この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世紀末の美と夢 (3) 単行本 – 1986/9


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 600 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

1957年から1961年までフランス・パリに留学。フランスに向かう船中で加賀乙彦と知り合う[1]。滞在中は、しばしば森有正の元を訪ねた。1960年、小説「ハンニバルの城」(のち「城」と改題)の原稿を北杜夫へ送る。北がこれを埴谷雄高へ渡し、帰国後の1961年、辻の小説作品としては初めて「城」が『近代文学 (雑誌)』に発表される。1963年、『廻廊にて』で近代文学賞。以後『安土往還記』や『背教者ユリアヌス』などの歴史小説で、様々な文学賞を受けた。その活躍から小川国夫、加賀乙彦とともに「73年三羽烏」と称されたが、江藤淳がこれらに丸谷才一も加えた4人を「『フォニイ』考」(「フォニイ」は「空っぽでみせかけだけで、インチキでもっともらしい」の意)で批判したため、江藤と平岡篤頼の間で「フォニイ論争」を引き起こした。1981年(昭和56年)、父の死去を機に辻家の家系を探訪。山梨県立図書館に所蔵されていた「辻家文書」(現在は山梨県立博物館所蔵)などを参照して小説「銀杏散りやまず」として発表。西行の生涯を描いた歴史小説『西行花伝』で谷崎潤一郎賞を受賞。1996年、日本芸術院会員。1999年、別荘がある軽井沢滞在中に急逝。2004年より『辻邦生全集』(新潮社)が刊行された。


登録情報

  • 単行本: 222ページ
  • 出版社: 集英社 (1986/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4081900035
  • ISBN-13: 978-4081900039
  • 発売日: 1986/09
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,249,529位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。プリウス 30系プリウスα 40系プリウスアルファ 40 系