中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 はなひ堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付属しております。特に目立ったキズなどもなく、良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界潮流の読み方 (PHP新書) 新書 – 2008/12/16

5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 25,382 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

サブプライム問題はなぜ起きたのか? 欧米の失速で日本経済はどうなる?
アメリカ発の金融危機が世界を震撼させているが、「ドル覇権の終焉」を唱えるのはまだ早い、
と著者は言う。柔軟性と融通性を持ち、強固な政治組織を有するアメリカの底力を
冷静に見極める必要があるのだ。そして、日本はかつてのバブル崩壊の経験から得た教訓を、
今こそ世界に知らしめるべきである──。本書は、『エコノミスト』元編集長が、
世界を駆け巡りながら考察したコラム&評論集である。視点をアジア、欧州、中東、
アフリカにも広げ、地球規模の考え方を提示する。「バブル崩壊の危険性をはらむ中国」
「インドは製造業大国になる」「イタリアは日本に学べ」「イランの核問題に潜む危険」……。
さらに、原油価格の高騰、地球温暖化抑止対策、オバマを選んだアメリカの本質など、
時々刻々と変化する世界の情勢を、冷静かつ大胆に見通す。グローバリゼーションを
理解する恰好の書である。

内容(「BOOK」データベースより)

サブプライム問題はなぜ起きたのか?欧米の失速で日本経済はどうなる?アメリカ発の金融危機が世界を震撼させているが、「ドル覇権の終焉」を唱えるのはまだ早い、と著者は言う。アメリカの底力を冷静に見極める必要があるのだ。英『エコノミスト』元編集長が、世界を駆け巡りながら考察したコラム&評論集。視点をアジア、欧州、中東、アフリカにも広げ、地球規模の考え方を提示する。「インドは製造業大国になる」「イタリアは日本に学べ」「イランの核問題に潜む危険」…。国際情勢を見直す眼を養う一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 282ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2008/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 456970431X
  • ISBN-13: 978-4569704319
  • 発売日: 2008/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 305,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 TACO VINE メンバー 投稿日 2009/2/11
形式: 新書
他のレビュアーの方が描かれていますが、一つの時事ネタに対しあまり深く突っ込んだ
分析をしているようには感じないかもしれません。
ただ著者は敢えてそうしているように思えますし、だからと言って
内容が無い訳ではなく、博識な著者の見解・見通しを
知る事が出来るので「浅く広く」を望むなら満足の得られる本だと思います。
世の中がどうなるかなんて誰にも予想できない訳ですし、一人のジャーナリストの
意見を楽しめば良いと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
◆本書帯に、「世界同時不況で、欧米、日本、アジアはどうなるのか? 英国「エコノミスト」もと編集長が冷静かつ大胆に予測する!」と書かれている。

◆昨年末に出版されたちょっと古い本だったが、でも1年も経っていないのだから、興味深い話が載っているのだろうと期待して読んだ。

◆が、なんかちょっとピントがぼけているような話が多く感じた。なんかおかしいと感じながら読み進めていくと、途中で「アメリカの大統領がマケインになるかオバマになるかまだ決まっていないが」という内容になり、慌てて奥付を見たら、2006年7月から2008年末頃までに、日本の「潮」「朝日新聞」「voice」に寄稿された経済コラムを単に再掲しただけの書であることが判明。本書は原文を元に翻訳を改め大幅加筆したとあるが、原文は加筆されていないんでしょ。

◆新聞や雑誌に寄稿される経済コラムは、時事的な内容になることが多く、そのとき読むには良質な記事であることが多いけど、月日が経つと色褪せる。本書は、ためになる話、考えさせられる話、感心する話などが載っている一方で、ピントのぼけた話、予測が外れてる話、知識不足を誤魔化している話なども散見された。

◆中途半端な内容で書籍化したのは失敗だったのでは無かろうか。すくなくとも、原著者の大幅な加筆修正が必要だったのではないだろうか。誠に残念である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 いつものエモット節、幅広く薄くやや散漫な政治経済ネタ。最近だとアジア三国志の世界版か。当然、さらに内容は浅く、どれもいまひとつパンチがない。
 思うに、この人の立ち位置も視点も変わってはいないのだろう。が、今時この程度の情報はネットでいくらでも手に入るわけで、相対的に地盤沈下しちゃっているわけだ。
 ネットやらない、時事ネタを幅広く欲しいと言う人にはいいのかも。
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
元「エコノミスト」誌の編集長である著者が
「潮」「朝日新聞」「VOice」に書いたコラムを元にまとめた本。

内容的には、サブプライムなどに端をなす欧米経済の失速、
日本の外交・政治問題への提言、
中国バブルとその今後、
インドなど日本での注目が低いアジア諸国との連携の重要性、
中近東とアフリカ、地球温暖化問題について、など。
世界のあちこちの政治と経済についてです。

ほぼ毎月、世界中を旅行していると自身で語るだけあって
著者の視点は、ひとつの国や観点に固執せず
ものごとの事象を柔軟に結びつけ、世界の潮流を観察している感じがしました。
この本が出版されてから現在の社会事情を鑑みると
少し楽観的な予測がなされている感じはありますが
いくつもの興味深い視点をきりだしていただいて、おもしろかったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
英「エコノミスト」誌の元編集長の著者による世界のさまざまなできごとの見方を書いたもの。
他のレビューアも指摘するように、本書の難点は編集と翻訳である。もともと時期の異なる雑誌記事をまとめたものであるから、その後の事態の推移によって当てはまらなくなる事項も出てくるのはしょうがないところがあるのは理解できる。ただし、それをあたかも一つの統一したものの見方のようにして提示することは、いくらなんでも問題だろう。いっそのこと、初出記事そのものを編集せずに時系列で出す方がよっぽど読者には親切だ。繰り返すが、書いてあることが時代背景とともに変化することはやむを得ないところがあるが、それがコンテクストから切り離されて出されるのは読者、著者双方にとって不親切なことだ。
翻訳についても他のレビューが指摘する通りで、このレベルでは素人仕事と言われてもしょうがない。
本の内容についてはいつものエモット節でイギリス人的なセンス(評者はこれは嫌いではない)も健在だが、それだけになおさら編集と翻訳のダメぶりが目についてしまう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告