Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 648

¥ 484の割引 (43%)

ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[熊田プウ助, サムソン高橋]の世界一周ホモのたび (本当にあった笑える話)
Kindle App Ad

世界一周ホモのたび (本当にあった笑える話) Kindle版

5つ星のうち 4.4 44件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 世界一周ホモのたびの4の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 648
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,132 ¥ 199

紙の本の長さ: 129ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

楽園(ハッテン場)を求めて世界を駆け巡る!! タイ、韓国、ドイツ、クロアチア、ハンガリー、バリ、台湾……。ホモライターによる異色の旅行コミックエッセイ!!
ホモライター・サムソン高橋が体当たりで体験した海外のあんな事、こんな事! ホットな情報が盛りだくさん!!

内容(「BOOK」データベースより)

異色の旅行コミックエッセイ!男色・サムソン高橋の珍方見聞録!ホモライターがホモの理想郷を求めて、世界を翔る。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 33731 KB
  • 紙の本の長さ: 133 ページ
  • 出版社: ぶんか社 (2015/3/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00UUMCCVI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
(ネタバレを避けるため、内容には踏み込みません)

 「日替わりセール」か「月替わりセール」で買ったはずですが、忘れてしまいました。
 念のため書きますが、私はホモでもゲイでもありません。

 読むと、ホモの生態がイヤと言うほどわかります。
 食欲をなくす人がいると思うので、具体的な例はスルーします。

 なお、「耳よりレポ」では、世界の激安宿やお酒・料理などが紹介されていて、観光案内としても役立つかもしれません。

 また、フルカラーのページがあるので、カラー端末の使用をお勧めします。
 作者曰く"有意義なカラーページのつかいかた"というものが、よく理解できます。
 私は「Fire HD8」で楽しみました。

 ついでに書くと、私が爆笑したのは「カマ老人」のエピソードです。
 お腹の皮がよじれるほど笑えました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ホモ世界の序列や行為、そしてブスとか熊とか
新しい単語がたくさん出てきました

このマンガ面白いよって友達に説明するのですが
ドン引きされるんですよね、、、、
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
淫乱テディベアの中の人の本と聞いて飛んできました。
中身はタイトル通りです。
ホモが旅する。そして、旅は人を賢人にはしない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
世界一周というほどではありませんが、それでも半周はしているホモの現地レポートです。しかもイケメンよりクマ親父loveの奇行種というか希少種というか、その筋の苦労は爆笑ものです。
前半は筆者がいかにしてホモライターとなったかの半生記みたいなもので、かなりディープです。個人的には何度か掲示板の画像ファイルで開いてびっくりした画像の元ネタの人と知り、こんにゃろとはなりましたが、実際の所、作者も剽窃された側なので文句を言う筋合いではない。とはいうものの、あのブラクラ画像が如何にしてできたかは興味深いし、そこが本作のバックボーンといえます。
仕事はできても社会人はできないという典型的な業界人の一人なのでしょうが、この先もこのテンションでクマ親父を追い続けるのでしょうか。続編が待たれます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
男色家の作者が、世界のいろいろな国に、男目当てで通うという物凄い内容のコミックエッセイでした。

内容が内容なので、エッチをしてるイラストが多いのですが、熊田プウ助さんのイラストが上手で、可愛いので、下品な感じは全くしませんでした。
むしろ、コメディなので、声を出して笑えます。
また、世界の安いホテル情報や食事やお酒情報も写真と詳しい説明付きで載っていて、思ってた以上に実用的でした。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
縁の無い世界なので全くのノーマークだったのですが、Kindleのセールでレビューを見て購入。いやー面白い(^ ^)

作者が普通に旅好きなのが伝わるので、旅行記として十分に成立しています。旅行スタイルも共感するものがあるだけに、同じような国に行っていながらも全く知ることのない異なる視点から見たその国が見られて、いわば違うレイヤーを見せて貰う面白さがあります。(ゲイの人から見れば普通に「あるある」ネタなのでしょうが…)

先入観を持って敬遠してる人が居るなら勿体無い。旅エッセイなどを読むのが好きな人なら、十分に楽しめると思いますよ(笑)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ノンケ男性ですが、なんとなく安かったのでKindleで購入。

最初はゲイ描写に目を背けたくなることもありましたが、読んでいるうちに、このあまりにも欲望に忠実で、そしてどんな失敗や屈辱にも負けずただセックスのために突き抜ける作者に、心打たれている自分に気づきました。

ゲイセックス描写はもちろんありますが、実際はあまりいやらしくなく、下品な感じはありません。
むしろ、すがすがしいとさえ言いたくなるゲイ紀行。ぜひノンケの方も怖がらずに読んでみてください。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
エリツインとゴルバチョフどっちが好み?ミヤマクワガタ級の美形?、、、うーん。すみません。笑いが止まらなくなりました。バックパッカー+デブ専ホモの著者の濃い旅行記のはずなのですが(ハッテン場やらホモサウナやら、、、、ここまで書いちゃっていいの?病気大丈夫?って心配になったりもしますけど)、でもなんかからっとしていて、ここまで己の欲するところに忠実な生き方に、笑いながらも、うらやましくなります。絵がかわいく品よいのもいいな。作画の熊田さんもホモだそうで、そのあたりがへんな遠慮や気遣いなしに、サムソンさんの体験を読者に上手く届けられてる感じが。東欧はもともと興味のあるエリアで、行きたくなりました。各国のビールの話(特にマレーシアのアルコール度数14%のビール)酒好きとしても興味ある話題です。各国のエピソードごとの終わりに、サムソンん自身のミニコメントあり、その中でホモとノンケの間はグラデーション、って文章が印象に。ちょっとわかるなあ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover