通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界遺産神々の眠る「熊野」を歩く (集英社新書 ビ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】本全体にスレ等のイタミが少しありますが、書き込みなく紙面の状態は概ね良好です。原則48時間以内に発送手続きをいたします。ゆうメールで配送のため日、祝日の配達はありません。清掃後丁寧に袋に梱包して発送いたします。検品には万全を期していますが、ご連絡して頂ければ対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

世界遺産神々の眠る「熊野」を歩く (集英社新書 ビジュアル版 13V) 新書 – 2009/4/17

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 359

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界遺産神々の眠る「熊野」を歩く (集英社新書 ビジュアル版 13V)
  • +
  • 熊野詣 三山信仰と文化 (講談社学術文庫)
総額: ¥2,117
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

神仏混淆の聖域の謎を明らかにする決定版!
本当の熊野がここにある! 世界遺産に登録されている熊野(紀伊山地の霊場と参詣道)は、日本でも有数の聖域であり、古来人びとはこの地を訪れてきた。縄文時代から記紀の時代、中世、近世、近代を経て、今もなお多くの人が熊野に足を運んでいる。なぜ人びとはこの地域に惹き付けられるのだろうか。神仏混淆と言われる熊野の深層には、いったい何があるのだろうか。世界各地の聖地を研究してきた宗教人類学者と地元出身の写真家が、さまざまな文献や精力的な現地取材をもとに、熊野の本当の魅力を明らかにする決定版。

内容(「BOOK」データベースより)

世界遺産に登録されている熊野(紀伊山地の霊場と参詣道)は、日本でも有数の聖域であり、古来人びとはこの地を訪れてきた。縄文時代から記紀の時代、中世、近世、近代を経て、今もなお多くの人が熊野に足を運んでいる。なぜ人びとはこの地域に惹き付けられるのだろうか。神仏混淆と言われる熊野の深層には、いったい何があるのだろうか。世界各地の聖地を研究してきた宗教人類学者と地元出身の写真家が、さまざまな文献や精力的な現地取材をもとに、熊野の本当の魅力を明らかにする決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 252ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087204871
  • ISBN-13: 978-4087204872
  • 発売日: 2009/4/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,343位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
奥深い山々、
巨岩・奇岩の数々、
陽光に輝く海、
濃密な信仰…。

それらが凝縮してある熊野の魅力を達意の文章とプロの写真家による写真で熊野をまるごと提示している。その達成レベルは高く、編集・デザインの力を含め、この本自体に存在感がある。これは見事な作品になっているのではないだろうか。
(著者が若い時に出した『聖地の想像力』では聖地とは無縁の著者の自己顕示欲が突出し、ハナについた。本書ではそうしたものを包み込む成熟が感じられた)

この本は、現世御利益などとは無縁である。そこがいい。実際、熊野に来たら、そんなことはどこかに吹っ飛んでしまう。(ひとによったら、そうでもないか…)

著者は、神を感じるには、話をしない、お願いをしないことだという。これは重要なことだと思う。御利益めあての神社本が氾濫するなか、こういうスタンスの本があっていいし、貴重とすら思う。
ただし、最後に注文を一つ。熊野を代表する聖地のひとつ、那智の滝(飛瀧神社)については見事な写真はあるものの、記述は物足りなかった(これについては本書の後に光文社新書から出た武澤秀一『神社霊場 ルーツをめぐる』で補った)。その点を含めても、総合評価として★5つ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「熊野の神はどこから来たのか?」
「熊野の神はずっと移動し続けたか?」
「熊野の神は大地に眠る」
と、熊野のまだよくわかっていないらしい神さまについて、
多くの文献調査と、自らの足で歩いて知って感じたところを
おしみなく披露してあります。

海の熊野=伊勢路が印象に残りました。
熊野といえば山深い聖域というイメージでしたが、
熊野灘の海もまた、想像を越える荒々しさのようです。

この本を読んで、熊野のすべての道を踏破したい、と思いました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
聖地、パワースポットと呼ばれるところはどうしてそう呼ばれるのか?
パワースポットといわれるところを訪ねてみても、私は鈍いのか、何かを感じるようなことはほとんどなく…。

熊野古道は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産にもなっている聖地。
そこには熊野三山として大きな神社が三つ、本宮・速玉・那智の三社があります。
それぞれ、祭られている神さまの数が驚くほど多く、仏教も習合して複雑です。
神さまの名前だけを追っていくと、何が何やらよくわからない…。

しかし、本書は、神の名を追っかけて謎を解こうとするものではなく、
筆者が熊野各所を訪れながらその景観やそこに流れる空気(雰囲気?)を描写するところが興味深い。
史料や文献を引きながら筆者が考察を述べている箇所もふんだんにあり、勉強になります。

読んで思ったのは、日本には実にたくさんの聖地がある(あった?)のだろうなぁ…ということです。
何しろ草木にも石にも神霊が宿ると考えた古代の日本人、自然を敬い、大切にした聖地がきっとたくさんあったはず。
同時に、近代の開発により失われた聖地が、どれだけ多かったことか…ということも考えます。

熊野が聖地として現存しているのは、開発による破
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
毎年二月のお燈まつりの頃、朝、神倉山に登って見渡す熊野灘の景色が素晴らしい。

急な石段を登り切り、ホッとして緩やかな参道を歩くと、左に曲がるところがある。森の木々の間に木洩れ陽が射して、キラキラと森の空気が光っている。まるで妖精が出てきそうだ。しかし、なにかおかしい。木漏れ日が南から北の方向に、しかも水平ではなくてわずかに斜め上に向かって射している。
「なぜだろう?こんなことがあるのか?」
その不思議な光に導かれるようにして参道を歩く。右手にゴトビキ岩がある。しかし、かまわず、光が来ていると思われる崖のほうに歩く。
そしてその瞬間、あなたはその光の意味を知るのだ。それは、「日の本(ひのもと)」の洗礼だ。

太平洋のはるか彼方から迫る黒潮が日本列島にまさにぶつかる熊野灘。さか巻く荒波を背にして鏡のように日の光が幾重にも反射する。その光は水平線の向こうから、それも遥かかなたからやって来るように見える。その光の中に水平線は溶けてしまい、眼を凝らしても見いだすことができない。そして、ひとつの日の本(ひのもと)になって天空と海原を照らし、燦然と輝いている。
この慈愛に満ちた広大な光に、下から身体ごと包まれるような感覚。この偉大な慈愛の感覚はいったい、何だろう?

「あぁ、天照大神さまだ」<
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック