通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界の果てのこどもたち がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】表紙に通常使用による傷がございますが、書き込み・ページの折れ・破れなどなく新品を10とすると6程度のコンディションです。万が一コンディション違いなどございましても返品、返金に関しましてはAmazonにお願いしておりますのでご安心してご購入ください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

世界の果てのこどもたち 単行本 – 2015/6/18

5つ星のうち 4.7 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 749
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界の果てのこどもたち
  • +
  • 羊と鋼の森
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

戦時中、高知県から親に連れられて満洲にやってきた珠子。言葉も通じない場所での新しい生活に馴染んでいく中、彼女は朝鮮人の美子(ミジャ)と、恵まれた家庭で育った茉莉と出会う。お互いが何人なのかも知らなかった幼い三人は、あることをきっかけに友情で結ばれる。しかし終戦が訪れ、珠子は中国戦争孤児になってしまう。美子は日本で差別を受け、茉莉は横浜の空襲で家族を失い、三人は別々の人生を歩むことになった。
あの戦争は、誰のためのものだったのだろうか。
『きみはいい子』『わたしをみつけて』で多くの読者に感動を与えた著者が、二十年以上も暖めてきた、新たな代表作。

内容(「BOOK」データベースより)

戦時中、高知県から親に連れられて満洲にやってきた珠子。言葉も通じない場所での新しい生活に馴染んでいく中、彼女は朝鮮人の美子と、恵まれた家庭で育った茉莉と出会う。お互いが何人なのかも知らなかった幼い三人は、あることをきっかけに友情で結ばれる。しかし終戦が訪れ、運命は三人を引きはなす。戦後の日本と中国で、三人は別々の人生を歩むことになった。戦時中の満洲で出会った、三人の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 386ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/6/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062195399
  • ISBN-13: 978-4062195393
  • 発売日: 2015/6/18
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,695位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
満州の村で出会った出自の全く異なる3人の女児が、戦争に翻弄されながらも生き抜き再会するまでが、
息をもつかせぬ濃密さで描かれている。
3人がそれぞれ巻き込まれる運命は、どれをとっても悲惨で逃げ場がない。
もちろんフィクションではあるが、戦時を生きるとはこんなにも過酷なのか…と小説をとおして痛感させるリアルさがあった。
それだけに、国も言語も超え、ひと時の友情を支えに生き抜いた登場人物たちが、最後には愛しくなるのである。
3つの異なる視点から戦争を浮彫にする部分もあり、とても考えさせられる素晴らしい小説だった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読了しました 星5つに訂正です

最初の方に 3人の境遇も国籍も異にする少女たちが洪水に遭い子供たちだけで一夜を過ごす場面が出てきます

朝鮮人の少女 美子ミジャが食べ残したおにぎりが一つしかありません

空腹にさいなまれている茉莉に大きなカタマリを渡します

裕福な家庭に育ち開拓団の生活を見学に来ていた茉莉は何のわだかまりもなくそれを食べる

残ったおにぎりを割り またより大きなカタマリを四国から満州にやってきた少女珠子に渡す

ミジャは一番小さなカタマリを当然のこととして食べるのです

珠子はどうしてそんなことができるのだろうと思いながら食べます

このエピソードがのちに重要な役割を果たします

それぞれ過酷な生を生きる中で何度も思い返されます

そしてそれは歳経て再会をするきっかけともなります

何度も泣きながら読みました

それにしても きみはいい子 わたしをみつけて みなそこ 世界の果てのこどもたち と

きれいに1年ごとに出版されている

それが素材を変えながら見事な達成を示しているのには驚嘆す
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
戦中に出会った少女三人が、中国残留孤児、在日韓国人、戦争孤児という立場でその後壮絶な人生を送る中で再び人生が交差する。

これまでに色々な本やドキュメント等を見てきたが、ようやくそれぞれの立場が理解できて、改めて大変なことだったなと感じて、風化させてはならないと思った。

本作は、中学生くらいであればある程度理解できると思うので、是非少年少女にも読んでもらいたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
第二次世界大戦時。日本が中国に築いた傀儡政権国『満州』

珠子は、日本人を騙して(満州に行けば、たくさんの田んぼの保有者となり金持ちになれ、徴兵される事もなく安全等)満州に移住させる政策が特に奨励されていた高知県の貧村から、父親や村の仲間と共に満州へ。

美子は、貧乏から逃れるために朝鮮から両親と共に満州へ。

茉莉は、裕福な父親の仕事のついでに後学のために満州へ。

満州で出会った3人の少女の人生は日本の敗戦によって一変する。

珠子は満州から中国へ逃げる道中、今までの復讐とばかりに中国人たちから酷い目に遭いつづけ、
美子は両親と共に日本へ逃げるも、朝鮮人だからと差別されて貧困の極みへ、
茉莉は空襲により両親や兄弟を失い孤児に。

各々が悲惨な状況の中、必死に生き延びる姿と友情を描いた作品。

戦争の恐ろしさ・醜さ・悲惨さを余すことなく描き、
『二度と戦争をしてはいけない』というメッセージをちりばめながらも、
過酷な状況で生き抜く少女たちの激動の人生は、生きる闘いとして魅了される面白さがあり、

物語としては幸せなエンドに心地好さと涙を感じながらも、
ちりばめられた戦争の狂
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
途中の場面の敗戦後の満州、中国で日本人達が受ける酷しい運命の仕打ち。
戦争が、とか軍隊が、とか何かに悪いことの根源を預けることが憚られるほど読んでいて辛い。

そしてそれに堪えて読み続けると、苛酷な境遇の中に差す僅かな光明、人間性の辛うじての救済のようなものに励まされます。

中脇さんはたぶんこの本が上手く書けた、とか時分の言いたかったことを全部ここに注げた、とは思ってもいないことだと思います。

読み方によれば先の戦争批判や平和賛美、さらには憲法や自衛隊にまで論議の火種になりかねない内容なのに、そしてこの内容を敢えて書かねばならなかった中脇さんにとっても書くことは辛かったでしょう。

伝え方書き方については「自分はもっと違う形で伝えたかったのに、こんな風にしか表現できないっ」と悶えている作家の姿が読了後の今では見えてきました。
でもだからこそ読者には作者の書きたくて書ききれない想いの断片が物語の小さなエピソードや登場人物達の語る台詞を通じて共感できているような気がします。

反対とか賛成とかを越えたところに存在する何かしらの尊いもの。
辛さや理不尽な不幸が今も世界のどこかに存在していること。
そしてそこに今も現実にいるはずのこの物語に出てきた
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー