通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界へはみ出す (U25 SURVIVAL MAN... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界へはみ出す (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES) 単行本(ソフトカバー) – 2013/5/29

5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 349

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界へはみ出す (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)
  • +
  • 「世界」で働く。 アフリカで起業し、50社を経営する僕が大切にしていること
  • +
  • プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ!
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

金城拓真31歳。 エリートでもなければ、意識も高くない。公務員になりたかった。 平凡、いや、25歳無職、落ちこぼれだった僕は、
日本をはみ出し、途上国アフリカに居続けることで、
自分の仕事をつくっている。
この本は、厳しいと言われる時代を
肩肘張らずに生き抜くための
金城拓真の「サバイバル・マニュアル」だ。

〈本書の一部〉
みなさん、はじめまして。金城拓真です。
といっても、僕のこと、知っている人はほとんどいないと思います。
ちょっとだけ自己紹介をすると、公務員になるのが夢だった沖縄人。夢破れた理由は怠けぐせ。ネットとテレビ、マンガがあれば1週間くらい部屋に引きこもっていても苦に感じない31歳男性です。

なぜそんな僕が本を書いているのか。答えは簡単。
日本をはみ出したから。

しかも、日本人のほとんどいない地域へ。日本人のいないところでは、日本の常識は通じない。だから、僕みたいに日本では社会不適合者みたいな人間でもやっていける。むしろ、それが強みになる。

僕は今、アフリカでビジネスをしています。アメリカじゃないですよ、アフリカです。タンザニアを中心としたアフリカ8カ国で、金取引、農場、不動産など40社以上の会社を経営し、4年目で年商は300億円程になりました。

なぜ、僕がアフリカでビジネスをしているかと言うと、単に、日本で就職できなかったからです。アフリカでビジネスを始める前、僕は就職もせずふらふらしていました。25歳無職。プータローです。
日本の厳しい就職活動に自分が挑める気もしなかったし、バリバリ働ける気もしなかった。競争は苦手なので。公務員になりたかったのですが、公務員試験も受けそびれてしまいました。面倒くさがり屋なので。
僕自身は「まあ、なんとかなるだろう」と思っていましたが、日本の常識で考えたら、僕みたいな人のことを落ちこぼれと言うんでしょう。

日本を飛び出し、海外で活躍している方って華やかな経歴を持っている方が多いですよね。

「一流大学出身です! 」
「MBAを持っています! 」
「数ヶ国語を自在に操ります! 」

仕事柄、何カ国も言葉を使いこなし世界を飛び回る“グローバルエリート"といわれる方や、使命感を持って会社を経営している起業家のみなさまとお会いする機会がありますが、正直僕とは住んでいる世界が違う感じです。

僕はというと、元無職。持っている資格は普通運転免許のみ。しゃべれるのは日本語だけ。大学は一応出ていますが、その大学名を出すくらいなら高卒のほうがマシだと一部でささやかれているほどのレベルの大学です。そう、エリートにはほど遠い存在です。社長と言っても、バリバリ働くといった意識はなく、できるだけ自分は働きたくないので、社員に動いてもらって、ほとんどオフィスにいます。

だから、僕は“世界へ飛び立った"というかっこいいもんじゃなく、“世界へはみ出ちゃった"感じです。

日本でダメなら、海外へ行く。
いわば、積極的とも言える消去法で海外を選びました。

無収入プータロー(25)が、年商300億円(31)の社長になるまで、僕自身に劇的な変化があったかというと、そうではありません。語学も含め輝かしいスキルがあるわけでもなく、意識が高いわけでもありません。今も昔も社長感はゼロで、日本にいたら、平凡なサラリーマンか、いい年したフリーターくらいにしか見えないでしょう。

では何が変わったのか。
それは、僕自身ではなく、働く場所。 日本でプータローだった僕は、アフリカで社長になった。

海外で活躍するなら、「優秀じゃなきゃ! 」というイメージが日本人を日本にとどめさせている一番の原因じゃないでしょうか。
エリートでなくても、意識が高くなくても、世界を舞台に活躍することはできます。

この本では、日本で落ちこぼれだった僕が、アフリカでビジネスを興し、経験してきたことを語っていきます。

著者について

金城拓真(キンジョウタクマ)
1981年、沖縄県生まれ。海外(アフリカ)起業家。
アフリカ8カ国(タンザニア・ザンビア・マダガスカル・ベナン・ニジェール・ブルキナファソ・コートジボワール・ナイジェリア)で、
40社以上の企業経営(金取引、農場経営、不動産、タクシー、運送業、金鉱山運営、ホテル、中国製品の卸売、土地開発など)に携わる。
20代にして「年商300億円」を実現した。日本における「アフリカン・ビジネスの第一人者」の一ひとり。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799313207
  • ISBN-13: 978-4799313206
  • 発売日: 2013/5/29
  • 梱包サイズ: 18.2 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 181,915位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
全体的にポジティブに書かれているので、
何かやろうと思っている人の背中を後押ししてくれる本です。
海外進出のことだけでなく商売の本質も勉強になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
書いてある文章もわかりやすく、
著者の肩肘張らないスタイルが現れていて面白いです。
ビジネスのノウハウを知るというよりは、生活部分の描写も面白く、
一気読みしました。

今後も見ていきたい方だと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
『プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ!』の本を読んだ後にこちらの本を読んだのですが、金城さんはアフリカでバリバリと稼ぐ!というよりも、アフリカで雇用を創出し、現地のニーズに合わせてインフラを整え、人が安心して長く働く事が出来る社会を作り出しているという印象を持ちました。そして運命共同体を結成するという所では不覚にも泣いてしまいました。
ビジネスも根本は信頼関係、人と人との繋がりなのだろうなと。

将来の不安は、多くの経験を通して少しの事では動じない強い自分を作り、多くの自分を信頼してくれる仲間に恵まれる事によって緩和されていくものなのかもしれません。

私も少しの事では動じない胆の座った人間になりたいので、色々な経験をもっと聞きたいと思いつつ...とてもいい本でした。ありがとうございます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本には、アフリカで40社、300億円の会社を
現地のスタッフともに作り上げたストーリーが
書かれています。

この本のポイントは色々ありますが、僕が一番思ったこと。
それは、著者が社員からの忠誠度や求心力を得るのが
とてもうまいということです。

本にはサラッとしか書いていませんが、読み返す度に、
今の経営者が悩んでいる「社員問題」を解決するヒントが
満載です。

僕が思うに、彼は古風な考え方をもったグローバル
ビジネスリーダーではないかと思っています。

そして、銀座ママか?!

というぐらい、マメで、社員想いで、お客さん想いで、
仲間思いです。

駄本が多い中、この本は次世代のリーダーになるための
方法がたくさん詰まっている本だと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
いつも多くのビジネス書を読んでいるが、なかなか具体的なものはありそうでない。
しかし、本書は著者自身の歩んできたストーリーが分かりやすく、漫画も挿入して楽しく読める。
だからと言って、内容が決して薄っぺらなものではない。一行一行想像し、著者の想いを考えて読み進めるなら、机上の空論でないアフリカというお国柄が浮かび上がってくるだろう。
単に40数社の経営や売り上げ300億円が注目されるだけでなく、日本にいるより海外に出た方がイキイキする人へのメッセージだと受けとめた。本書を読んで何かビビっと感じた方は、海外での成功が待っているかもしれない。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hide 投稿日 2014/5/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
アフリカで年商300億円を稼ぐ金城さん。
読んで見た印象として、バリバリのビジネスマンと言うよりも、
どこにでもいそうな優しい沖縄のお兄ちゃんという感じ。
ここまで成功してこれたのは、しの後の言わずに行動してきた
結果だと思う。
しかも日本ではなくアフリカでこれだけの規模のビジネスを展開
しているのだからその行動力はすごい。
先に踏み込んだもんが勝ち、そういったことを思わせる1冊。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
件名が攻撃的だと思ったそこのあなた、そもそもビジネス書等を参考にしようとするのがNGなんですよ。
この著者も「マニュアル的なものではない」といったことを書いてあります。

で、肝心の内容ですが、「大学在学中に中古車をアフリカで販売して3000万ゲット」「数カ国語話せる友人がビジネスパートナー」というチートイベントが発生します。
さらに読み進めると、もともとは「意識の低いやるきないやつ」だったのが、「損得抜きでゲーム感覚でビジネスを楽しむ」という起業家向けの性格であることが発覚。結局、立派な人の素質があったんですね、としかいえない。
『海外で起業するなら現地の法律がハードルで(ry そういう細かいことは弁護士に任せちゃいましょう』といった、経営者様的な発言もあり、とても落ちこぼれのはみ出しものが参考に出来るものではありません。

ただ、「海外に行くことで人生が変わる転機になった」というのは確かなことだと思います。
日本人が海外にいくことで、様々な扉が開けるとは思うので、そういう背中を押してくれることはあるかもしれません。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー