通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり(汚れ、破れ)。帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方 単行本 – 2015/1/24

5つ星のうち 3.8 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,388

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方
  • +
  • 学習する組織――システム思考で未来を創造する
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 176pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「システム思考は、今日における必須の教養である。
システムとは何か、その本質を伝える名著。
長く語り継がれるべき、現代の〈古典〉である」
茂木健一郎(脳科学者)

日経新聞(3/8)、毎日新聞(3/20)、週刊ダイヤモンド(3/28号、3/21号)、
週刊東洋経済(2/21号)、事業構想(5月号)、HONZ(2/26)など続々メディアで紹介!

『世界がもし100人の村だったら』『成長の限界』
ドネラ・H・メドウズに学ぶ「氷山の全体」を見る技術。

株価の暴落、資源枯渇、価格競争のエスカレート……さまざまな出来事の裏側では何が起きているのか?
物事を大局的に見つめ、真の解決策を導き出す「システム思考」の極意を、いまなお世界中に影響を与えつづける稀代の思考家がわかりやすく解説。

ドネラ・H・メドウズ
「複雑なことをだれにでもわかりやすく伝えること」「物事を広い視野で見通し、その本質を読み解くこと」に長けた、研究者、ジャーナリスト。1971年発表の『成長の限界』では主執筆者として、限りある地球の人口と経済成長のダイナミクスを一般の人々に向けて解説し、37カ国翻訳のベストセラーに。また、『世界がもし100人の村だったら』の原案となったコラムを執筆。『成長の限界』『限界を超えて』『成長の限界 人類の選択』『地球のなおし方』(以上、ダイヤモンド社)、『地球の法則と選ぶべき未来』(ランダムハウス講談社)、『「成長の限界」からカブ・ヒル村へ』(生活書院)など著書多数。2001年逝去。

本書のポイント
・複雑なことを紐解く、物事を大局的にとらえる…ドネラ・メドウズが自身の思考法(=システム思考)を全公開。
・テレビや新聞で目にする「出来事」に一喜一憂するのではなく、大きな趨勢(システム)の一角として捉える。
・出来事の裏側にある「構造」や「挙動」、人間の「メンタルモデル(前提・思い込み)」を読み解く。
・本質的な変化をもたらす「真の解決策」を導き出す。

原著 Thinking in Systems: A Primer

内容(「BOOK」データベースより)

『世界がもし100人の村だったら』を生んだドネラ・メドウズに学ぶ「氷山の全体」を見る技術。株価の暴落、資源枯渇、エスカレートする価格競争…さまざまな出来事の裏側では何が起きているのか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 360ページ
  • 出版社: 英治出版 (2015/1/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862761801
  • ISBN-13: 978-4862761804
  • 発売日: 2015/1/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 2 x 12.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,298位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書を手に取る読者には、すでにこの本がシステムダイナミクスとシステムシンキングについて書かれた書籍であることを知っている人も多いと思う。そうした人にとっては2008年の原著の出版からようやく翻訳が出たかといった印象だろう。すでに原著も良くご存知であろうから説明も不要である。
一方でこの本を偶然目にした読者にとっては、この本を難解だと感じるかも知れない。システムダイナミクスとは、時間の経過とともに変動するものごとを、一定の手順とフローダイアグラムそしてシミュレーションツールを通じて、構造を理解できる形に表現する手法のこと。システムシンキングとは、システムダイナミクスで用いられる思考技法のこと。そんなふうに説明されてもすぐには理解できるわけがないのだ。
この本を読むならば他の複数の書籍と一緒に読むことをお勧めする。同じ著者の書籍も良いが、私がオススメするのはピーター・センゲ氏の『学習する組織』および『学習する学校』である。こうした本に目を通したあとで、本書を改めて手にとってみると最初に抱いた難解な印象は消え、原著の副題が『A Primer(入門書)』とされていることが腑に落ちるはずである。

(私は英治出版の読者モニタープログラムにより無料で書籍を受け取りました。良い評価を書くよう促されてはおらず、レビューはあくまでも個人としての見解です。)
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 著者のメドウズは、ローマクラブから出された、有名な『成長の限界』の責任者で、「世界がもし100人の村だったら」の起源となったひとだそうです。女性です。思考法についての本なので、話がいささか抽象的で、読むのに時間がかかります。かつ、方法論なので、考察の適用対象は領域超越的で、多岐にわたります。知らない領域からも具体例があがるので、その点でも、いささか取っつきにくい。ただ、自分に馴染みのない例は、飛ばしても良いでしょう。

 じっくり読むと、なかなか興味深いものがあります。
 ◆システム思考でない例:米の増産をするのに、スズメが食害するのはけしからん→スズメを絶滅させよ→スズメが激減して、稲の害虫を食べるものがいなくなり、害虫が激増→害虫駆除に農薬を大散布→ミツバチも死滅→果樹が受粉しなくなる→人間がミツバチがわりに手作業で受粉。
 本の挙がっていた例ではありません。『みつばちの大地』で紹介されていた毛沢東の政策です。

 ◆システム思考:メキシコから押し寄せる不法移民を減らすのに、国境警備や防壁設置にお金をかけても意味がない。生活水準の差がある限り、不法移民は新手の手段を見つけてやってくる。メキシコが豊かな国になるよう援助すれば、自然に不法移民は減るし、メキシコにとっても良い。287頁で紹介されている、カーター大統領の考え
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「は?」と感じた方は、解説から読むとよいかもしれない。本書は『成長の限界』の続々編あるいは2015年版【ではない】。システム思考(systems thinking)の本である。枝廣さんは邦題のつけ方が毎回巧いのだが(原題は”Thinking in System...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ところどころに
なるほど!と思う部分もありますが、
2回読んでも、わからない日本語訳が多すぎる。

もともと日本語に訳しにくい本なのか
そもそもシステム思考が理解しにくい概念なのかわかりませんが、
あまり理解できなかったので、
評価のしようがありません。

自分は難しい日本語訳の本を読むのが得意
という人は読んでいいと思いますが、
標準的な理解力の人は苦労すると思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー