¥ 7,560
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界ミステリ作家事典 本格派篇 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界ミステリ作家事典 本格派篇 単行本 – 1998/1/20

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,560
¥ 7,559 ¥ 2,499

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界ミステリ作家事典 本格派篇
  • +
  • 世界ミステリ作家事典―ハードボイルド・警察小説・サスペンス篇
総額: ¥15,660
ポイントの合計: 462pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ポー、ドイルの古典から最新の現代作家まで、作家250名、作品約5200冊を収録。配列は作家名の五十音順、作品リスト、邦訳書誌など記載、巻末には作家名索引(アルファベット順)、作品索引、参考文献が付く。

内容(「MARC」データベースより)

ポー、ドイルの古典から最新の現代作家まで、作家数250、作品約5200冊を掲載。全作品リスト、邦訳書誌を完備したレファレンスブック。本格ミステリファンへの最高の贈り物。


登録情報

  • 単行本: 956ページ
  • 出版社: 国書刊行会 (1998/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4336040524
  • ISBN-13: 978-4336040527
  • 発売日: 1998/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.8 x 5.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 277,615位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日頃、大変お世話になっている事典である。編者の森英俊氏がとらえた広義の本格ミステリを書いた海外作家250人。彼らの略歴と作風、代表作の紹介と、作品リストが掲載されている。「戦後翻訳ミステリ全集・叢書リスト」や「CWA賞/MWA賞受賞作リスト」を紹介した巻末付録を抜かしても、828頁に上る。もっぱら、ちょこちょこ拾い読みしているので、全部の作家に目を通した訳ではない。でも、主な作家の略歴と作風、作品紹介をぱらぱら読んだり、気になる作品がどう紹介されているか読むだけでも、これは凄い労作だということが分かる。そして、編者が膨大な量の海外ミステリを原書で読み、なおかつ、その作品のポイントやあらすじを的確に紹介しているのが凄いと思う。ただただ脱帽、といった感じである。
厚みも重さもたっぷりあって、なんせ労作なので値は張るけれど、海外の本格ミステリファンにとっては誠に有り難く、重宝する事典。私も本書が刊行された時、「うーん、高いよなあ」とすぐには手が出なかったけれど、ものは考えようだと思い(何が考えようなのかは秘密)、思い切って購入した。
これからも新しいミステリ作家や作品が出てくるから、その意味で抜けている部分があるのは、これはもう仕方がない。でも、海外ミステリが好きで、なかでも本格ミステリに愛着と関心がある私には、本書は決して高い買い物ではなかった。これからも、ちょくちょくひもといて、海外ミステリ購入の際の参考とさせてもらったり、未知の作家と出会うチャンスを作ってもらおうと考えている。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
まず、巻頭の原書のジャケット、アート絵が楽しい。
黄金時代の巨匠、ホームズのライヴァルたち、そして戦後の名作ということで、8ページにわたってカラーで紹介されている。
眺めているだけで、すでにミステリ世界に誘われる。

そして、続く本編がまた、労作である。
主として本格系作家の紹介と作品リストがまとめられている。
もちろん、作家によってそのスペースに差はあるのだが、よくこれほどまでという感じであり、また作品リストの充実度にも舌をまく。
作家たちの写真も適度に挿入されており、名前のみしか知らなかった作家の顔を見て、おお!と感激したり、想像と違ってがっかりしたりと、これもまた楽しみの一つである。

そして、付録として巻末に掲載されているのが、
「戦後翻訳ミステリ全集・叢書リスト」
「主要ミステリ叢書ガイド」
「主要ミステリ関連雑誌ガイド」
「主要アンソロジー・リレー長編ガイド」
「評論・研究・レファレンスガイド」
「CWA賞受賞作リストおよびMWA賞受賞作リスト」
である。
これは、うれしい。
ただし、さすがにポケミスは刊行中なので掲載されていないが、別冊宝石の世界探偵小説全集のリストなど、眺めているだけでニヤ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 spikework VINE メンバー 投稿日 2004/1/4
形式: 単行本
本格派に属する探偵作家の労作を
たいがい解説してのけた大書
気になる作家をチェックして、読書ラインナップに計上したり
気になる本の入手方法を探すのに利用したり
ミステリ愛好家にとっては必携の内容です
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 お客様 投稿日 2007/7/6
形式: 単行本
こういうのを待っていたんですよ。といってもお金なくてまだ買っていませんが…。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告