通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGH... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバー、本体に若干の傷み、使用感はありますが、その他は書き込みなどはなく、中古品としては、おおむね問題のない状態です。しおり同封の上、丁寧に梱包してお送りします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫) 文庫 – 2011/5/25

5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 926
¥ 926 ¥ 169

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)
  • +
  • 飼い喰い――三匹の豚とわたし
  • +
  • 身体のいいなり (朝日文庫)
総額: ¥3,604
ポイントの合計: 110pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「食べるために動物を殺すことを可哀相と思ったり、屠畜に従事する人を残酷と感じるのは、日本だけなの?」 アメリカ、インド、エジプト、チェコ、モンゴル、バリ、韓国、東京、沖縄。世界の屠畜現場を徹底取材!!

内容(「BOOK」データベースより)

「食べるために動物を殺すことをかわいそうと思ったり、屠畜に従事する人を残酷と感じるのは、日本だけなの?他の国は違うなら、彼らと私たちでは何がどう違うの?」アメリカ、インド、エジプト、チェコ、モンゴル、バリ、韓国、東京、沖縄。世界の屠畜現場を徹底取材!いつも「肉」を食べているのに、なぜか考えない「肉になるまで」の営み。そこはとても面白い世界だった。イラストルポルタージュの傑作、遂に文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 478ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043943954
  • ISBN-13: 978-4043943951
  • 発売日: 2011/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 85,885位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
屠蓄の行程などが細やかなイラストと描写によって丁寧に説明されていて、非常に興味深かった。

各国の屠蓄模様や、家畜を殺して肉にすること、それを実行する人に対する意識の違いも浮き彫りにし、いろいろと考えさせられる。んが、ちょっと著者の一人よがりすぎる主観や根拠のよくわからない先入観に基づく物言い、好みなどが強く出すぎている部分があり、それに完全に趣向できない部分ではちょっともやもやした感情を抱かざるを得なかった部分もあるので、人によって好みは分かれそうな本ではある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
アジアを中心とする豚や牛、そして犬の屠畜の仕方や周縁に広がる文化や人情を
作者の素晴らしい取材力と所々に書かれたデッサンが、忌憚なく書かれて
おり、少しでも興味があるならば読んでみたら面白い。
本来ならばその他にない内容を微細に渡り書かれており称賛に値するので
評価は5だが、食肉業界に横たわる差別に関する優れた記述がある一方で、
我が国のその現状のみならずその他事象に関しても「日本の現状は最低」と不当に貶めている
表記が散見され不愉快なことから、評価は3とします。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
以前購入したものを再読。独特な味のある細微なイラスト、平易で実感の籠った文章、特に私もよく訪ねているバリ島編での、現地で会社経営している徳武氏の描写は秀逸で大変面白く読んでいた。が、だんだん嫌になってくる。それは屠畜に関して、嫌だとか怖いとか思うのでは全くなく、著者の、ただただ「屠畜(する人)カッコイイ!」、そして更に少し意地の悪い言い方をすれば、そういう自分はカッコイイという臭いに辟易としてくる。また、リベラリズムやエコロジカルなもの、動物愛護・環境保護、オーガニック、菜食主義等に対しての、論考の甘さ、偏見、バイアスのかかり具合、(自分の持っている)イメージだけで話を進めていく様の酷さにはほとほとウンザリさせられる。結局、著者が屠畜に対する差別や偏見に憤っているのにも関わらず、その同じことをそれ以外の人・事に対して繰り返しているとしか思えないし、著者が目指す差別の払拭の一助に、という目的にも反する結果に終わっているように思えた。『屠畜カッコイイ!原理主義』でそっから先に全く進まないんだからそれも仕方ないのだろう。情報も中々無く、実際に見ることが簡単ではない屠畜現場の様子を知ることが出来るのは価値があり非常に興味深いのに、読後感は嫌な後味なのが本当に残念だ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
韓国、バリ、エジプト、イスラム諸国、チェコ、モンゴル、沖縄、東京、インド、アメリカの屠畜事情がもりだくさんにレポートされていて興味深い。
しかしながら、レポート内容に著者の主観・偏見が強すぎて読んでいてつらい。文章も「すごいすごい!」とか「わくわくして待っていると…」とか「…な私なのである」とかといった小学生の作文のような調子でうんざりしてしまう。

「日本にある屠畜に対する忌避への疑問→他国の考え方をレポート→すごいすごい!→こんなことに興味がある私ってどこへ行っても変な女なの→日本はだめだ、屠畜を嫌う人はだめだ」
レポートの1から10までがずっとこんな調子で論が進まない。
屠畜論ではなく屠畜紀行なのだから当然なのかもしれないが、読み物として単調にすぎる。

単行本の★1や★2のレビューが、この本のそのあたりのモヤっとする部分をうまく説明してくださっているので参考になると思う。

作者の論調が三流以下なので屠畜や血への忌避の何故について知りたい人は別の本を読んだ方がいい。
ただ取材内容は本当にすばらしいので、文庫ではなく絵本のような作品にした方が作者のレポートの価値が高まるんじゃないだろうか。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
トマス・ハリスの羊たちの沈黙(さいれんとおぶざらむず)を直前に読んだ。
主人公が子供の頃に聴いた夜明け前の羊の悲鳴がトラウマとなっているところが話のキーになっていて、トマス・ハリスがなぜそんな謎めいたプロットを入れたのかは難解で知るよしもないが、私の知人にも子供の頃に聴いた豚のと畜場の断末魔が耳に残っているという人がいる。戦後世代の私の母は幼少時に雀を捕って食べたら美味かったと聞いたことがあるが、私自身毎日口にする肉を自分で屠(ホフ)り食した、という経験がなく、そのようなひとこそ楽しめる本なのだと確信。つまり興味本位で「かる~い気持ち」で読む本なのだ。あらゆる獣肉を屠殺・解体する場面を読み進めていくと、これが人肉ならどうであろう?という疑問が浮かぶまでにそう時間はかからない。(最初っから孔子のエピソードもでてくるのだが興味深い民族風土の情報も多い。)
私も飢餓状態に陥り、目の前に人肉があれば貪るのだろうか?羊たちの沈黙のもそういう暗喩なのかもしれない。
緻密なイラストがとても綺麗で惹き込まれるし、なんといってもオシャレ感がでていて良い意味で現実味がない。
ただ、著者は愛をもって書いていて、軽薄だとかそんな印象はなく濃密なレポートに裏打ちされているという印象。
哲学を求めるひとが物足りないと断じてしまうにはあまりに惜しい一冊だ。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー