¥ 907
通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界の野菜を旅する (講談社現代新書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界の野菜を旅する (講談社現代新書) 新書 – 2010/6/17

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 29

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界の野菜を旅する (講談社現代新書)
  • +
  • 料理の四面体 (中公文庫)
  • +
  • 男子厨房学(メンズ・クッキング)入門 (中公文庫)
総額: ¥2,286
ポイントの合計: 48pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

起源、伝播の歴史から、美味しい料理法まで
世界各国の野菜を知り尽くす一冊!

第1章 赤ん坊はキャベツから生まれる
第2章 ジャガイモがタラと出会った日
第3章 トウガラシはなぜ辛いのか
第4章 ナスは貧乏人が食べる
第5章 サトイモのナショナリズム
第6章 テンサイがつくった砂糖

内容(「BOOK」データベースより)

この一冊で野菜通!起源、伝播の歴史からおいしい料理法まで。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/6/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062880555
  • ISBN-13: 978-4062880558
  • 発売日: 2010/6/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 111,246位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
長野県東御市で、「ヴィラデストガーデンファームアンドワイナリー」を経営。そこには、▽外国野菜の栽培農場、▽ブドウを栽培し、その果実でワインを醸造するワイナリー、▽それらの作物を料理として出すカフェがあり、著者は全てのオーナーです。同時に、エッセイスト、画家でもあります。何とも多面的な活躍ですが、その活動は、野菜、とりわけ外国野菜への関心を、中心に大きな円を描いているようです。

様々な外国に旅しているのに驚きます。戦火に晒される前の優雅なベイルートの情景さえあります。旅は、観光よりも、地元のレストランで、地元ワインを飲みながら、伝統料理を美味しく頂くグルメ旅。気になった料理は、何日も通って食べ、現地で料理を学ぶ意欲は旺盛です。メインが魚肉でも、著者の目は、その付け合せの野菜に向かい、こだわりは、使われている野菜です。しかし、珍しい現地料理のグルメ体験談に終わっているわけではありません。帰国後、その野菜の素性を調べ、原産地や地球上の伝播経路を調査。著者の活動は、書斎でのこのような机上調査論では終りません。その野菜の種を、現地で調達。自分の農場で育てて、実際に食べて、カフェの料理に出しています。著者の活動は、野菜を手元で育て収穫し料理する実作業でも終わりません。それらの体験を、文章にまとめて、本書のような出版物にしています。その上、絵も描いています。著者のこのなんと
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
中学高校で習う世界史では「香辛料を求めて新航路を開拓した」と書いてありますがなぜ当時の人がたかがコショウにそこまで熱狂したのかは書かれていません。品種、料理法、食文化などあらゆることに話が飛ぶ本書が本のジャンルでどこに分類されるか分かりませんが、敢えて言えば私は歴史書たと思います。なぜその食材が普及したのか、またはしなかったのか、いろいろ考えても疑問はつきませんが著者の縦横無尽の知識を駆使したスピード感ある文章には引き込まれます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者の初期のころの料理に関する本で、「料理の四面体」という本があり(文庫本になっている)、これを読んで、「頭のいい人だな〜」と関心した記憶がある。「理論篇」としてぜひご一読を!! 

この「世界の野菜を旅する」については、その後の世界中の旅行体験の裏打ちのある「実践篇」と捉えている。歴史上の薀蓄とか野菜に関するエピソードも満載で、内容も豊富。

でも、野菜を論じて、世界をめぐることができるのは素晴らしいね・・。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ヨーロッパから南北アメリカ、中東、中央アジアと世界中を歩き、じっくりと観察しながら食べた野菜たちの思い出の記、だけであれば普通のエッセイだが、農園主、レストラン経営者として栽培、調理などのテクニカルな解説や、ギリシア・ローマ時代からのエピソードも交えて、野菜の来歴と魅力を、素朴かつ流れるような文章で縦横に語り尽くす。

本書を読むと知らなかったことが多い。トウモロコシやジャガイモなど新大陸から伝播した野菜については、広まり方をある程度知っていたが、キャベツやナス、サトウキビも近代化よりはるか昔から伝播が始まっているのに、原産地が分かっているのが意外。また白菜の日本移入は日清・日露戦争時、兵士が持ち帰ったという。「きっと、戦争に行っても畑の野菜ばかり見ていた農村出身の兵隊がいたのだろう」なんて、くすりとさせるユーモアも随所に盛り込まれているのも、読む愉しみが広がる。ジャガイモ飢饉の話も、著者が現地で見た石ころだらけの畑の描写から入ると、飢えという重苦しいもの悲しさをより実感させられる。その後に、飢餓で瀕死の状態でもアイルランド人が吐くあったかいジョークがなんだかいい。

歴史と食文化と農業に加え、著者の旅行記が絶妙に絡み合っていて、実に読み心地のいいエッセイだった。農や食の随筆の名手として知られる著者だが、もっと新書で書いて欲しい。ベイルートで食べたというオリーブオイルに浸した焼き茄子、私も食いたくなる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック