この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった (日本語) 単行本 – 2016/3/30

5つ星のうち4.7 12個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,980 ¥178
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

中国株暴落から、原油安、ユーロ危機へと伝播した負のサイクルは金融市場をパニックに陥れた。世界はマイナス金利からデフレ恐慌へと転落するしかなくなった。中国発のバブル崩壊はユーロへと連鎖―リーマンショックをはるかに超える悲劇の第2幕が世界を震撼させる!

著者について

1952年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。クレアモント大学大学院修士課程を経て、ハーバード大学政治学部大学院博士課程退学。ハーバード大学国際問題研究所・日米関係プログラム研究員、政治学部助手を経て1988年帰国。文化放送でパーソナリティー兼ニュースキャスター。また、明治大学、千葉商科大学等で、教鞭をとる。近年はYouTubeなどで、様々なメッセージの動画配信を行っている。テレビ朝日「朝まで生テレビ!」やラヂオつくば「KG Project」などのテレビ・ラジオ出演も多い。1982年8月以来、発行している会員制情報誌「ケンブリッジ・フォーキャスト・レポート」において、1990年代の日本のバブル崩壊、アメリカの株価上昇、2008年9月以来の世界金融恐慌などの予測を的中させる。近著に『紛争輸出国アメリカの大罪』(祥伝社新書)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
評価の数 12
星5つ
70%
星4つ
30%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

ベスト1000レビュアー
2017年6月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2018年1月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年7月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年8月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年5月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2016年4月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告