世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 900
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ベリーストア
カートに入れる
¥ 940
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 高木堂
カートに入れる
¥ 2,059
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD]

5つ星のうち 3.4 209件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,065
価格: ¥ 800 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,265 (74%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、LGショップ ~迅速・丁寧に発送をします~が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD]
  • +
  • バトルシップ [DVD]
  • +
  • オブリビオン [DVD]
総額: ¥2,654
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アーロン・エッカート, ミシェル・ロドリゲス, ラモン・ロドリゲス, ブリジット・モイナハン, Ne-Yo
  • 監督: ジョナサン・リーベスマン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2011/12/21
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 209件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0061HF34O
  • EAN: 4547462076489
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 43,581位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

戦うしか、選択肢はない。

世界侵略:ロサンゼルス決戦

【STORY】
あの「ロサンゼルスの戦い」から69年後、遂に“彼ら”が地球に上陸する日がやってきた――。
大量の流星群と思われる未知の物体が世界中に降り注ぎ、正体不明の何者かが海岸に出現、猛攻撃を受け各都市が崩壊する中、
ロサンゼルスも瞬く間に壊滅寸前に追い込まれる。だが逃げ遅れた3人の子供を含む民間人5人がロス西警察署に取り残されていた。
救出のため駆り出されたのは、マルチネス少尉以下、退役間際のナンツ軍曹、過去ナンツの指揮下で兄を失ったロケット伍長、結婚式目前だったハリス伍長ら、10人からなる海兵隊2-5小隊。
人類が初めて遭遇する攻防戦は、目に見えない敵との接近戦だった。廃墟となった街、視界を遮る砂塵、
一人、また一人と激しい市街戦で仲間を失い、退路も失う中、果たして彼らは、そして人類は生き残れるのか―!?。

【キャスト】
監督・・・ジョナサン・リーベスマン(黒の怨(うらみ)、実験室KR-13)
製作・・・ニール・H・モリッツ、オリ・マーマー
脚本・・・クリストファー・バートリニー(将軍の娘/エリザベス・キャンベル)
撮影・・・ルーカス・エトリン(ファンボーイズ、ネバー・バックダウン)
音楽・・・ブライアン・タイラー(ファイナル・デッドサーキット 3D、エクスペンダブルズ、ワイルド・スピード MEGA MAX )

【映像・音声特典】
★メイキング・ドキュメンタリー集(4種) 
・決戦の舞台裏/・エイリアンの誕生:制作から撮影まで/ ・戦闘準備/・ロサンゼルス in ルイジアナ
★予告編集

世界侵略:ロサンゼルス決戦 世界侵略:ロサンゼルス決戦 世界侵略:ロサンゼルス決戦

【Copyright】(C) 2011 Columbia Pictures Industries, Inc. and Beverly Blvd LLC. All Rights Reserved.
※発売前のジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

あの「ロサンゼルスの戦い」から69年後、遂に“彼ら”が地球に上陸する日がやってきた―。世界最高レベルの最先端VFXで描かれるノンストップSFバトル・アクション!正体不明の何者かが出現し、ロサンゼルスが壊滅寸前に追い込まれる。海兵隊の小隊が逃げ遅れた民間人を救出に向かうのだが、一人、また一人と仲間を失う…。果たして彼らは、そして人類は生き残れるのか!?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
ありそうでなかったエイリアンvs海兵隊のSFアクション映画です。 空中戦はなく地上戦がメインです。

ストーリーは単純で、ほとんど戦闘ばっかりですが、市街戦から篭城戦、乗り物での脱出、巨大な敵司令部との決戦などバリエーションがあり最後まで飽きませんでした。 最初の作戦会議やヘリで空港に移動するシーンの時点でテンション上がりまくり、戦闘が始まってからは最後まで緊張感が持続します。

この映画では基本的に外部の情報はテレビの報道映像や無線でしか入ってきません。(つまり観客も主人公と同じ環境に置かれる)
まるで自分もそこにいるかのような臨場感が出ていい演出です。
人間ドラマは薄いと言われてますが、高速道路での小隊長のシーンやスーパーマーケットでの軍曹と部下の会話の場面は良かったです。

個人的には、もう少しSF的要素やもっと大規模な戦闘シーンが欲しかった気がしますが、劇場で高い金払って見る価値は十分ありました。

賛否両論なこの作品ですが、低評価のほとんどはフィクションの娯楽映画にまで政治の話を無理矢理持ち込んでインテリを気取ってる連中の取るに足らない意見です。
SF映画にまでプロパガンダだの何だの言ってアメリカ叩きをしないと気が済まない奴は何が楽しくてアメリカ映画を見るの
...続きを読む ›
コメント 139人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
予想外によく出来た映画。
人間像もそこそこ描いており、薄っぺらな映画にはなっていない。
アクション映画と観ても合格点。 エイリアンが驚愕の強さではなく、最新兵器で互角に戦えるというのがみそ。
でないと、映画は数十分で終わってしまう内容。
なので、派手なドンパチ映画の好きな方オススメ!
1 コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
得体の知れないエイリアンVS人間というありがちな設定ですが、
この作品の醍醐味はリアリティが+されたとこでしょう

美男美女の役者は使わず、カメラワークもわざとブレさせたりして臨場感を演出したり
「退却、糞くらえ!」
この作品の名セリフですね!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
内容は、地球に大量の隕石が大都市に近い海に落下。しかしそれらの動きが、自然でないと考えた米国は軍隊に出動を要請するのでした・・

 宇宙人の攻撃歩兵部隊に掌握されたロサンゼルス。脱出できなかった民間人を救出すべく派遣された海兵隊員たちは民間人を救出して脱出できるのか、また敵の司令部は破壊できるのか・・という内容です。

 見るまでは正直あまり期待していませんでした。しかし、開始15分あたりから銃撃戦(敵はレーザーみたいなのを撃ってくる)が始まると、ほとんど最後までノンストップで戦闘シーンが持続するというのには驚きでした。

 しかも、大体この手の戦闘ものは、戦闘シーンが夜が多く、なにがどうなっているのやらさっぱりわからなかったものが多かったですが、これはほとんどの戦闘シーンが昼と朝でしっかりと見え、かつCGもよくできていてグッドでした。

 さらに、この手の映画は、歩兵、空軍、海軍、民間人、政府要人など視点があちこちに飛ぶのが普通で、そのたびにテンションが途切れるものが多かったのですが、これは最前線の、しかも歩兵の視点のみに徹底しているところから、ブラックホークダウンのような緊張感が最後まで持続するところもよかったです。

 この手の映画で、これだけ長時間の戦闘シーンに拘った映画はな
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
「ハンナ」の廉価版にも記載しましたが、この廉価版も同様、映像特典は収録されていません。

従って、映像特典がご覧になりたい方は通常版を、本編のみで良いという方は廉価版を、という事になります。

商品説明欄には、通常版との違いの記載が一切ありません。確かに、映像特典自体の記載はなされていませんが、実物のパッケージで初めて分かります。

こういう売り方が納得できないので、映画の内容に関係なく申し訳ないですが、抗議の意味を込めて★一つです。
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みやさま トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/2
形式: DVD
 1942年2月25日ロサンゼルス上空に未確認飛行物体が出現し,これを日本軍の襲撃だとして米軍が応戦する騒ぎとなったという。結局原因は不明のままに終わった「ロサンゼルスの戦い」と呼ばれたこの実話をもとに制作されたのが本作です。
 ここ最近地球外生命体から地球が攻撃を受けるという設定の映画が少なくないですが,本作は地球外生命体の恐怖を描くSF映画というよりも,アメリカ海兵隊の行動を描く戦争映画といった感です。
 本作を鑑賞して思い出すのは,宇宙戦争のようなSF映画ではなく「ブラックホークダウン」や「プライベートライアン」といった戦争映画です。視点はあくまでアメリカ海兵隊です。
 主人公ナンツ二等軍曹は,体力の限界を自覚し退役間近だったにも関わらず,マルティネス少尉の指揮する海兵隊2-5小隊に異動させられる。
同小隊には,過去にナンツの指揮下で兄を失ったジェイソン・ロケット伍長が配属されナンツを敵視している。
「民間人を一人も死なすわけにはいかない」と誓うナンツ二等軍曹に対し「じゃあ我々軍人は消耗品ですか」と言い捨てるロケット伍長。これに対しナンツが「ジェイソン,話をしよう」と心の内を明かす場面は,涙なしでは見られない最大の見せ場です。
 あまりSF部分を期待すると肩すかしを味わうかも知れませんが,部下を指導する立場にある人間がどうあるべきかを描く戦争映画として見れば十分楽しめる映画だといえます。
 
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック