通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【安心・迅速なAmazon配送センターからのお届けです!】★2013年9月4日第2刷発行 ★帯なし ★カバー表面に微スレ・上部にヨレがあるためコンディションを「良い」とします ★中身につきましては、書き込み・汚れ・折れ・開きグセは見当たらず綺麗な状態です 【丁寧な検品を心がけておりますが、人の目による確認のため見落としの可能性もございます。実際の状態と大きな相違がございましたら、お手数ですがメールにてご連絡願います。迅速・真摯に対応させていただきます】 ★カバー除菌クリーニング後、OPP袋にて梱包した上から管理シールを貼付済みです
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった 単行本 – 2013/7/22

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 997

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった
  • +
  • 世界史劇場 第一次世界大戦の衝撃
  • +
  • 世界史劇場 ロシア革命の激震
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

まるで劇を観ているような感覚で、楽しみながら歴史を“体感"できるシリーズ第2弾。なぜ日清・日露戦争が起こるに至ったのかを、世界史的視点からドラマティックに描いていきます。中国・朝鮮・日本は列強の脅威にさらされ、どのようにそれを乗り越えようとしたのか。そしてそれがもたらした結果は何であったのか?19C後半から20C初頭の東アジアの歴史をくわしく見ていきます。臨場感あふれる解説と歴史が“見える"イラストが満載で、歴史が苦手な方でもスイスイ頭に入ってくる一冊!

内容(「BOOK」データベースより)

日清・日露戦争にいたる東アジアの激動の歴史を、深く掘り下げてくわしく解説。まるで映画や舞台を観るような感覚でスイスイ読めてわかりやすい!歴史が“見える”イラストが満載!歴史を学びなおしたい大人から、歴史が苦手な高校生まで楽しめる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: ベレ出版 (2013/7/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860643615
  • ISBN-13: 978-4860643614
  • 発売日: 2013/7/22
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,631位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
20世紀初頭。「眠れる獅子」と言われた清国は斜陽の時を迎えていた。
長年に渡る安定で宮中に腐敗や賄賂や汚職が蔓延り、国は乱れていた。

そんな中、欧米列強は蒸気船で海を越えて遂にアジアへ進出してくる。
彼等の目的は「植民地の獲得」。アジアの端にある日本も朝鮮と共に標的となる。
当時の日本は鎖国の江戸時代だが、海外からの圧力に抗しきれず開国する。

内乱を経て「明治政府」として生まれ変わった日本を待ち受けるのは欧米列強の植民地政策の真っ只中に放り出されるというものだった。
地理的にアジアの端にある日本にとって清、そして朝鮮の弱体化は欧米の侵略の標的となる危険が増すことを意味した。
自衛のために積極的に外へ打って出なければならない日本。
日本と同じく鎖国状態にあり、清国の下で安穏としていればいいと勘違いしていた朝鮮を武力で開国させる。
清国は西太后の独裁で軍事費もまともに捻出できない有様。それでも腐っても鯛。近代化を推進して生まれ変わろうとしていた。
けれど日清戦争では日本に大敗。清の弱体化を見た欧米は早速、三国干渉で日本から奪い返した清の領土を占領。
事実上の「分割支配」と化した。

中でもロシアは南下の野望が顕著で、満州の反乱を鎮圧し
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 日清戦争、日露戦争に至る東アジアの歴史を200年以上前の
清朝第4代皇帝康熙帝の事から始めています。歴史の中の
ある一瞬でしかない出来事が数百年の流れの中での必然の帰結だ
と教えているようで感心しました。
 時間の経過の中で広範な地域でバラバラに無秩序に起きてた
無数の出来事がしっかり繋っていた、そして日清戦争、日露戦争
として焦点があった、と教えてくれます。
脱帽です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
だが、「はじめに」で100年前の価値観に基づいて判断する、と書いておいて
本文1ページ目から白人のアジア侵略をこき下ろす筆者の歴史相対主義観とは何なのだろうか。
「ロシア革命の激震」の社会主義論でも感じたことだが、当時の出来事を物語として語っているためわかりやすく読める。
しかし視点を過去の人物の境遇に移して見ていない、文化を優劣の視角から捉えるエスノセントリック(自文化中心主義)な態度がチラホラ伺えるので、
歴史の流れを把握したら他の著者の歴史書も読んでみて、自分で考えてみることを是非オススメします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 私は著者の講義を大学受験時に受けましたが、その当時から言っていることや話していることがどんどん頭に入ってきてしかも忘れないということを経験しました。
もともと、私は歴史は得意なほうではあったが「この出来事ってなんで発生したのだろう?」と疑問に思うことそれ自体が、中学高校の歴史の授業では邪魔なことのように思われました。

中学高校の授業はバラバラの言葉を文字として頭に記憶させないといけなかったので、苦痛でした。
私ですら苦痛なので、苦手でしょうがないという人の苦痛は想像に絶するものがあります。

 だが、著者はマクロな視点からその出来事がどのような影響を受けて発生したのかを「字で覚えようとするからダメなんだ!!」と地図をもとに説明し、細かい混乱する似た言葉は語源から説明し、
理解してゆけるので一回聞いたら忘れたくても忘れない状況になりました。(その分密度が濃くて、時間も長かったですが・・)
世界史で「カタカナ覚えるの苦手」「日本史のほうが世界史より負担軽そう」と苦しむ人々に広く知られるべき!!と18歳のころ思ってました。
「いつか本を出そうと思いまとめている」と当時著者は語ってましたが・・・・

 そうやって、出てきた本のうちの1冊がこれです。中身の文章は著者の講義時の口調
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロン 投稿日 2013/12/3
形式: 単行本
面白く拝読させていただきました。イラストがとてもよくできています。背景知識もよく書かれています。ただし、かなり著者独自の見解が書かれており、記述式問題を解くときには注意が必要です。受験を離れれば、とても良い教養書といえると思います。続巻が期待されます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー