通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界は密室でできている。 (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界は密室でできている。 (講談社文庫) 文庫 – 2005/4/15

5つ星のうち 4.3 37件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 484
¥ 484 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界は密室でできている。 (講談社文庫)
  • +
  • 煙か土か食い物 (講談社文庫)
  • +
  • 熊の場所 (講談社文庫)
総額: ¥1,512
ポイントの合計: 47pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

修学旅行、受験、夏休み 青春の折々に僕らを待つ大量密室殺人事件!

15歳の僕と14歳にして名探偵のルンババは、家も隣の親友同士。中三の修学旅行で東京へ行った僕らは、風変わりな姉妹と知り合った。僕らの冒険はそこから始まる。地元の高校に進学し大学受験――そんな10代の折々に待ち受ける密室殺人事件の数々に、ルンババと僕は立ち向かう。鮮烈!新青春エンタ!!

内容(「BOOK」データベースより)

十五歳の僕と十四歳にして名探偵のルンババは、家も隣の親友同士。中三の修学旅行で東京へ行った僕らは、風変わりな姉妹と知り合った。僕らの冒険はそこから始まる。地元の高校に進学し大学受験―そんな十代の折々に待ち受ける密室殺人事件の数々に、ルンババと僕は立ち向かう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 256ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062750678
  • ISBN-13: 978-4062750677
  • 発売日: 2005/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 119,582位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「密室」がとてつもないキーワードで、これは単純にトリックの一種だとかいう話じゃありません。いや、もちろん探偵とかトリックとか色々あって楽しいんですけど、そうじゃない精神性としての閉塞感漂う「密室」。
地域の閉鎖性っていう「密室」だとか、家族の縛りっていう「密室」だとか、大人が子どもを守るみたいな名目で閉じ込めちゃう「密室」とか(しかもこういうのって実際よくある。地域の大人で子どもを見守ろうだとか。言い換えりゃ「監視」かもねっていう)。
そういうのをいかにブチ破って、いかに乗り越えるかって話でした。
友人が最初のほうの皮膚のブツブツのくだりで耐え切れなくて断念してましたが、ちょっとそれじゃあまりにもったいない気がする。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マティス 投稿日 2014/2/10
形式: 文庫
講談社ノベルズの企画の密室本としてリリースされた作品なので、舞城氏の作品としては珍しいくらい密室での殺人を取り入れたミステリー趣向の強い作品だが、読んだ後はミステリーを読んだというより、型破りな青春物語を読んだという印象になる。
講談社ノベルズとしては一段組の文章校正だが、例によって1ページに改行なくびっしり書かれた舞城文体なので読みごたえはある。
ハマる人とそうでない人の差が激しい作品だと思うが、独特の勢いに圧倒される小品。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2014/2/15
形式: 文庫
句点の少ない長い文章で一気に読ませる。
脈絡もなく突然人が死ぬ事件に巻き込まれ、突拍子もない密室トリックに不謹慎ながら吹き出してしまう。
最後にはキチンと冒頭のエピソードを閉じ、めでたく終了するストーリーに引き込まれる。

舞城氏の小説を読むときは、心臓をガッと掴まれ、殺人を不謹慎なネタにして笑い飛ばすブラックユーモアに浸ってしまう。
それでも、最後の章で一種の爽やかさを感じる。
本当に独特の持ち味がある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ1000レビュアー 投稿日 2013/1/12
形式: 文庫
『世界は密室でできている』は、『煙か土か食い物』のスピンオフミステリ。『煙か土か食い物』で、拍子抜けするくらいあっけなく死んでしまった名探偵 番場潤二郎=ルンババの少年時代のエピソードだ。ルンババと親友 西村友紀夫の、12歳から高校三年生になるまでが、いくつかの難事件をはさみながら、友紀夫の目を通して描かれていく。

舞台は『煙か土か食い物』奈津川サーガ(?)と同じ福井県西暁町である(奈津川の名もちょっとだけ登場する)。

友紀夫の隣家に住んでいるルンババは、中学生にして、警察が事件の解決を依頼するほどの名探偵。ルンババと友紀夫は、身近におきた密室殺人事件に挑むわけだが、これが人を食ったような現場なのである。ひとつは、友紀夫が修学旅行先で知り合いとなったツバキの愛人一家殺人事件。(男をボコっているツバキの登場シーンは愉快!)

死亡してから部屋中引きずりまわされた後があり、母親のお腹からは胎児が取り出されていたという猟奇的なもの。もうひとつは、隣接する4つの建物でおきた 15人の大量密室殺人。死体の配置が、4コママンガのような見立てがなされている。

ガチガチ コチコチの推理ドラマが展開するかというと、然にあらず。とはいえ、全くのユルユル フワフワでもない。ガチガチとユルユルの間をフラフラしている感覚だ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 舞城流の青春ミステリ。
 大量発生する密室事件をめちゃくちゃに解決する探偵ルンババ12。その友達の僕。さらに、僕が修学旅行先で出会った女の子を含む青春もの。
 言っておくが、この作品には膨大な量の『愛』が溢れている。閉じ込められた密室からの脱出。
 ラストのシーンはマジで感動。
 講談社ノベルス20周年記念として刊行された密室本のうちのひとつ。そういった限られたテーマの中で、それをつきぬける力、文体、熱さはもう感動もの。
 サリンジャーのライ麦畑を読み返したくなる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
他の方も書かれているけれど、謎解きの部分は別にどうでもいいんではないかと思う。
展開の速さや、暴力シーン、少し雑な推理と最後の友情まで持っていくその「文体」がすごい。一人称(の主人公)が思ったままの言葉でつなぐスピード感のある文章は書きなぐっているようでいて、きちんと計算して書かれているような気さえする。
最後の感動がいいのではなく、一気に方向転換しても読者をひきつけられる文章力こそが多分すごいんだと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック