¥ 972
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界の歴史 (15) ビスマルクと列強のアフリカ侵... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界の歴史 (15) ビスマルクと列強のアフリカ侵略 : 世界をのみこむ帝国主義 集英社版・学習漫画 単行本 – 2002/11

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 275
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界の歴史 (15) ビスマルクと列強のアフリカ侵略 : 世界をのみこむ帝国主義   集英社版・学習漫画
  • +
  • 世界の歴史 (14) ワシントンとリンカン : アメリカ合衆国の独立と発展  集英社版・学習漫画
  • +
  • 世界の歴史 (13)  産業革命と自由主義 : 富国強兵のせめぎあい  集英社版・学習漫画
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

最新の歴史評価をドラマチックにえがく漫画版「世界の歴史」。15巻は科学文明の繁栄を背景に世界分割にのりだす帝国主義を取り上げる。フランスの日本ブーム、世界史おもしろQ&Aなどの解説も充実。全面新版。


登録情報

  • 単行本: 165ページ
  • 出版社: 集英社; 全面新版 (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4082492151
  • ISBN-13: 978-4082492151
  • 発売日: 2002/11
  • 商品パッケージの寸法: 22.2 x 15.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 101,427位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 冨山清升 投稿日 2013/5/20
形式: 単行本 Amazonで購入
I like this book comparatively.
I want to recommend this book to other people.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
集英社の学習漫画「世界の歴史」シリーズは大人が読んでも勉強になり,活字のみの歴史書とは異なるイメージを得ることが出来,評価する。全体としては★5で良い。
しかし,現代が近づく15巻では,戦後GHQのウォー・ギルド・インフォメーション政策と言われる思想言論統制の影響か,あるいは,日本独自の歴史観・・・欧米の植民地支配を侵略として,これに立ち向かった日本を美化・正当化する歴史観から,日本のアジア進出も悪としないと一貫しない・・・からか,日本の大陸進出を悪く描きすぎている。
周知のとおり,朝鮮・中国はモンゴル帝国支配下に入った後,元寇の水先案内人・第一線兵力となって日本侵攻に加わり,特に朝鮮人は対馬で残虐行為の限りを尽くした。元寇軍の大半は朝鮮・中国人でモンゴル人はごく一部あり,元寇における朝鮮人らの対馬での残虐行為は日本語の「むごい」の由来となった。
ロシアの南下により,元寇と同様の状況が再現される危険があったのが,当時の国際情勢だ。
また,欧米の植民地支配と異なり,日本は朝鮮人を同じ日本人として学校教育等も行った。日本人は朝鮮人を差別したが,欧米人が原住民に対して行った行為とは全く違う。
現代に近づくほど,歴史が歪められ,不快感を感じさせる点で,本書については,★2とした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
フランスを挑発(エムス電報事件)して戦争に持ち込んだり、
三帝同盟と三国同盟でフランスを孤立させたり、ビスマルクの外交手腕がうまく漫画で表現されている。
エムス電報事件は、プロイセン=フランス戦争のきっかけをビスマルクが意図的につくった事件だが、教科書よりも詳しくてわかりやすかった。

有名なヴェルサイユ宮殿、鏡の間でのドイツ帝国の成立宣言のシーンも漫画なりに再現されてて楽しい。
(教科書にもよく載っている、ヴェルナーの絵画)

この集英社の本は、架空の市井の人を登場させ、子供が感情移入しやすくする狙いがあると思うが、
さすがにビスマルクの回は本人が主役でした:)

この巻の内容は以下
1 発明の時代とパリ万国博
2 ビスマルクとドイツ統一
3 分割されるアフリカ
4 アジアをゆるがす日本(日清日露戦争と列強の清進出)

廉価な文庫版と迷うけど、単行本の巻頭巻末資料も好きなんだよなー。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tamami 投稿日 2014/4/17
形式: 単行本 Amazonで購入
同シリーズが好きで、集めてます。
アフリカが植民地になった理由など分かり、ためになりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告