通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界の美しい飛んでいる鳥 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

世界の美しい飛んでいる鳥 単行本 – 2013/12/13

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 2,685

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界の美しい飛んでいる鳥
  • +
  • 世界の美しい鳥
  • +
  • 世界の美しい色の鳥
総額: ¥7,128
ポイントの合計: 215pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

ゴシキノジコ(ショウジョウコウカンチョウ科)



ゴシキノジコ(ショウジョウコウカンチョウ科)

まるで子供の塗り絵のような色彩で、人が品種改良したペットのようですが、れっきとした野生の鳥です。渡り鳥で、夏はテキサス州を中心としたアメリカ南東部からメキシコの比較的限られた地域で繁殖し、夏は中米の熱帯または亜熱帯で越冬しています。また、ごく少数がフロリダ半島でも越冬しています。繁殖地では庭の餌台にもくる身近な鳥でもあります。きれいな色はオスだけの特徴で、メスは全身オリーブ色の地味な色彩です。この美しい色彩が災いし、ペットにするためにたくさんの鳥が捕まえられ犠牲になっています。たとえば1841年、アメリカの鳥類学者オーデュボンは、毎春何千羽も、ニューオーリンズからヨーロッパに売られていったと報告しています。越冬地の中南米では、現在も違法な捕獲が続けられています。

シロアジサシ(ひな)(カモメ科)
シロアジサシ(ひな)(カモメ科)

親の帰りを待つシロアジサシのひなです。シロアジサシは、世界中の熱帯や亜熱帯の島で繁殖するアジサシの仲間です。巣を作る習性がなく、木の横枝、倒木の上、岩棚にごろんと無造作に卵を産みます。卵からかえったひなは、木の枝に止まって、親が食べ物を運んでくるのを待ちます。爪が鋭く、枝をしっかりつかむことができるので落ちる心配はほとんどありません。親鳥は大きさ30cmほどで、全身のほとんどが純白の美しい鳥です。熱帯や亜熱帯の島に生息するアジサシで、日本では1922年に南鳥島で繁殖した記録があり、ごくまれに台風などの暴風雨によって運ばれた鳥が本州で見つかることがあります。夜明けや夕暮れの薄暗いときに小魚やイカなどをとって食べます。暗い時間でもよく見えるよう、比較的目が大きく発達しています。

フキナガシハチドリ(ハチドリ科)



フキナガシハチドリ(ハチドリ科)

西インド諸島のジャマイカにだけ生息する固有のハチドリです。ジャマイカの国鳥で、「ドクター・バード(医者鳥)」とも呼ばれます。頭の黒い色と2枚の長く伸びた尾羽が、黒いシルクハットをかぶりロングテールのコートを着た昔の医者の姿を連想させるので、そう呼ばれるようになったという説があります。オスは長さ17cmにもなる2枚の長い尾羽をひらめかせながら、優雅に舞うように花の蜜を吸います。メスには長い尾羽はありません。

ライラックニシブッポウソウ(ブッポウソウ科)



ライラックニシブッポウソウ(ブッポウソウ科)

おもにアフリカ中部に分布する鳥で、ボツワナの国鳥です。全長30cmほどで、ブッポウソウの仲間では小さいほうです。アカシアが生えているサバンナがおもな生息地で、たとえばケニアなどの国立公園のロッジでも普通に見られます。樹木のてっぺんに止まっていることが多く、見つけるのはとても簡単。アフリカの強烈な太陽光線に照らされて、その美しい姿がいっそう際立ちます。世界にブッポウソウの仲間は12種いますが、どれもが美しい姿の鳥ばかり。なかでも、このライラックニシブッポウソウは、14もの色があるといわれるほどの美麗種です。日本にもブッポウソウ1種が夏鳥として渡ってきて子育てをします。しかし、美しい姿とは裏腹に、昆虫、トカゲ、サソリ、ヘビなど、悪食ぶりを発揮します。

ツバメ(ツバメ科)


ツバメ(ツバメ科)

とても身近な鳥であるツバメは、北半球の温帯地域で繁殖し、冬はインド、東南アジア、オーストラリア、アフリカ、アメリカなどの暖かい地域で過ごす鳥です。ツバメは、飛びながら飛翔昆虫を捕まえる鳥なので、虫が飛ばくなる冬には餌が捕れなくなります。これがツバメが渡りをする理由です。ツバメは、とにかくなんでも飛びながらする鳥で、水を飲むのも飛びながら口を開けて水面をこするようにして飲みます。空の生活に適応したツバメは、脚がとても小さくて華奢です。そのため地面を歩くことはあまりできません。脚は、木の枝や電線などで休息するときや、巣に止まるときなどに使うくらいです。また、夜は大きな群れになって寝る習性があり、日本では多くの場合、広大なヨシ原にねぐらを作りますが、ときには電線にずらっと並んで寝る場合もあります。

内容紹介

世界で初めて、飛んでいる鳥の写真ばかりを集めた図鑑!


若さを謳歌するかのように、さえずり、翼を広げて戯れる小鳥たち。
過剰なまでの装飾を施した美しい飾り羽で求愛の舞を踊るクジャク。
水鏡にその姿を映しながら雄大に飛ぶサギ。
湿った熱い密林に美しい飾り羽を立て震わせる極楽鳥。
颯爽と風を切るツバメ。
地球規模の壮大な渡りをするカモやガンたち。
長い足とクチバシ、大きな翼で優雅に飛び、舞い降りるコウノトリ。
氷の国でイルカのように水中を飛びながら泳ぐペンギン――。


写真200点以上、140種の空飛ぶ鳥が織り成す美しい世界に魅了されます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: エクスナレッジ (2013/12/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4767817021
  • ISBN-13: 978-4767817026
  • 発売日: 2013/12/13
  • 商品パッケージの寸法: 26.2 x 20.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 326,086位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
しかし一体どのように撮影したのであろうか・・・。
一羽で、群れで、鳥たちが飛んでいる、木に止まっている極楽鳥は大きく羽を広げている、ペンギンも飛んでいる(海へダイブ)、捕食のため急降下し水面に映る己の姿・・・。

若冲の絵のように下へ向かって飛ぶツグミ(p146)、酷寒の地の朝焼け時だろうか猫みたいな顔をして飛んでいるシマフクロウ(p160)、猛スピードで真っ直ぐこちらに向かってくるイワツバメ(p174)・・・、数え切れない程の圧巻の写真の数々。

景色と言うかバックも含めて、唸るほど美しい写真のオンパレード。(小さなスペースで鳥の解説あり)
「世界の美しい透明な生き物」同様、ひたすら写真のみの写真集で、撮影者の営みを多く取り上げた「極楽鳥全種 世界でいちばん美しい鳥」(ナショナルジオグラフィック社)とは正反対の作り。

分厚い背表紙で重量感ある写真集、おすすめいたします。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本当に翼や羽を広げている鳥の写真ばかりです。飛んでいるとは限りません。求愛のダンスを踊っている写真もあります。すべての鳥がとてもキュートで美しく、見ているだけで幸せな気分になります。生態などの解説もあるので、その点でもお勧めです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
鳥が大好きでよく絵を描くのですが、躍動感のある飛んでいる鳥を描きたくて参考に購入しました。
自分の好きな種類の鳥がいなかったのが少し残念です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
写真集的な図鑑のジャンルの本です。
エクスナレッジという出版元です。
実はよーくお世話になっている建築知識という専門誌の出版もしている老舗の会社なのです。
でも写真と建築ってつきものなので世界の美しいシリーズや奇界遺産なども出しているってわけ。
こういう春の宵に眺めるにはいいでしょう。

さてこの本は表題のとおり飛んでいる鳥についての美しい写真を納めています。
単独飛行だったり、
つがいで求愛の踊りを舞ってたり
群れで編隊を組んでとんでたり。

とっても美しいです。
よく撮ったねえという感嘆符ばかりです。
翔ぶという行為は目線はしっかりと前の目標物へ、
口はキリリと引きしまり、
羽根は見えない空気の塊をしっかりと捉えている。。。
なんというかシンプルで迷いがないことから来る風格みたいなものが小さな鳥にもしっかり備わっています。

この本には好きな鳥やしらなかった鳥が沢山出てきますが僕が今一番好きなのはですね。梟さんやミミズクさんなのです。
できれば一冊全部を世界の美しい梟さんにして出して欲しいなあ。
結構売れると思いますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告