¥1,760
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
世界標準の戦争と平和 ーー初心者のための国際安全保... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


世界標準の戦争と平和 ーー初心者のための国際安全保障入門 単行本(ソフトカバー) – 2019/10/11

5つ星のうち4.9 16個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,760
¥1,760 ¥1,400

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 世界標準の戦争と平和 ーー初心者のための国際安全保障入門
  • +
  • 敷金・職質・保証人―知らないあなたがはめられる - 自衛のための「法律リテラシ―」を備えよ - (ワニブックスPLUS新書)
  • +
  • フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)
総額: ¥3,608
ポイントの合計: 63pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

「安全保障って、さっぱりわからない」「尖閣とか北朝鮮とか沖縄基地問題とか、難しそう」「ニュースを見ても理解できない」「ミギとかヒダリとか怖そうな話ばかりが飛び交っていて、かかわりたくない」……。
そんな読者に向けて、米コロンビア大学大学院で「軍事・安全保障論」の修士号を取得した著者が、兎に角「わかりやすく」をテーマに懇切丁寧に説いた入門書です。 「こんなにわかりやすい話だったのか!」と目から鱗の話が満載で、読み始めると途中で止められないこと請け合いの面白さ。最後まで読めば、世界情勢がこれまでよりずっとクリアに見えてくる!ニュースを深く理解できるようになる!

この本で強調される大切な考え方
●世界の安全保障の主舞台は「海」である。
●「海」と「陸」の視点から世界や歴史を見ると、戦争と平和の話の理解が容易になる。
●安全保障は軍事とイコールではない。
●実際に必要な12の思考
・リスクを見積もる時、自国政府の公式声明や公式文書、報道発表だけに依存してはならない。
・自国政府の公式声明や公式文書、報道発表だけに依存した報道や論考、主張は警戒する。鵜呑みにせず疑う。
・100年単位、世界地図単位のビッグピクチャーから現実を見る。
・自国の視点だけから考えていてはいけない。相手国の視点から見れば、同じ現実でもどう見えるのかを考える。
・シグナリングを見落とすな。
・国際関係は異文化交流である。自国の価値観で他国の行動を評価・予測してはならない。
・事実と願望を混同してはならない。
・外政と内政は連続して一体である。
・2国間での政策は、他国との関係にも影響する。世界は2国間ではなく多国間で成り立っている。
・安全保障政策はベネフィット・ロスの差し引きである。
・「好き嫌い」「善悪」「勝ち負け」などの価値判断は現実を理解する敵である。
・政策決定は多様なプレイヤーが参加する重層的なプロセスである。単層的な思考をしてはならない。

目次
第一章 海と核兵器
第二章 シーパワーとランドパワー
第三章 「安全保障イコール軍事」という誤解
第四章 ケーススタディ尖閣諸島
第五章 普遍的な見方

________________________________________著者略歴
烏賀陽弘道(うがや・ひろみち)
1963年、京都市生まれ。京都大学経済学部卒。1986年、朝日新聞社に入社し名古屋本社社会部などを経て1991年からニュース週刊誌『アエラ』編集部員。1992年に米国コロンビア大学国際公共政策大学院に自費留学し、軍事・安全保障論で修士号を取得。1998〜1999年に『アエラ』記者としてニューヨークに駐在。2003年に退社してフリーランスの報道記者・写真家として活動している。これまでに19冊の著作がある。主な著書に『フェイクニュースの見分け方』『報道の脳死』(新潮新書)『原発難民』(PHP新書)『敷金・職質・保証人』(ワニブックスPLUS新書)『「Jポップ」は死んだ』(扶桑社新書)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)
我々日本人がガラパゴス状態で理解していない「安全保障」について、最前線で学んで修士号を取得した著者が、懇切丁寧に説いた「目から鱗」の書。。

内容(「BOOK」データベースより)

国際社会は「経済力」「政治力」「情報力」「軍事力」=「力」のぶつかり合いである。それぞれが「国益」を最大化しようと主張と行動を繰り広げる。そんな現実のなかで生き残るための思考の方法を、初心者でも理解できるよう基礎から丁寧に説いていく。目からウロコの話が満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 319ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2019/10/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594082335
  • ISBN-13: 978-4594082338
  • 発売日: 2019/10/11
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,232位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.9
評価の数 16
星5つ
91%
星4つ
9%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

14件のカスタマーレビュー

2019年10月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年10月20日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年10月16日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年10月12日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年10月15日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年10月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年10月20日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年10月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告