通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
世界商品と子供の奴隷―多国籍企業と児童強制労働 がカートに入りました
+ ¥340 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 使用感や痛みが少々ありますが、中古品としては概ね良い状態です。付属品がある商品は 、その旨を記載しております。帯やCD、DVD、おまけや付録などの初回限定特典は、原則ついてないこと、またプロダクトコードなどは使用済みとお考え下さい。●基本的には、ご注文から2日以内に発送しております。ただし、商品によっては3~5日程度お時間をいただく事もございます。●商品は、他のサイトにも併売しております。在庫切れの場合には迅速にキャンセル、またはお取り寄せのご連絡をさせていただきます。ご了承ください●商品の梱包は地球に優しいリサイクル梱包。ビニール包装で防水状態にして発送いたします。●通常はポストへの投函となりますので、ご不在の場合でも受け取ることができます。※ただし、商品の大きさやポストの大きさによっては例外もございます。●在庫倉庫にスタッフ常駐してないことや、多数の商品を取り扱っているので、商品の個別のお問い合わせに関しましては対応いたしかねます。●また、日時指定やお急ぎの出荷にも対応いたしかねますので、お急ぎの際は PRIME 対象商品からご購入いただきますようお願いいたします。●商品は、あくまで中古品です。完璧な商品をお求めの際は、新品の商品をお選びくださいませ。よろしく、お願いいたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


世界商品と子供の奴隷―多国籍企業と児童強制労働 (日本語) 単行本 – 2009/3/1

5つ星のうち3.9 7個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,080
¥3,080 ¥1,921
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 世界商品と子供の奴隷―多国籍企業と児童強制労働
  • +
  • 移民政策とは何か: 日本の現実から考える
  • +
  • なぜ世界の半分が飢えるのか―食糧危機の構造 (朝日選書 (257))
総額: ¥7,150
ポイントの合計: 105pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


夏先取りSALE開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 夏先取りSALEを今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「南部化するアメリカ」と「アメリカ化する世界」。誰もが知っているナイキやネスレやマクドナルド…。営利至上の世界企業が支配するグローバル経済の最底辺から、「最悪の形態の労働」にあえぐ子供たちの実像が浮かび上がる。コーヒーやサッカーボールや携帯電話など、身近にあふれる商品に埋め込まれた驚くべき実態を一望する警世の書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

下山/晃
1954年大阪府生まれ。日本大学商学部大学院、大阪府立大学経済学部大学院研究生、九州共立大学経済学部専任講師・助教授を経て、大阪商業大学総合経営学部教授 博士・経済学(大阪府立大学)。国立民族学博物館共同研究員(2005年~2008年)

辰本/実
1967年大阪市生まれ。1986年広島県立高陽東高校卒業。1992年同志社大学商学部卒業。旧ユーゴスラヴィア内戦を皮切りに世界各地を取材。テーマは戦争。2005年同志社大学学生支援課勤務。テーマはコミュニケーションの溝の克服。2008年同校退職。取材活動を再開。テーマは共生(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
評価の数 7
星5つ
51%
星4つ
17%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
32%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2009年4月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年12月13日に日本でレビュー済み
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年10月12日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年4月24日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年10月8日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年3月15日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告