この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


世界の音を訪ねる―音の錬金術師の旅日記 (岩波新書) (日本語) 新書 – 2006/4/20

5つ星のうち4.4 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥4,000 ¥243
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

すべての音楽の背後には歴史があり、人々の息遺いがある。いま、世界で一番ホットな音楽の現場はどこなのか。あらゆる偶然の出会いが重なって生まれる音とは?国際色豊かで柔軟性のある新しい音楽を精力的に探求し続けるワールド・ミュージック界の仕掛け人が、音楽誕生の源をたどる。岩波新書初の付録CD付き。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

久保田/麻琴
1949年京都生まれ。ミュージシャン、音楽プロデューサー。同志社大学卒。74年、ロック・バンド「久保田麻琴と夕焼け楽団」でデビュー、ブルース、ロックからハワイアン、沖縄音楽まで混ぜた音作りが注目された。90年以降、ディック・リーなど、アジアの大衆的トップスターの音作りで名を上げ、「コーヒー・ルンバ」のインドネシア版はミリオン・セラーに。現在は、アジアや中東に取材した音・演奏・唄を再編集するコンセプト・アルバムのシリーズ「Blue Asia」などを進行中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2006/4/20
  • 新書 : 217ページ
  • ISBN-10 : 4004310113
  • ISBN-13 : 978-4004310112
  • 出版社 : 岩波書店 (2006/4/20)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
6 件のグローバル評価
星5つ
68%
星4つ
16%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
16%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年1月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年6月2日に日本でレビュー済み
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入りNo1レビュアーベスト1000レビュアー
2010年10月10日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年7月19日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2006年12月15日に日本でレビュー済み
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告