中古品:
¥ 338
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【原則24時間以内に出荷】ケース・盤の販売です。ケース交換済み、盤にややスレキズがございますが、再生に問題はなく、中古盤としての状態は良好です。特段記載のない場合は帯や特典等の付属品はございません。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる欠品がある場合がございます、その場合はご連絡ください。弊社返品規定に則り、誠意をもって速やかに返金対応、保証対応とさせて頂きます。【その他ご案内】まれに併売商品の為、在庫切れになってしまう場合がございます。その際は、大変申し訳ございませんがキャンセルとさせていただきます。【商品管理ご案内】出荷ミス防止の為、商品にキレイに剥がせる3cm程の管理シールが張ってございます。【発送ご案内】ご注文確定次第、丁寧に梱包し原則24時間以内に出荷致します。【商品管理番号】170205dvhe014070- 2400010422423
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

世界中がアイ・ラヴ・ユー [DVD]

5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 338より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウディ・アレン, ジュリア・ロバーツ, アラン・アルダ, ドリュー・バリモア, ゴールディ・ホーン
  • 監督: ウディ・アレン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2001/04/25
  • 時間: 102 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HXWL
  • JAN: 4988126200237
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 148,400位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   NYに住む中流家庭の一家のロマンスをミュージカル仕立てで描いた、ウディ・アレン監督作である。
   ミュージカルスターはあえて使わず、なんとエドワード・ノートン、ドリュー・バリモア、ゴールディ・ホーン、ティム・ロスらが歌って踊るのだから驚きだ。歌もダンスもお世辞にもウマイとはいえないが、一生懸命な姿が微笑ましく、ぎこちないダンスも楽しい。またウディとジュリア・ロバーツの凸凹カップルのかみあわない会話、出所したばかりのチンピラのロスとお嬢様ドリューの一過性の恋、趣味がボランティアという金持ち夫人のホーンなど、中流家庭の人々の勘違いぶりにアレンらしい毒を盛りつつ、テンポよく笑わせる脚本も見事だ。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

ニューヨークに住む弁護士一家のそれぞれの恋の冒険を描いた、ウディ・アレンが贈る傑作ミュージカル映画。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

1997年。 監督・脚本はウディ・アレン。

ある弁護士一家の、様々な恋愛が描かれた、ミュージカル作品。

ウディ・アレンの元妻役を演じたゴールディ・ホーンは、ケイト・ハドソンのお母さん。 マイケル・モンローみたいな髪型してます。

若き日のドリュー・バリモアが可愛らしい。 それ以外もエドワード・ノートンも好青年を演じていたり、ナタリー・ポートマン、ジュリア・ロバーツ、ティム・ロスなんかが主演していて豪華です。

ミュージカルの要素はそこまで強くないので観やすい。 ウディ・アレンやジュリア・ロバーツは全然声が出てなくて、「別に歌上手くなくてもいいじゃん!」ってノリが清々しいです。

愛と笑いがいっぱいのロマンチックな作品で、「恋って素敵だな~」って素直に思えました。 ウディ・アレン監督にしてはめずらしく、セクシー系の女優が出てないのも爽やかな要因だと思う。

元夫婦がその後もいい関係を築いてるところも、なんだか素敵です。

幸せな気持ちになれる、素敵な作品でした!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
定番的だけど、ニューヨークが舞台であれ、別れたカミさんといい友だち関係だったり、その旦那がまた人のいい世話好きだったりしちゃって。
吃りがちに早口で喋る、大人になった悲観論者のチャリー・ブラウンみたいなのに、けっこう女にもてないというわけでもない。
いい歳もして(あえて常識的に)、病気みたいに美貌の女性に恋しては短い蜜月でかならず振られたり。
インテリな友人関係、きまって精神分析好きの彼ら、それから恵まれたニューヨーカーの中流階級の生活。
意地悪に言えば自己満足にどっぷりな世界。

少しづつ温かだったり冷たかったり、深刻だったり、軽薄だったり、淋しかったり、空しかったり、病んでたり。
無神論なのか神を信じたいのか、まあとにかくはっきりしないし、なまぬるいっちゃあなまぬるい。
これが「煮え切らなくて、いけないよ」という人はいるだろう。でも時に気付くのは、そこに強烈な皮肉が透けて見える。

それから、会話の機関銃を浴びるみたいに字幕を追わなくちゃならないのも、ほどいい苦痛が快感に変わりそうなほど。
別に哲学的な言葉が出てきたって、いちいち意味を分かる必要なんかないのは一目瞭然。
喋っている時のニューヨーカーの表情とか関係が面白い。
ウディの映画は、万年メラン
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/7
素敵なミュージカル映画です。
ウッディ・アレン流といいますか。
ハリウッド製ミュージカルの振付をイメージしました。
宝石店のシーンが良かったですね。
意外な場所で歌が始まり、周りをどんどん巻き込んでいくのが好ましいです。
「I Love You」は、最も多く使われる言葉でしょう。
日常の素敵なものを思い出してみるような作品でしょうか。

この映画を見ていて考えさせられたのは、伴侶と友人のことです。
異性の友人は一杯いるのに伴侶が見つからない、というのがいつものウディ・アレンです。
人生には、伴侶も友人も必要です。でも異性から友人といわれるとじわりと寂しさが沸き起こります。
そんな寂しさがウディ・アレンの作品のベースになっている気がします。
それと、ウディ・アレンの映画でいつも感じるのは、絵の美しさです。
この作品では、ニューヨーク、パリ、ベニスが舞台として登場しますが、素晴らしい景観です。
そして、幻想的なセーヌ河畔のダンス。
ウディ・アレン監督は、少し鼻につくような場面を、自らがコメディアンとして演じることで上手く抑えを効かしていると思います。
これができるのが、ウッディ・アレンなんでしょうけど。
素晴らしい映画を次々と生み出すウッディ・アレン氏にただただ脱帽です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アメリカ映画が最も得意としていた分野、ミュージカル映画。
この映画は、21世紀を目前にしてもなお、素晴らしい
ミュージカル映画ができることを証明してくれた。
音楽に対してのこだわりはピカイチだったウッディだから
できた映画!
これだけ豪華なキャストだと、「宝の持ち腐れ」に終わる
ことが多いけれど、そこはウッディ! みんな、いい仕事
してます、本当!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー