通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
世界の半分が飢えるのはなぜ?―ジグレール教授がわが... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 sea-lass
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯付き。カバーに多少スレありますが、中身は良好な状態です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


世界の半分が飢えるのはなぜ?―ジグレール教授がわが子に語る飢餓の真実 (日本語) 単行本 – 2003/8/1

5つ星のうち4.3 38個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,760
¥1,760 ¥1
この商品の特別キャンペーン 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

お届け日: 11月27日 - 28日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
7 時間 16 分 以内に注文した場合.
詳細を見る

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 世界の半分が飢えるのはなぜ?―ジグレール教授がわが子に語る飢餓の真実
  • +
  • レスポンシブル・カンパニー
  • +
  • 職業は武装解除 (朝日文庫)
総額: ¥4,048
ポイントの合計: 45pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

国連人権委員会「食糧に対する権利」の中心人物
 国連のアナン事務総長はミレニアムにあたり、「人類は長足の進歩を遂げたのに、最も基本的な人権である『食糧に対する権利』を否定されている人が8億人もいる。しかし、今われわれは、歴史上のどの時期よりも飢えと貧困との戦いに勝つ可能性を有する」と演説をした。その流れをうけ2003年4月から、人権委員会において経済的・社会的・文化的権利についての討議が始まったところだ。中でも最も注目されているのが「食糧に対する権利」の討議であり、その中心で特別報告者として活躍しているのが本書の著者ジャン・ジグレール。

 国連のこの任務を帯びて、ジグレールは世界の飢餓地帯を巡回しているが、南北問題の解決に若い頃から全力を傾けていたジグレールにとって、今回の役目はもっとも似つかわしいものかもしれない。

 スイスの銀行の不浄資金問題を世界に問い、そのかどでスイス金融界から七件の訴訟を起こされ給与は差し止め(係争中)。そうした抑圧にも屈せず、ATTAC(公正な世界貿易を求める世界に広がる市民運動)の創立に勢力を傾け、イラク戦争反対にみられた世界市民の連帯に光明を見出す。欧州ではチョムスキーと並ぶ熟年組反グローバリズムの先鋒と評価されている69歳。 

 本書は、そんな著者の思いがダイアローグを重ねながら余すことなく静かに語られ、叙情溢れるイラストで美しく織り成された比類のない一冊。ティーンのうちに本書を読んでおくのと読まないのでは世界観に関わると評したとしても、反感を買うことは少ないのではないかと想像する。

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくたちはこんなにお腹いっぱい食べられるのに、世界にはなぜ飢える人びとがいるの?―国の政治腐敗、市場原理主義経済の支配、止むことのない戦争、そして自然環境の破壊。息子カリムの疑問に答え、ジグレール教授は人びとが飢えるほんとうの理由を、ひとつひとつ実例をあげてわかりやすく解説していきます。飢餓問題研究の第一人者が、飢えの撲滅を目指して次代に語る、必読の書。

登録情報

  • 発売日 : 2003/8/1
  • 単行本 : 182ページ
  • ISBN-10 : 4772603131
  • ISBN-13 : 978-4772603133
  • 出版社 : 合同出版 (2003/8/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 38個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
38 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2012年4月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年10月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年8月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年3月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2004年5月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
36人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年7月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年11月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告