中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界一受けたい授業―能力開発編 単行本 – 2005/9

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

最強の講師5人が書き下ろした特別講義。第3弾のテーマは能力開発。

内容(「MARC」データベースより)

日本テレビ系同名番組に出演した、能力開発のスペシャリスト5人が新たに書き下ろした、オリジナルの特別講義。斎藤孝、樋口裕一、和田秀樹、陰山英男、多湖輝が「能力開発」をテーマに説く。


登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: 日本テレビ放送網 (2005/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4820399454
  • ISBN-13: 978-4820399452
  • 発売日: 2005/09
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 367,768位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「能力開発」とはうまく言ったもので、基本的な生活習慣を問われているのではないか。
 仕事にしても趣味にしてもベースとなる土台が必要である。それを示唆してくれる内容となっている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全般的に良い本だったと思います。以下、参考になった点を書きます。

1. 斉藤さんの話は目新しいものはなかったです。

2. 樋口さんのものの考え方は以下の<3WHAT3W1H>を基本とするそうです。
WHAT(定義・現象・結果)・WHY(理由、根拠)・WHEN(歴史、いつ)・WHERE(地理、どこ)・HOW(対策)
 これをいわゆる<5W1H>と比較します。
Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(どうして)How(どのように)
 主体(Who)を明確にせずとも議論が進められる日本語の特徴をよくとらえていると思います。一方、WHAT(定義・現象・結果)を細かく分けて分析している点は、説得力が増すことがある一方、冗長になる恐れもあると思います。

 もうひとつ論理的な話をする場合の「黄金律」。口調を覚えてしまうと効果的だそうです。
第一部 問題提起
 ・「私は・・・・と考える」で始める
第二部 意見提示
 ・「確かに・・・」
  *「全体的に良いがひとつふたつ問題点がある」
  *「それもいえるがもっと大事なのは・・・」
  *「Aからみたら・・・だがBからみれ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は、5人の先生が能力開発について書かれています。私が気になったことを章順に記述していきます。

第一章、齋藤孝「不器用の真実」では不器用な人でも、最初は飲み込みが遅いのでスローペースになるのだが、我慢をして同じことを続けていけば、時間がたつにつれて加速度的に成長することができる。

第二章、樋口裕一「頭のいい人の話し方」では、3WHAT3W1Hでメモをとるといいということが気になりました。
<3WHAT3W1H>
・WHAT(定義・現象・結果)・WHY(理由、根拠)・WHEN(歴史、いつ)・WHERE(地理、どこ)・HOW(対策)

第三章、和田秀樹「疑う能力」では、与えられた情報を鵜呑みにせずに、疑いの目を持ちなさいということが印象に残りました。情報は、取捨選択する力と疑う力が必要だ。疑うとは、真の情報源に当たることや質問をして確認をするということだと思う。

第四章、陰山英男「親と子の百マスコミュニケーション」では、子供のうちに基礎学力といわれる読み書き計算を反復することが重要だということが書かれている。また、生活習慣を身につけることが何よりも重要だ。

第五章、多湖輝「発想転換の極意」では、自分の持っている知識や経験などの固定観念に頼らず、今までの
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告