新品:
¥3,190
ポイント: 87pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送: 9月25日 土曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
8 時間 33 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
代わりにKindle電子書籍が利用可能になりました。無料Kindleアプリでどのデバイスでもお読みいただけます。今すぐ聴こう。 Audibleをお試しください。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
世界標準の経営理論 がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

世界標準の経営理論 単行本(ソフトカバー) – 2019/12/12

5つ星のうち4.4 765個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
単行本(ソフトカバー)
¥3,190
¥3,140 ¥3,184

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 世界標準の経営理論
  • +
  • 両利きの経営
  • +
  • ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界の経営学では、複雑なビジネス・経営・組織のメカニズムを解き明かすために、「経営理論」(management theories)が発展してきた。その膨大な検証の蓄積から、「ビジネスの真理に肉薄している可能性が高い」として生き残ってきた「標準理論」とでも言うべきものが、約30ある。世界の経営学者の英知の結集である。しかし、その知の大部分は学者だけの財産として眠っており、体系化も十分にされず、当然ビジネスパーソンにも知られてこなかった。これは、その標準理論を解放し、可能なかぎり網羅・体系的に、そして圧倒的なわかりやすさでまとめた史上初の書籍である。

著者について

入山 章栄(いりやま・あきえ)
早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授
慶応義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。 三菱総合研究所で主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールアシスタントプロフェッサー。2013年より早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。2019年から現職。Strategic Management Journal, Journal of International Business Studiesなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表している。著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)がある。

出版社より

本書
経営理論

絶賛の声、続々!

野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授) 「未来の経営学をつくる独創的指南書だ! 」

琴坂将広氏(慶應義塾大学総合政策学部准教授) 「もはやこれを読まずして経営学は語れない」

2つの道筋

本書が目指すのは第2のルート。フレームワークはwhyに応えないので、思考の軸にならない

『世界標準の経営理論』本書が目指すのは第2ルートだ。

つまり図表の左側、すなわち、世界の最先端で経営学者たちが発展させてきた「経営理論」のうち、「標準」といえるものを約30選び抜いて、それを体系的に、基本原理から丁寧にわかりやすく紹介することだ。第2章などの例外を除き、フレームワークは本書ではほぼ紹介しない。フレームワークはwhyに応えないので、思考の軸にならないからだ。むしろ、whyを考えずに闇雲にフレームワークだけを当てはめることは、ビジネスパーソンの思考を閉じ込めることになりかねない、とすら筆者は考えている。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ ダイヤモンド社 (2019/12/12)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/12/12
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 832ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4478109575
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4478109571
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 765個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
765 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト100レビュアー
2019年12月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
283人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
137人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 悩み多き実務家にこそ読んでほしい
ユーザー名: 調達戦略実践家、日付: 2019年12月15日
これは「世界で標準となっている経営理論」を可能なかぎり網羅・体系的に、そしてわかりやすくまとめて皆さんに紹介する、世界初の書籍である。

私は本の一番最初の節にあるこの文に著者のこだわりビンビンと感じます。それは、1. 日本ではほとんど知られていない経営理論を紹介したい、2. 経営理論という膨大に蓄積されているナレッジを網羅的に体系化したい、3. 通常の人では取り扱いにくい経営理論を分かりやすく紹介したい、4. 経営理論の素晴らしさをむしろビジネスパーソンに理解してもらいたい、5. 最後にこういった誰もが行っていない挑戦に世界で初めて取り組みたい、整理するとこんなこだわりではないでしょうか。

私がこの本を実務家に進めるのか、それはこの本でも紹介していますが、経営理論ファーストで本が書かれているからです。経営理論には不変性、汎用性、納得性という特長があります。その特長ゆえ、実務家の悩みの多くが、実は経営理論で説明できることが多くあるのです。

例えば、取引費用理論やエージェンシー理論から組織の軋轢がなぜ起きるのかを考える、リーダーシップ理論から死んでいる組織をイキイキした組織に変革する方法を考える、認知バイアス理論から組織のダイバーシティを考える、などです。

このように、実務家の悩みそのものが経営理論によって「言語化」されていることに気付く事ができると、この本の素晴らしさが理解できると思います。あーそれそれ、なるほどそうか、じゃああれって何なんだっけ。そういう風に皆さんの悩みと経営理論を往復すること、この知の往復こそ、著者が望んでいる風景だと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
132人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
82人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
75人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 経営学トップジャーナルの知見が得られる!
ユーザー名: あんじゅれ、日付: 2019年12月22日
著者が過去に刊行した書籍ではじめて、経営学における「トップジャーナル」の存在を意識するようになり、実務への示唆も大きかった。
HBR誌で長期連載されていた際には、部分的にkindleで購入するのみであった。
今回、長期連載を更にアップデートする形で、800ページ超の書籍として誕生した。

どこのページにも、アメリカを中心とする経営学トップジャーナルの知見が盛り込まれており、前著までよりも、幅広い範囲をより深く扱っている。
目次のあとにある1ページ目の、「ビジネス現象と理論のマトリクス」を見ると、本書が扱っている範囲の広さと、既存の経営学書には見られない(しかし世界のトップジャーナルでは議論されている)内容が多いことに気づくだろう。
比較的、既存の経営学書でも見かける内容(ポーター、5フォース、ゲーム理論etc)が多い、第1部の経済学ディシプリンの経営理論を読むだけでも、明解な論拠と平易でイメージが湧きやすい解説を実感出来る。

正直、まだ全体を深く読見込めてはいないが、著者も前書きで述べているように、興味の深い章から読み進めて、経営理論の教科書として、今後10年の座右の書としたい。

※異常な厚さなので重さを測ったら約1kgでした。3,000円で出版社は元が取れるのでしょうか。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
44人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告