したがるのは日本人だけ
○ウサマ・ビンラディンは氏づけでウサマ・ビンラディン氏、ではなぜ明石家さんまは呼び捨てで平気なのか
などなど、日本人ならだれでも思い当たるふし、あるでしょ。
これすべて私たちがいかに世間を気にして生きているか、いかに「世間の目」に耐えられない存在か、の証拠なのです。日本人をつらぬくこの見えないルールの視点から、わけのわからない最近の事件や現象を読み解いたのが本書。著者は気鋭の刑法学者で「日本世間学会」の中心メンバーです。

内容(「BOOK」データベースより)

著者は「世間」を「日本人が集団になったときに発生する力学」と考えたい。これは個人の意思とは別に相対的に独立してあらわれる集団の意思そのものである。この意思はある種の強制力をもっている。「世間」が「権力」だといわれると、すこし違和感があるかもしれない。しかし「世間」はある場合にきわめて強力に個々の人間を拘束するようなチカラをもつ。私たちはそれには、抵抗するのが非常にむずかしい…日本人をつらぬく見えない掟。

登録情報

  • 発売日 : 2004/4/23
  • 単行本 : 270ページ
  • ISBN-10 : 4334974422
  • ISBN-13 : 978-4334974428
  • 出版社 : 光文社 (2004/4/23)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 9個の評価