中古品
¥ 139
+ ¥ 256 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界の美術館―未来への架け橋 大型本 – 2004/9


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥ 96
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

芸術への侵略者か、それとも追従者なのか?美術館建築の存在を問う25作品を収録。美術館は、われらの時代の“大聖堂”となるのか?現代建築の新しい歴史を刻む、21世紀の美術館を総覧する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ランプニャーニ,ヴィットリオ・マニャーゴ
1951年、ローマに生まれる。ローマとシュトゥットガルトで建築を学び、1977年建築学で博士号を取得。1974‐80年、シュトゥットガルト大学助手。1980‐84年には、ハーヴァード大学GSDの客員教授、1985‐86年にはベルリンの高等研究所フェローにもなっている。1990‐95にフランクフルトのドイツ建築博物館館長として、数々の展覧会、シンポジウム、講演会を組織したほか、世界各地で展覧会を企画。なかでも1994年、ヴェネツィアのパラッツォ・グラッシで開かれた重要な展覧会「ルネサンス:ブルネレスキからミケランジェロまで」は有名である。1991‐95年、雑誌『DOMUS』の編集長。1994年以来、チューリッヒの連邦工科大学で都市計画史の教授を務め、現在は学部長の職にあるほか、ハーヴァード大学、ミラノ工科大学などの建築学科でも客員教授として教鞭を執っている

サックス,アンジェリ
美術史家および建築デザイン分野の編集者。ミュンヘンをベースに活動するほか、フランクフルト建築博物館ならびにチューリッヒ連邦工科大学建築学科とのコラボレーションを行っている。20世紀の美術・建築史の分野で幅広い執筆活動を展開中

太田/泰人
1951年、東京に生まれる。東京大学文学部美術史学科卒業、同大学院修士課程修了。西洋近代美術史専攻。1978年‐81年、フランス政府給費留学生としてパリ大学付属美術考古学研究所に学ぶ。1983年、神奈川県立近代美術館学芸員となる。主任学芸員を経て、2004年より同美術館普及課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 231ページ
  • 出版社: TOTO出版 (2004/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887062397
  • ISBN-13: 978-4887062399
  • 発売日: 2004/09
  • 梱包サイズ: 29.8 x 22.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,449,407位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう