通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻 ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 三姉妹書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 商品は、一品一品検品し, amazonコンディションガイドに基づきコンディションを決定しております。中古品の為小さなダメージがある場合がございますが、ご理解の上お買い求め下さいませ。商品は、概ね良好かと思います。配送及び梱包は、迅速かつ丁寧な発送を心掛けお客様にお届け致します 。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻 (新潮文庫 む 5-5) ペーパーバック – 2010/4/8

5つ星のうち 4.4 87件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 252

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻 (新潮文庫 む 5-5)
  • +
  • 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)
  • +
  • ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
総額: ¥2,214
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第21回(1985年) 谷崎潤一郎賞受賞

内容紹介

〈私〉の意識の核に思考回路を組み込んだ老博士と再会した〈私〉は、回路の秘密を聞いて愕然とする。私の知らない内に世界は始まり、知らない内に終わろうとしているのだ。残された時間はわずか。〈私〉の行く先は永遠の生か、それとも死か? そして又、〔世界の終り〕の街から〈僕〉は脱出できるのか? 同時進行する二つの物語を結ぶ、意外な結末。村上春樹のメッセージが、君に届くか!?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 410ページ
  • 出版社: 新潮社; 新装版 (2010/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001588
  • ISBN-13: 978-4101001586
  • 発売日: 2010/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 87件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,837位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
小説好きな私だが、短気なせいか物語の展開が早い方が性に合っている。いくつか村上春樹氏の小説を読んだが傾向として長々と主人公の心理描写が続いたり登場人物の状況説明の多さ、物語の展開に関係無い比喩等でいたずらに話が長くなっているように感じてしまう。長い小説は好きだが読み終わって無駄な時間を過ごしたように感じてしまった。村上春樹氏の小説は非常の長いものが多いようだがこんな展開の仕方だったら私はご免です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Corybant VINE メンバー 投稿日 2014/9/30
形式: ペーパーバック Amazonで購入
 村上春樹の小説をすべて読んでいはいません。ですから偉そうなことは書けません。1Q84、海辺のカフカ、田崎つくる〜と読むうちに過去の作品を読みだした不届きものです。理由は一番最初に80年代の暮れに読んだノルウェイの森が少々青臭かったから・・。間違いでした。それ以前に書かれていた本作を今頃読んで驚愕した。昔のほうが凄いね村上春樹は。下巻の後半の人生を語るあたりから何故か涙が出てしまった。僕の人生の指標となった本は「ライ麦畑〜」でしたが、どうしても判らなかった思想がこの年齢になって本作を読んでようやく明確になったような気がしました。皆さんに笑われそうですね。
 毎年ノーベル賞候補になりますが、「〜カフカ」よりも本作がその一番の対象になるのではと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
「自我は、その関心を、周囲の環境である「外的世界」に向ける場合と、
こころの世界である「内的世界」に向ける場合がある。」(参考:Wikipedia-分析心理学)

物語の最後に「私」は外的世界を失っても自分を再生する道を選択し,
同様に、無意識界の「僕」も暗い森の中に留まり、記憶を呼び覚ましながら生きることを決意します。
それは作者自身の創作における「デタッチメント時代」の宣言のようにも感じられます。

【ハードボイルド・ワンダーランド】
ハードボイルドな冒険活劇は、下巻に入ると極限状態に置かれた人間の揺れ動く心情を描き始める。
繰り返す円環の人生を象徴するような螺旋階段を上り切った先で、私は途方もない宣告を受けた。

「あんたの意識の中では世界は終っておる。」

私の運命はやがて無意識の永遠の覚醒の中に閉じ込められて、二度と現実には戻れなくなるというのだ。
地上に戻ると頽落的な日常の風景が続いていた。
残された時間の中で、この世界があらゆる形の啓示に充ちていることを感じとる。
そのすべてのものに対して公正さを与えることが出来るよう望みつつ意識を閉じた。

死に直面した主人公の目には、当たり前の日常が祝福
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 しかしもう一度、私が私の人生をやり直せるとしても、私はやはり同じような人生を辿るだろうという気がした。何故ならそれが――その失いつづける人生が――私自身だからだ。

 「世界の終り」で人々は、自分の「影」を死なせることにより、感情を消滅させ、喜びもないかわりに苦しみもない、穏やかな世界に暮らしている。そこには義務も寿命も時間もなく、存在することはとても楽だ。しかし、心はどこへ行くのだろう。心を失って生きることが、果たして生きることになるのだろうか。
 村上春樹はあまり好きでないのですが、この作品だけは宝石箱のようにすばらしいと思います。どのページを開いても、その言葉や文章のひとつひとつに、啓示のようなものを感じます。主人公の男性はある理由から、自分の意識の中に閉じ込められることになりました。そこは「世界の終り」であり、心を捨てた人々が、苦しみも悲しみも争いもなく、穏やかに暮らしています。しかし彼は気付きます。人々が捨てた自我は、「獣(一角獣)」が引き受けていることを、そして彼らが人々の代わりに苦しみ、やがて自我の重みで死んでゆくということを。
 生きることは心を持つこと。苦しみ、悲しみ、あるいは喜ぶこと。ユートピアなんてない、幸せにはなれないかもしれない、それでも心をもつことだけが、ただ唯一生きている証である。大学生のときにこの本に出会い、
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yuyu-yuyu 投稿日 2005/6/10
形式: 文庫
 村上春樹の作品はこれが初めてです。
 これはファンタジーなのか否か?という何とも形容しがたい雰囲気の中で、独特の二つの世界が同時進行してゆきます。それと共に感じるのはこの物語全体を包み込む、清々しいような孤独感。
 二つの物語がラストに折り重なる様は何とも言えない気持ちになりました。もの凄いメッセージが秘められているようにも思われ、ただ、一人の人間の中で世界が終わっただけのようにも思われる。読む人によって様々な思いを起こさせる。まるで詩のようです。
 カラン、と音がするような乾いた孤独な世界の中には、想像力の源が詰まっています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー