Facebook Twitter LINE
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界資源株投資完全マニュアル (本気の海外投資シリ... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 iwahime_books
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】程度の状態で、折れ・シミ・ヤケ・汚れ・傷みなどのある商品ですが、書き込みは有りません。中古品としては並程度の状態です。帯・ハガキは付属しておりません。あくまでも中古品という事をご理解の上ご検討頂ければと思います。防水封筒で梱包。郵便局のゆうメールにて発送させて頂きます。十分に検品しておりますが、まれにチェック漏れが有る場合が有りますので、お気づきの際にはご連絡下さいませ。速やかに返品・返金にご対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


世界資源株投資完全マニュアル (本気の海外投資シリーズ8) 単行本(ソフトカバー) – 2008/3/13

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,944
¥ 1,250 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「2222」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

原油価格の高騰、金価格の値上がりなど
新興諸国の高度経済成長とともに中長期的に値上がりが期待できる株。
米ドルの価値下落(サブプライムなど)によって逆に値上がりする株。
それが資源株だ!

2008年2月20日、原油価格がついに100ドルを突破しました。この日は、“うわさ”が“事実”に変わる瞬間を目撃できた、ある意味、記念すべき日でもあります。
普段、気づきにくいことですが、空気や水と同じように私達の生活に必要なものがあります。それが、原油をはじめとする“資源”です。

資源とひとことに言っても、その数はかなりあります。ただ、投資家の視点から大きく分類すれば、『エネルギー資源』と『鉱物資源』の2つになるでしょう。
そこで、本書では、『エネルギー資源』と『鉱物資源』を探査・調査し、資源を探り当て、
資源需要国に供給する企業の株式(石油・ガスメジャーや総合資源メジャー、金鉱山企業、銀鉱山企業)を“資源株”として紹介します。

さて、ここからが本題です。“資源”は果たして見込みがあるのか。その判断材料になりうる話を簡単に紹介します。
資源株に焦点を当てるとき、重要になるのが世界情勢です。情勢を考えるうえで、特に注目すべきは「新興国の高度経済成長」です。
事実、2008年現在、「人口の増加→生活活動の活発化(=高度経済成長)→資源の需要増加→資源価格の高騰」という図式が浮かび上がっています。
冒頭に説明した原油価格の100ドル突破のほか、金価格の高騰などは、この図式を端的に表した代表例といえます。
もちろん、リスクもあります。主なリスクとしては、「商品相場による影響を受けやすい銘柄がある」「資源バブルが発生する可能性がある」などが挙げられます。
しかし、これらのリスクは“予測されているリスク”であることも事実です。人口増加のようにすでに“起きたこと”ではありません。
「人口の増加→生活活動の活発化(=高度経済成長)→資源の需要増加→資源価格の高騰」のように、“まず間違いなく起こること”ではないのです。
以上を踏まえて考えると、リスクを頭に入れておくことを前提に、あくまでも“中期”で考えるのであれば、「資源は見込みがある」と言ってもよいのではないでしょうか。

本書では、「資源株とは何か」はもちろん、“資源株投資”に必要な情報を余すことなく紹介しています(以下の「本書の主な内容」を参照)。
新興国の経済成長を考えれば、まだ伸びる余地があると考えられるのが“資源株”です。
“うわさ”が“事実”に変わる瞬間を目撃できる可能性は十分に考えられると思います。

■本書の主な内容
◎「資源株とは何か」を簡潔に紹介
◎資源株高騰の根拠になる話(新興諸国の成長、M&A合戦)を紹介
◎各資源(原油、天然ガス、鉄鉱石、レアメタル、貴金属など)の概要や需要動向などの紹介

内容(「BOOK」データベースより)

「資源株とは何か」を簡潔に紹介。また、資源株高騰の根拠になる話(新興諸国の成長)、各資源(原油、天然ガス、総合資源など)の概要や需要動向など、資源株を買うに当たっての口座開設の仕方や情報収集方法のほか、お勧めの資源株を厳選して紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 289ページ
  • 出版社: パンローリング (2008/3/13)
  • ISBN-10: 4775990675
  • ISBN-13: 978-4775990674
  • 発売日: 2008/3/13
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 999,050位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2008年3月20日
形式: 単行本(ソフトカバー)
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告