この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界はどのようにしてできたか―自然科学と信仰 単行本 – 2006/10

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,000

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

物理学者が語る、福音の再発見。自然科学が到達した最先端の知識を分かりやすく説明しながら、科学と信仰との関係を新たに捉えなおし、福音の再発見へと導く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小林/融弘
1940年大阪市に生まれる。1957年日本フリーメソジスト教団弘谷清一牧師より受洗。1969年大阪大学基礎工学研究科修了・工学博士。同年より大阪大学助手・助教授・教授を歴任。専攻:半導体光物性、高圧物理学。1984‐86年シュツットガルト(ドイツ)のマックス・プランク固体研究所客員研究員。2004年大阪大学を定年退職。現在、岡山理科大学客員研究員、非常勤講師、日本基督教団聖天伝道所会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 教文館 (2006/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4764264153
  • ISBN-13: 978-4764264151
  • 発売日: 2006/10
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,615,980位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
科学と宗教はあたかも相反するかのようにいわれて久しいけれども、古くから、実は神の存在を信じる物理学者は多い。
生命科学の研究に携わるものとして、私自身、人間の英知を超えた、あまりにできすぎた生命システムの神秘には驚かされる事しばしばである。
そんな中、物理学者が物理学的理論の見地にたった天地創造の解釈、生命の不思議、を書いた本をずっと読みたいと思っていた。かといって物理学的素養には乏しいので、あまり専門的な立場から書かれてもとっつきにくいのだが、この本は、私のような物理学素人にもわかりやすく、とても興味深かった。そして、神を信じるか信じないかにかかわらず、地球や人間のような生命体の存在が、いかに物理的、数学的に希有な事象であるか、というのがよくわかった。宗教や霊的な話が非科学的である、と思われている方も、是非一読してみてほしい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック