通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界を変えた手紙――パスカル、フェルマーと〈確率〉... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 トクヒデサン
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】カバーに日焼け・キズ・イタミがあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界を変えた手紙――パスカル、フェルマーと〈確率〉の誕生 単行本 – 2010/10/28

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,443

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界を変えた手紙――パスカル、フェルマーと〈確率〉の誕生
  • +
  • 定理が生まれる: 天才数学者の思索と生活
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 193pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

未来を数値的に捉えることが想像すらできなかった時代に、偶然の未来を数学的に覗き見るという概念、すなわち〈確率〉の基盤をつくった二人の数学者。彼らの往復書簡を紹介しながら、確率によって未来を評価しうるようになったことが人類の「未来」に対する考え方をどのように変えたか、数学的な確率の誕生と発展の歴史を眺望する。

内容(「BOOK」データベースより)

17世紀、未来を数値的に正確に捉えることが想像すらできなかった時代に、偶然の未来を数学的に覗き見るという概念、すなわち「確率」の基盤をつくった二人の数学者。確率によって未来は評価しうる対象となった。この革命は人類の生活や未来に対する考え方をどのように変えたのか。「未完のゲーム」といわれる問題に取り組む二人の往復書簡を紹介しながら、興味深い登場人物とエピソードに満ちた数学的な確率の誕生と発展の歴史を眺望する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2010/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000062778
  • ISBN-13: 978-4000062770
  • 発売日: 2010/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 707,051位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
)あまりにも有名な二人のフランス人数学者、パスカルとフェルマー。
ふたりは往復書簡で確率の検討をしていた。
ところで本書に記された、こちらもあまりにも有名な確率の話。
「カジノは確率論で毎週いくら儲かるかを計算できるが、
カジノが儲かるのはそれが理由ではなくカジノ自身がギャンブルをしないからである」

パスカルとフェルマーが話していた確率の話も、
やはりギャンブルの分け前の公正配分についてであった。

日本の宝くじは胴元が取り過ぎである。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「各章の冒頭で引用する手紙はパスカルからフェルマーに宛てて書かれたものである。パスカルはのちの参照のために手紙の各節に番号をふっていた。この手紙は物語の進行にしたがって、各章ごとにだんだん示していく。」

静かに、じっくりと、丁寧に進んでいきます。薄く、軽く、持ち運び可です。

ある程度、数学である確率を知らないと読み進めることをつらく感じるかもしれません(タイプ1)。一方、数学である確率を知っているとこんなこと全部知っているよと感じるかもしれません(タイプ2)。

主としてタイプ2に該当する人のために、訳者による〔 〕註があり、より豊潤なものがすぐそこにあることを示唆しています。

ただ、自分が思うに、タイプ1とタイプ2との間に、思ってもみないような人々が本書のような書を求めているような気がします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
日経新聞の書評を見て買いましたが、期待したほどのスリリングさは感じられませんでした。
文化史(数学史)に関心がある方には面白いかもしれませんが、訳は原文が想像できそうな
直訳でいささか読みづらかったです。
「かなり豊かな人にとってさえ、財産の半分を失う痛みは財産を二倍にする喜びと利益より
ずっと大きい」(p120)のくだりは行動経済学の本にも出てきそうで、ちょっと面白かったです。
また、学生時代習った化学工学(流体力学)に出てきたベルヌーイの名前が懐かしかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告