通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆帯付き☆全体的にコンディション良好なきれいな本です☆ 中古品になりますので、多少の使用感・色ヤケ等がある場合があります☆ ご覧頂ありがとうございます。 売り上げの1部を地球の自然保護に寄付しております。 古本のリユースを通じて、大切な地球の財産である、アマゾンの熱帯雨林の保護や沖縄のサンゴ礁を増やす活動を行っているNPO法人に定期的に寄付を行っております。ご協力いただき、ありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) コミック – 2008/10

5つ星のうち 4.1 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 741
¥ 741 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
  • +
  • 虹ヶ原 ホログラフ
  • +
  • ひかりのまち (サンデーGXコミックス)
総額: ¥2,140
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

彼女との別れ話でもめていた友人に仲介役を頼まれた「俺」。だが、待ち合わせ場所に友人が現れず、「俺」は湯人の彼女と2人でオールナイトのボーリング場に行く。いっそのこと飲みに誘おうかも考えたが、朝イチの会議までに企画書を完成させないといけない「俺」は、ただ無駄な時間をどうでもいい会話で費やしていく…


登録情報

  • コミック: 270ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/10)
  • ISBN-10: 4091822991
  • ISBN-13: 978-4091822994
  • 発売日: 2008/10
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 odt VINE メンバー 投稿日 2008/11/5
形式: コミック
はっきり言ってこの手のマンガはレビューを書くのが難しい。
「面白い」という言葉は当てはまらないし、「泣ける」ということでもない。
あえて言うならば「感銘を受けた」ということになるだろうか。

物語は基本的にささいな日常の暗い部分を描いているが、ほんの少しの光がある。
それがどれだけ小さいものであっても、読者はその中に「希望」を見出すことができるだろう。

浅野さんの描いたそのちっちゃな「希望」に私は「感銘を受けた」のだと思う。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 広瀬 VINE メンバー 投稿日 2010/4/28
形式: コミック
読み終わって、心に何か引っかかりを感じ、何度も何度も読んでしまいました。
早い話が、漫画で文学を書いたらこうなるというひとつの例みたいな漫画だな、と思いました。
現代を舞台にして、「なぜ、人は生きるのか」を問うている気がします。
特に家族三人を描いた「日曜、午後、六時半」や「夜明け前」には非常に強いシンパシーを感じました。
人によっては雰囲気漫画に読めるかもしれない。
でも、この漫画は良いと思う。多くの人に読んでもらいたいです
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あさはか 投稿日 2012/1/10
形式: コミック
浅野いにおさんの短篇集。

過度に感傷的な作風で賛否が別れる著者の作品ですが、本作も例に漏れず
なんとも言えない読了感です。
ただ、結局世界は終わったのかよ?という疑問に対しては、一定の答えを
示していると思います。(まぁタイトルのとおりですが)

繊細な絵・ストーリーが好きな方や、彼の他の作品が好きな方は一読の価
値は大いにある作品だと思います。
読んだ人に、多かれ少なかれ爪痕を残す作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本屋さんにふらっと立ち寄った時に表紙が綺麗なマンガを見つけて、「これ本当にマンガかな?」って興味を持って手にとってみたのが、このマンガとの出会いでした。

パラパラとめくってみると絵が綺麗で透明感がある爽やかな雰囲気がすごく気に入って購入を決めました。

だから私にとってはぶっちゃけストーリーなんかは二の次で、他のレビューに書いてある『内容がない』なんてのは関係なくて、このマンガのすべてはビジュアルなんです。

確かに、強烈なメッセージ性のようなものはないけど、私はこのマンガを好きになれてよかったと思っています。

例えそれが‘絵’という最も表面的なものでも、それはこの作品の立派な長所のひとつだと思います。

私のお気に入りはキスシーンでそこが堪らなく好きです。

潤いと清潔感が溢れていて、見ていてゾクゾクしてきちゃいます。

あと全体に漂っている【青春の香り】が私は好きです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
他の作品を全部読んでるので、
なんかかぶってるなぁ・・・って印象を受けました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
あさのいにおが10周年記念として出した?短編集です。
11本の短編(最後の1編は見開きで終わるオマケみたいなものですが)と、エッセイ的なもの(1000字程度)が1本という構成です。最も古い作品でも3年ほど前のものなので、こういう作品集にありがちな絵柄の違いというのは余り見受けられません。一応カラーも再現されてます。

で、内容ですがいつもの「あさのいにお作品」そのままです。
雰囲気敵にはソラニンとかその辺りの感じ。身の回りのたいしたこともない空気のような出来事を淡々と綴っていくような。面白いかと問われるとそうではありませんし、感動するかと問われてもそうではないと答えるような作品です。ただ、読後はちょっぴり切なくなるような感じ。
後半にある「東京」という作品は作者のその当時の境遇を重ね合わせて書いているのでしょうか。こういうネタは漫画家としてどうなのかなぁ、とも思いますが。

今まであさのいにおの作品を読んだことがあり、気に入っているなら買っても良いかもしれません。以前の短編集「素晴らしい世界」と比べても出来は良いと思います。
逆に、この漫画の登場人物のこういう性格(悪く言えば目標が見えていない、やる気のない人たち)が許せない人は気に入らないかも知れません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック