¥ 1,296
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
世界の怪人・UMA図鑑 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

世界の怪人・UMA図鑑 単行本(ソフトカバー) – 2016/4/15

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/4/15
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 330
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 世界の怪人・UMA図鑑
  • +
  • 世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
総額: ¥2,354
ポイントの合計: 44pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

「…我々人類は、本来仲間であるはずの「ヒト」に恐怖を感じている。
どんな「魔物」や「怪物」よりも、もはやヒトが怖いのだ。
だから、「怪人」という恐怖の概念が成立するのだ。(本書あとがきより抜粋)」


★ここに新ジャンル「怪人」が誕生!
新ジャンル「怪人」とは人のかたちをした未確認生物のことである。
古今東西で目撃、伝承される人のかたちをした未確認生物たちを集めた画期的かつ斬新な図鑑が誕生!

★世界に存在する怪人を123体紹介する
他のUMA(未確認生物)本を圧倒する紹介数を誇る!
人型の未確認生物だけ集めた書籍では類を見ないと言っても過言ではない、世界中の怪人を今回は網羅した図鑑だ!

★123体に123枚のイラスト・画像をつけて紹介する空前絶後のUMA本!
未確認であるはずの生物たちの、目撃情報や、偶然にもとらえた写真の数々を123体の怪人を紹介している。
そのすがた・かたち、刮目(かつもく)せよ!

★目撃情報から入手した、怪人のあらゆるデータが明らかに!
怪人の大きさ、現れた場所、見つかった年だけでなく、その危険度や怪人が実際にいるのかどうかの信ぴょう性までを
完全におさえた最新情報が一挙に掲載されている。この一冊でわからない怪人などいない! ! ?

★巻頭のカラーページで怪人をもっと鮮明に!
本書ではカラーで怪人をとらえた画像をあますところなく紹介している。
世にも珍しい怪人のその姿を見逃すな!


日本にビックフット! ? 半魚人にガス人間も! ! ?
こんなに身近にいた怪人たち。その謎と魅惑に満ちた世界の怪人123体の秘密をここに暴露!

新たな怪人を生み出すのは、この本を読んだ君自身なのだ!

出版社からのコメント

■目次より
第1章 世界の怪人の正体
代々木のガス人間
電気人間弥五郎
大阪の猫人間
時空のおっさん
浅草のシャドーマン
ゴートマン
スレンダーマン クシュタカ(カワウソ人間) など

第2章 人獣の正体
ビックフット
九州の猿人
伊香保温泉の獣人
ヒバゴン
ハニースワンプモンスター
オールドイエロートップ
メテペックモンスター
モノス
ブキティマモンキーマン
アルマス
ライオンイーター
ヨーウィ など

第3章 海・水中の怪人の正体
琵琶湖の半魚人
ジンセンの海坊主
フロッグマン
ニンゲン
Googleに写りこんだカンボジアの海坊主
ポーランドのマーマン
河童
和歌山のがしゃんぽ など

第4章 空の怪人の正体
甲府の宇宙人
六本指の宇宙人
フラットウッズ・モンスター
北海道の宇宙人
フライングヒューマノイド
モスマン など

第5章 都市伝説と伝説 の怪人
牛女
四つんばいの女
怪人アンサー
ニューメキシコのスキンウォーカー
オリバーくん
ブラックアイドキッズ
ファントムクラウン
サードマン
怪僧・ラスプーチン
サンジェルマン伯爵
異獣
スピリングヒールジャック
リアル・オペラ座の怪人 など

文字通り、怪しいヒトが集合した図鑑が本書です。
懐かしさや恐怖、好奇心を、怪人と日常に過ごす私たちとの不思議な関係を、本書から感じ取っていただければ幸いです。
お子様から、中学生、高校生、大人まで、どんな世代でも読めるように工夫いたしました。
家族みんなで、あるいは一人でこっそり読んでみてください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: 大和書房 (2016/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4479392882
  • ISBN-13: 978-4479392880
  • 発売日: 2016/4/15
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 222,567位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 アットホーム 投稿日 2016/4/24
Amazonで購入
世界の怪人UMA図鑑というタイトルに惹かれ、興味本位で購入しました。しかし内容の充実さや端的にまとめられた各怪人の特徴など
アッと言う間に読み切りました。各要所にある"もっとディープな怪人コラム"はたいへんおもしろかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最近テレビで山口敏太郎さんを拝見し、山口さんが語る『UMAビジネス』が面白かったので購入してみました。

世界各地の怪人・UMAを並べ、その一つ一つに山口さんが解説を加えているのですが、その解説が知的でユーモラス!その怪人がなぜ生み出されたのか、という時代背景にも触れていて非常に読み応えがありました。
あとがきで山口さんが語っている通り、まさに「愉快な」図鑑です!

123体の怪人全てに写真や絵が添えられていてイメージを膨らませやすいこと、全ての漢字にふりがなが振られているのも高ポイントでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
内容は日本やアメリカ、インドやロシアなど地球上で目撃された怪人を紹介しながら
その怪人の大きさやその特徴、目撃されたときの状況などを説明していてわかりやすい。
なにより日本にもこんなに怪人(未確認生物)がいたのかと驚いたのと、個人的に
代々木のガス人間がその響きとインパクト、内容がおもしろかった。

怪人とはおもしろいジャンルで
人のすがたをした未確認生物を怪人と定義付けているようだが、
この著書の面白い点は、そんな怪人もいないものはいないと、はっきりと述べているところである。
山口さんも面白がってつくっているのだろうと感じた。

また怪人でもなく、ただ人を怪人と間違えて目撃しただけの可能性もはっきりと指摘してくれる。
子供にも大人にもわかりやすい。

私はこの書籍の怪人たちの紹介数とその内容の情報量の多さに非常に満足しているのだが、
それ以上にコラムなどの山口氏の主張が非常に印象深く、おもしろかった。

というのも、コラムで述べる山口氏の主張は信じられない内容であるにもかかわらず、
妙な説得力で納得できてしまえるのだ。

大槻ケンヂとの対談本から著者を知り、書店に寄って、
小学生の甥っ子のためにと買った書籍だったが、自分が先に一気読みしてしまった一冊だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いとこの子供(小3男子でゲーム好き)に聞いたら、勧められたので購入してみた一冊。
カバーやアオリ文句は古めかしくて怪しげな感じで、「よくあるうさんくさい、つくりの荒いてきとうな本」に見えるのです、が……これがびっくり!良書でした。

親世代の私たちにも懐かしい「ビッグフット」や「半魚人」から、平成あたりからメジャーになった「フライングヒューマノイド」や「代々木のガス人間」にいたるまで、変人奇人・妖怪・UMAがとりあげられ、丁寧に解説されています。
情報量がとても多く、難しい表現も少ないので小学生は食いついて読むに違いないと思います。

コラムの山口敏太郎氏は非常におもしろかったです。
科学的な解説が可能なものにはきちんと説明を加える。読者(主に子ども)の夢を壊すわけでも誇張に嘘をつくのでもなく、ないものはないと伝える姿勢には非常に好感を持てました。
一方的に否定したり、ぎゃくにすべて信じてしまうのではなく、ちゃんと証拠や証言をもとに結論を語るというのは、子供の教育上とても大切なことかと思います。

買ってくれる親は少ないでしょうが笑 
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告