Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,200
ポイント : 175pt (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[出口 治明, 駒崎 弘樹]の世界一子どもを育てやすい国にしよう
Kindle App Ad

世界一子どもを育てやすい国にしよう Kindle版

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,200

紙の本の長さ: 203ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ここ数年少子化や待機児童、産休、育休等、子どもにまつわることが問題になっていますが、これらは放っておけば国力低下につながるものばかりです。
そこで、出口さんと駒崎さんに「子どもにまつわる問題をどう解決するか?」をテーマに、社会の仕組みや仕掛け、働き方、幼児教育の重要性、この国をどんな国にしていきたいか等、語っていただきました。
ふたりに共通する思いは、「子育てする人も、そうでない人も、ひとりでも多くの人が幸せに暮らせる社会づくり」に尽きます。今、自分にできることは何か、個人や社会が一歩前へ進むきっかけになる本です。

はじめに――社会が根底から変わらない限り少子化は止まらない
第1章 ヒトが生きてきた歴史に学ぼう
第2章 社会の仕掛け、仕組みを変えよう
第3章 働き方を変えていこう
第4章 教育こそが人間形成につながる
第5章 年齢フリーのチャイルドファースト社会へ
おわりに──怒りの声を上げよう、叫びを届けよう

<著者プロフィール>

出口治明(でぐち・はるあき)
ライフネット生命保険株式会社代表取締役会長。1948年生まれ。京都大学法学部卒業。日本生命保険相互会社に入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2016年6月より現職。『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『直球勝負の会社』(ダイヤモンド社)、『「全世界史」講義』(新潮社)等、著書多数。
駒崎弘樹(こまざき・ひろき)
認定NPO法人フローレンス代表理事。1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2005年日本初の「共済型・訪問型」病児保育を開始。2008年「Newsweek」の〔世界を変える100人の社会起業家〕に選出。2010年から待機児童問題解決のため「おうち保育園」開始。のちに小規模認可保育所として政策化。2014年、障害児保育園ヘレンを開園。複数の公務を兼任。『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』(ちくま文庫)、『社会をちょっと変えてみた』(岩波書店)等、著書多数。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『世界一子どもを育てやすい国にしよう』(2016年8月20日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

内容(「BOOK」データベースより)

ひと世代で世の中は変わる。子どもの問題は必ず解決できる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 15087 KB
  • 紙の本の長さ: 149 ページ
  • 出版社: 株式会社ウェッジ (2016/8/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01JLH7V90
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 8,175位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
冒頭で某会議の「日本を風の通る国にしよう」という言葉の抽象性が批判され、「世界で一番赤ちゃんを産みやすい国にしたい」という言葉がそれに対置される。そして出口氏と駒崎氏の対談からなる本論では、そのための具体的なアイデアが、根本的な姿勢を変える必要性(フェアな社会をつくるために政治を自分たちのものにすること)とともに、次々と語りだされる。その言葉たるや、両氏のさまざまな実践やデータ(「数字、ファクト、ロジック」)に裏づけられているだけあって、じつに力強く、すがすがしい。もちろん個々のアイデアには異論もあるだろうが、それを議論していこうという当然の態度も含めて、大きな勇気を与えられた。これこそほんとうに「風の通る国」のヴィジョンではないだろうか。必要な変革のためにもうそれほど時間が残されてはいないこの国の、若者にも高齢者にも、女性にも男性にも読んでほしい一冊である。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「日本」という国に生まれて、「あたりまえ」と思って過ごしている現在の社会が、実は世界の中でも日本の長い歴史上から見ても非常にオカシイことがロジカルに突きつけられる。おかしい、と言っても全く笑えない方のやつですが、出口さんと駒崎さんにかかれば危機感を煽るのではなく、先進諸国との比較データや現代日本社会に関する多角的な数値、誰にでも理解しやすい例えや説明を用いて、読む人の視野を広げ、視線を未来へ導いてくれます。個性の違う 1 人ひとりが社会の主役であり日本を作る大事な乗組員。だから、今すぐ我が国の歪みと悪癖を皆で認識し、沈没船をなんとかしよう!そんなメッセージが伝わる一冊。ライフネット生命の出口治明会長、NPO法人フローレンス駒崎弘樹さん。年齢差 30 歳の 2 人が揃って同じビジョンを語る本書、どの世代も自分事として引き込まれること必至です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
地方創生が叫ばれる中、地域の大きな課題の一つが「人口減少」だと思っていますが、子どもが増えるためにはどうしたらよいかというアイデアが欲しくて、本書を読みました。

現在の日本の少子化問題を、日本の歴史と文化を縦軸に、現在の世界各国との比較を横軸に、事実と数字を積み上げて、どう解決していくべきかを出口さんと駒崎さんが語っていきます。

子育てだけでなく、今の日本の社会的課題(男女格差、働き方、多様性、選挙など)も俯瞰できて参考になりました。それらの社会的課題は全て子育てにつながっているというのも、非常に面白い視点でした。

独身男が子育てを考えるのは憚られるところがあったのですが(笑)、それを見越すかのように駒崎さんから「子どもがいなくても全然OK。子育て支援の活動をしよう!」というメッセージがあったので、この本をシェアします。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
戦後日本を支えてきた世代の出口さんと、子育てど真ん中世代の駒崎さんが、歳の差(30歳!)を超えて日本の問題に切り込んだ一冊。とても読み応えがありました。わたしも子育て中なので、この話題は、ともすれば感情的になってしまいがち。データを用いて、歴史を丁寧になぞりながらの対談は、抑制がきいていて、とても建設的な議論になっています。出口さんみたいなシニア世代がいることがとても嬉しく、心強く感じました。私たちの子どもの世代では、日本が「世界一子どもを育てやすい国」になっていますように。私もできることから始めようと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Y 投稿日 2016/8/5
形式: Kindle版
いかに日本が子どもを育てにくい環境を放置しているか、歴史の縦軸、世界他国の例の横軸でいろいろなファクト・データを示しながら明らかにしてく対談。
出口さんのような年配の方でも、子育てについて関心が高いということだけでも、希望が持てる。
「世代間の争い」ではなく、協調してよい社会にしていくという姿勢が大切であるということを改めて実感。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover